リンク

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

2019年1月23日 (水)

サンディエゴ、ロサンジェルス

 明日からアメリカ、サンディエゴ、ロサンジェルス方面に行きます。CSP (Center for Studies of the Person)の定例ミーティングに出るのと、ロジャーズ生誕記念カンファレンスに出ます。その後、ロサンジェルスのPlay Mountain Placeを訪問します。友人達に会うことにもなります。2月7日(金)に帰る予定です。


2019年1月21日 (月)

室津の法然上人ご霊跡-浄運寺、貝掘りの井戸

 前々から行きたいと思っていた室津(たつの市御津町)にある「浄運寺」と「法然上人貝掘りの井戸」を訪れた。近くで近辺は何度も通っているのだけれど道が細くて入り組んでいるので行くのをためらっていたのだ。ランチの帰り道。

» 続きを読む

休憩

 先週、土(19日)、日(20日)はゆっくりと休むことにした。とても疲れている自分を発見してとても驚いた。思えば、先の報恩講で夜遅くまで話、ワイガヤ、D-pca研究会と続いて疲れがたまっていたのであろう。どれもこれも熱中して結構エネルギーを使ったから。パソコンの前にも座らずボーッとしていた。軽く近辺のドライブにも行った。土曜日は天気がよく、よい休憩が出来た。写真は、道の駅「みつ」から見た瀬戸内海の写真。美しい。

» 続きを読む

1月のD-pca研究会-聞即信

 先週1月18日(土)は京都にてD-pca研究会。西光義敞『入門真宗カウンセリング』の輪読と、月末にCSPで報告する内容について話させていただいた。もちろん、それぞれの自分のところとのヤリトリを通してである。

» 続きを読む

1月のワイガヤ・リトリートグループ

 先週1月17日はワイガヤ・リトリートグループ。「ワイガヤの会」とも呼んでいます。

 世話人が参加者の世界をその枠組みに沿ってじっくり理解しようとすることの重要性を改めて思います。また、日常のやりとりは聞かないで、理解しないで即自分のことを話す。そんなやりとりがほとんどですので、世話人は話された人の世界に戻し、理解を確認していくという関わりの重要性も改めて思います。それによって話す人は自分を思い存分表現出来、そこからいろんな気づきが起きてくる。その世話人もそれによって自分の世界を振り返り、充実感が出てくる。そんな場だと思います。そういう意味では日常のオシャベリ会とは違う場だなと改めて確認させていただきました。

 来月は、2月21日(木)です。詳しくはこちらのページをどうぞ。

2019年1月15日 (火)

有意義だった先週、そして、次への動き

 先週は木曜日にカウンセリング。土、日は浄土真宗華光会主催の報恩講に参加。それぞれに熱中し、エネルギーを使った。報恩講では、夜遅くまで語り合った。若い人たちとの話は本当に刺激を受ける。同時に、仏法とPCAとの交流から生まれてくる自分のアプローチがよりハッキリしたりもした。充実した一時であった。

 おかげでよい意味で結構疲れた。昨日はゆっくり休憩。今日からまた新しい動きが始まろうとしている。

 今週は、ワイガヤ・リトリートグループ、D-pca研究会と続き、来週木曜日には、サンディエゴに出発する。CSP(Center for Studies of the Person)のアニュアル・ミーティングに参加し、カール・ロジャーズ記念カンファレンスに参加する。今年はCSPが出来てちょうど50周年目になる。その後は、ロサンジェルスに行き、久々のPlay Mountain Place訪問と友人との交流が待っている。

2019年1月11日 (金)

D-pcaの人間観-もっとも深い意味での全体としての人間

 ロジャーズ記念カンファレンスでD-pcaの人間観について話すのをきっかけにもう一度その考えを振り返っています。以前(2014年12月1日)、D-pca研究会で発表したものを基にここに再掲載してみます。

  仏教を中心とする東洋思想では、「心身一如」といいます。心と体が密接に関連しあっているという捉え方であり、事実であります。また、仏教では、「身土不二」といいます。自分と自分を取り巻いている環境とは不可分で密接に関連しあっているという捉え方だと理解して良いと思います。仏教では、「世界」と呼びます。親鸞さんの有名な言葉に、「煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもってそらごとたはごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします」とありますが、ここでは、凡夫(人)と世界(環境)の双方について言及されているわけです。

» 続きを読む

2019年1月 9日 (水)

「朝比奈隆の肖像」-大器晩成-

 昨晩見たこの「朝比奈隆の肖像」という動画にずいぶん心を動かされた。氏は93歳まで生きられたから、まさに明治、大正、昭和、平成の日本を生きられた方だ。戦前の映像もとても興味深かった。亡くなる直前まで現役で精力的に指揮をなされていた。典型的な大器晩成型の人だ。

» 続きを読む

2019年1月 7日 (月)

今年もよろしくお願いします

 正月休みも終わり、私も今日から仕事が始まった雰囲気である。このお正月は家族と共にゆっくりさせていただいた感じだ。息子も帰ってきて楽しい一時であった。

» 続きを読む

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。49191265_10157137496207160_674993_4

旧年中はお世話になりありがとうございました。

今年もよろしくお願いいたします。




2018年12月30日 (日)

良いお年を

 いよいよ年末年始ムード。いい天気です。私も家でゆっくりしています。ブログもお休みしようと思います。皆様良いお年をお迎え下さい。

P_20181230_135042

2018年12月28日 (金)

聚遠亭の初雪-友人からのギフト

 今日は初雪でした。ちょうどカリフォルニアからPMP時代からの友人が来ていて案内している途中でした。私の好きな散歩コースを案内していて雪に遭遇しました。この聚遠亭の雪の写真は私にとっては珍しいです。友達からの贈りものだったかもしれません。いよいよ今年も残り少なくなりました。いろんな思い出がよみがえります。

49116960_10157127803832160_67229805

2018年12月26日 (水)

休日気分になってきました。

 いよいよ暮れも押し詰まって来ました。そして、新年。ということでちょっと休憩気分。

2018年12月24日 (月)

Happy December!

 12月は、キリスト教徒-クリスマス、ユダヤ教徒-ハヌッカだけでなく、仏教徒にとっても大事な頃ですね。お釈迦様のお悟りの日-成道会。親鸞様の祥月命日-報恩講。暦は違うようですがイスラム教もこの時期のようです。不思議です。

 南無阿弥陀仏。

48417223_10157117081762160_83156526


2018年12月23日 (日)

ヴァイオリンの音色にすっかり魅了されました

 加東市文化会館コスミックホールで行われた篠崎史紀さん・入江一雄さんのコンサートに出かけた。このホールのことはまったく知らなくてFacebookを通して知った。今までにもいろんな活動を行っているのに驚いた。 兵庫県の音楽活動ってすごいと思う。

» 続きを読む

2018年12月21日 (金)

12月月例D-pca研究会-長者窮子の喩え、無条件降伏の心

 京都にてD-pca研究会でした。西光義敞『入門真宗カウンセリング』札幌カウンセリング研究会編の輪読を続けています。第六章 南無阿弥陀仏より、「長者窮子の喩え」、「無条件降伏の心」の節です。私の中で大風が吹いた一時でした。

» 続きを読む

2018年12月20日 (木)

ワイガヤ・リトリートグループ

 ワイガヤ・リトリートグループ。それにしても日々の思い、重いをそのまま共有し合うって大きな力があるなと改めて思う。よい一時でした。

48406451_10157108624047160_762319_5


2018年12月19日 (水)

自然の知惠-冬支度

 たつの市龍野城公園にて。木々がこのひと月の間にこんなに変わりました。葉っぱを落としていよいよ冬の寒さへの準備完了といったところですね。自然の知惠を思います。

48356858_10157105287612160_195466_3 48398707_10157105287642160_382468_3

» 続きを読む

2018年12月18日 (火)

聖典講座-観無量寿経第八観

 一昨日は聖典講座。観無量寿経を頂く。浄土往生のための定善十三巻。第八観、像観を頂く。浄土(依報)からいよいよ弥陀仏(正報)そのものの観を行っていく。ただし、いきなりは難しいので像からいただいていくという観法。詳しくその方法が示されていく。(『現代語訳浄土三部経』 本願寺刊P.180-182)。

» 続きを読む

2018年12月17日 (月)

Center fo Studies of the Person ホームページ更新

 Center for Studies of the Person、略してCSP。「人間研究センター」と訳すことになる。1969年にカール・ロジャーズが中心になって作った柔軟な組織。それぞれが自由に活動し、ゆるやかにつながっている組織とでもいえる。ロジャーズはその主宰というよりもレジデント・フェロー(研究員)と自らを位置付けていた。決してパーソンセンタード・アプローチ(PCA)を継承していくための組織でもない。それぞれのメンバーがそれぞれ独自の活動をしている。このセンターではそのメンバー同士がそれぞれの心の交流を大事にしている。ここにPCAが生きていると言える。今年はその成立50周年に当たる。思えば、アメリカの歴史とともにあったのだ。

» 続きを読む

2018年12月15日 (土)

赤穂義士祭

 昨日14日(金)は赤穂義士祭。この地に住んでもう15年以上になるが今まで行ったことはなかった。今年はふと気が向いて行ってみることにした。平日にもかかわらず沢山の人出。行列を待つ時間が長くて、「義士祭とは待つことと見つけたり」という言葉が浮かんだ。でも、これはクライマックスのパレードに向けて良かったかもしれない。ともかく義士達は機会が来るのを2年間も待ち続けたのだから。
 

» 続きを読む

2018年12月13日 (木)

親鸞聖人『現世利益和讃』に想う

 こんぴらさんから刺激されて親鸞聖人の現世利益和讃が心に浮かんできた。念仏の行者は、あるゆる天地の神様に(もちろん海の神様も)尊敬され、守られるのだ。仏教は決して神様を否定しているわけではない。この頃の私は神殿に参るとき音を出さずに手を2回合わせ、なもあみだぶつと称名することにしている。

» 続きを読む

2018年12月12日 (水)

こんぴらさんはインドの神様クンビーラから来ていた

 金刀比羅宮は「こんぴらさん」と呼ばれて親しまれている。「こんぴらふねふね、おいてにほかけてシュラシュシュシュ」。海の神様だ。言葉の響きからしてこれはどうも日本の神様とは違うなと思った。「コンピラ」、「ビシャモン」などとよく似た響きだ。きっとインドの神様じゃないかとふと思った。

 現地に身を置いてみてますますこれは善通寺と関係がありそうと思えてきた。象頭山の麓にこの讃岐平野は広がっている。この山はほんと鼻の長い象の頭と恰好がよく似ている。

» 続きを読む

2018年12月11日 (火)

ことひら温泉への小旅行

 冬になると温泉に行きたくなる。9日(日)、10日(月)は、1泊の小旅行。ことひら温泉に宿泊し、善通寺、満濃池、こんぴらさん、栗林公園と訪問し、坂出までは海岸沿いを走り、瀬戸大橋の美しい海をみた。
 

» 続きを読む

オンライン男性グループ

 8日(土)。ロシアの友人からの招待で「メンズ・グループ」にオンラインで参加。彼が企画したもの。ロシア、マルタ共和国、カナダ、日本と国際的な集まりとなった。年齢は私よりはるかに若い。いわば男性版ワイガヤの会だ。

 「男性であること」。時代の流れと共に次第にどうアイデンティティを持っていくのかが難しくなってくる。これは女性も同じことだと思う。私はこのことについてあまり関心もなかったし、今でも大きな関心事ではないが興味が出てきたので参加してみることにした。

» 続きを読む

2018年12月 7日 (金)

報恩講厳修

 昨日、一昨日は相生法林寺報恩講にお参り。法要あり、ご法話あり、座談あり、食事あり・・・。すべてが整っている。ご講師は松尾宣昭師。本願寺発刊の『拝読 浄土真宗のみ教え』により浄土真宗の骨格を頂く。


47572786_10157075024507160_199485_7

» 続きを読む

2018年12月 4日 (火)

忠臣蔵-ここ2週間のマイブーム-

 ちょっと話題は変わって忠臣蔵の話。ひょんなことから赤穂図書館に置いてある「最後の忠臣蔵」のTVドラマ版を見たことがきっかけで興味を持った。よく考えたら「忠臣蔵なんて・・・・。」という思いがあって今まで見たこともなかった。「最後の忠臣蔵」は討ち入りが終わり、内蔵助からの命を受けて生き残った2人を焦点にあてたドラマで本筋ではない。その忠臣蔵を見たくなった。
 

» 続きを読む

2018年12月 1日 (土)

D-pca実践の具体像

 D-pcaは、「人と人との関係」、「人と人との関係と仏法との関係」との二重構造になります。ちょうどヨコとタテの関係とも言えると思います。それを実践の形としてホームページに表しました。共談援助の案内文が出来たことに伴ってD-pcaセンター活動の全体像が出来上がったことになります。

» 続きを読む

2018年11月30日 (金)

「共談聴聞援助」-真宗聴聞の援助

 「共談聴聞援助」の案内文を掲載しました。今までも実践を続けて来ましたが、それを文章化してみました。真宗聴聞の援助です。当センターホームページを見て下さい。リンク→「共談援助」

2018年11月28日 (水)

人工美

 神戸市垂水区舞子公園にて。明石大橋の数学的な人工美もいい。午後というのに淡路島方面に霧がかかっているのが面白かった。1時間ぐらい散歩したけど終わり頃には霧が晴れていた。


46933037_10157054748882160_24035104

«なんと!!