リンク

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2018年12月15日 (土)

赤穂義士祭

 昨日14日(金)は赤穂義士祭。この地に住んでもう15年以上になるが今まで行ったことはなかった。今年はふと気が向いて行ってみることにした。平日にもかかわらず沢山の人出。行列を待つ時間が長くて、「義士祭とは待つことと見つけたり」という言葉が浮かんだ。でも、これはクライマックスのパレードに向けて良かったかもしれない。ともかく義士達は機会が来るのを2年間も待ち続けたのだから。
 

» 続きを読む

2018年12月13日 (木)

親鸞聖人『現世利益和讃』に想う

 こんぴらさんから刺激されて親鸞聖人の現世利益和讃が心に浮かんできた。念仏の行者は、あるゆる天地の神様に(もちろん海の神様も)尊敬され、守られるのだ。仏教は決して神様を否定しているわけではない。この頃の私は神殿に参るとき音を出さずに手を2回合わせ、なもあみだぶつと称名することにしている。

» 続きを読む

2018年12月12日 (水)

こんぴらさんはインドの神様クンビーラから来ていた

 金刀比羅宮は「こんぴらさん」と呼ばれて親しまれている。「こんぴらふねふね、おいてにほかけてシュラシュシュシュ」。海の神様だ。言葉の響きからしてこれはどうも日本の神様とは違うなと思った。「コンピラ」、「ビシャモン」などとよく似た響きだ。きっとインドの神様じゃないかとふと思った。

 現地に身を置いてみてますますこれは善通寺と関係がありそうと思えてきた。象頭山の麓にこの讃岐平野は広がっている。この山はほんと鼻の長い象の頭と恰好がよく似ている。

» 続きを読む

2018年12月11日 (火)

ことひら温泉への小旅行

 冬になると温泉に行きたくなる。9日(日)、10日(月)は、1泊の小旅行。ことひら温泉に宿泊し、善通寺、満濃池、こんぴらさん、栗林公園と訪問し、坂出までは海岸沿いを走り、瀬戸大橋の美しい海をみた。
 

» 続きを読む

オンライン男性グループ

 8日(土)。ロシアの友人からの招待で「メンズ・グループ」にオンラインで参加。彼が企画したもの。ロシア、マルタ共和国、カナダ、日本と国際的な集まりとなった。年齢は私よりはるかに若い。いわば男性版ワイガヤの会だ。

 「男性であること」。時代の流れと共に次第にどうアイデンティティを持っていくのかが難しくなってくる。これは女性も同じことだと思う。私はこのことについてあまり関心もなかったし、今でも大きな関心事ではないが興味が出てきたので参加してみることにした。

» 続きを読む

2018年12月 7日 (金)

報恩講厳修

 昨日、一昨日は相生法林寺報恩講にお参り。法要あり、ご法話あり、座談あり、食事あり・・・。すべてが整っている。ご講師は松尾宣昭師。本願寺発刊の『拝読 浄土真宗のみ教え』により浄土真宗の骨格を頂く。


47572786_10157075024507160_199485_7

» 続きを読む

2018年12月 4日 (火)

忠臣蔵-ここ2週間のマイブーム-

 ちょっと話題は変わって忠臣蔵の話。ひょんなことから赤穂図書館に置いてある「最後の忠臣蔵」のTVドラマ版を見たことがきっかけで興味を持った。よく考えたら「忠臣蔵なんて・・・・。」という思いがあって今まで見たこともなかった。「最後の忠臣蔵」は討ち入りが終わり、内蔵助からの命を受けて生き残った2人を焦点にあてたドラマで本筋ではない。その忠臣蔵を見たくなった。
 

» 続きを読む

2018年12月 1日 (土)

D-pca実践の具体像

 D-pcaは、「人と人との関係」、「人と人との関係と仏法との関係」との二重構造になります。ちょうどヨコとタテの関係とも言えると思います。それを実践の形としてホームページに表しました。共談援助の案内文が出来たことに伴ってD-pcaセンター活動の全体像が出来上がったことになります。

» 続きを読む

2018年11月30日 (金)

「共談聴聞援助」-真宗聴聞の援助

 「共談聴聞援助」の案内文を掲載しました。今までも実践を続けて来ましたが、それを文章化してみました。真宗聴聞の援助です。当センターホームページを見て下さい。リンク→「共談援助」

2018年11月28日 (水)

人工美

 神戸市垂水区舞子公園にて。明石大橋の数学的な人工美もいい。午後というのに淡路島方面に霧がかかっているのが面白かった。1時間ぐらい散歩したけど終わり頃には霧が晴れていた。


46933037_10157054748882160_24035104

2018年11月27日 (火)

なんと!!

 秋深し。たつの市新宮町東山公園にて。

46888139_10157052288592160_70925538

» 続きを読む

2018年11月26日 (月)

連休前から楽しく充実した日々だった。

 金曜日(23日)はもとより、土曜日(24日)、日曜日(25日)と結構充実した日が続いた。

 突然の来客あり。金曜から2泊された。いずれも夕食を共にする。新鮮で楽しい一時であった。

 日曜(25日)は、浄土真宗華光会の法座。仏法に潤った一時であった。我が身の姿と倦むことのない弥陀の本願力にただただ打たれるのみ。

 木曜日(22日)も含めて忙しく充実した連休であった。楽しい日々だった。

 ということで、新しい週が始まった。どんな週になることだろう。

11月のD-pca研究会

 先週金曜日(11月23日)は、月例D-pca研究会。まずは、輪読会。西光義敞『入門真宗カウンセリング』札幌研究会編、(第六章)南無阿弥陀仏、「阿弥陀仏」、「仏と如来」、「本願招喚の勅命」の節を読む。

» 続きを読む

2018年11月22日 (木)

意義ある時間

 今日の1日。クライエントの方と共に過ごしました。 来られた方達の内的世界、考え、気持ちと共に過ごし、自己探求しようとする動き、自らの望む方向に動いていこうとする力に身をゆだねていく。そんな時間でした。これは私にとっても自分を振り返るよい一時でもありました。言葉では充分に言い尽くせません。確かに何かが起きた時間でした。何かがほどけていく。そこが不思議なところです。貴重な時間に感謝します。

46493752_10157040319357160_793616_2 46498352_10157040319212160_838069_3

2018年11月20日 (火)

今日の散歩

 美作市ヴァレンタイン公園にて。少し北に上がると空気も冷たくて・・。冬の気配を感じました。帰ってからデスクワーク。珍しいパターン。

46519479_10157036481847160_69378566



» 続きを読む

2018年11月19日 (月)

ホームページ改訂

 当センターのホームページを改訂。

 まずは、トップページの案内文の最後を変更「そこから出離する道を」を付け加えた。
 リンク
→「D-pcaセンター」

 次に、「D-pcaセンターとは」の「活動の三本柱」の表を改訂。「共談聴聞援助」を付け加えた。
 リンク→「活動の三本柱」
 

 どちらも一見マイナーチェンジのように見えるけれど、D-pca活動の実践に関わる重要点である。次第次第に自分の中で
PCAと真宗聴聞(求道)との二重構造を持つD-pca実践のありようがハッキリとしてきた。


2018年11月17日 (土)

龍野公園聚遠亭の紅葉

昨日の散歩より。龍野公園。聚遠亭、龍野城跡界隈。紅 葉深まってます。静かでした。都会の喧噪とは無縁です。


46355561_10157028274202160_20682081


» 続きを読む

2018年11月16日 (金)

月例 ワイガヤ・リトリートグループ

 昨晩はワイガヤ・リトリートグループ(ワイガヤの会)。そもそもワイガヤの会というのを思いついたのはかれこれ30年ぐらい前になるのかな。真宗カウンセリング研究会で活動していたときのことだ。月1回集まって2時間を過ごし、自由に話しあい、聞き合う。継続ではなくて1回1回で完結。確かその当時はワンコイン(500円)で行ったと思う。自分を振り返るよい機会になっていったのが興味深かった。新しく「育ち合う場研究センター」を立ち上げた時に、そのアイディアが浮かんだのが今振り返ってもおもしろい。現在は、ここ相生の法林寺で行っている。もう10年ぐらいになるのかな。少人数で続いている。

» 続きを読む

2018年11月15日 (木)

CSPカール・ロジャーズ記念カンファレンス発表主旨

 来年1月末に開かれるCSP主催カール・ロジャーズ記念カンファレンスでの発表趣旨文です。日本語にしたものをここに載せます。ドキドキしながらも楽しみにしています。


» 続きを読む

2018年11月14日 (水)

共談援助その2-聴聞援助

 共談援助のもう一つの、というか、さらなる使命として聴聞援助がある。いわゆるご示談ということになる。これはいざこざを和解するという意味の示談ではない。仏法を求めて聴聞していく上でやりとりをしていくという示談である。原義はこちらだと思う。「聞」は真宗安心の要である。PCAと交流しながらより現代にマッチした共談的な示談のあり方があるように思う。ここを実践を通してあきらかにしていく。これまた重要な課題である。

2018年11月12日 (月)

共談援助

 D-pca実践の1つとしてカウンセリングを「共談援助」と呼ぶことにし、案内文も変更しました。藤田清氏の言葉です。「人生を工夫する力」により焦点をあて、それを促進する関係を大事にしています。

 そもそも人は人生という旅の中で精一杯工夫してより適切な判断と行動をとっているものです。それが社会的にみていわゆる負に見える場合においてもです。この援助ではいわゆる援助者(世話人)と共談する中で、ふと立ち止まり、今までを振り返って、その意味を再発見していく。そんな場に出来たらと思うのです。

 次のページへどうぞ。共談援助

紅葉

 いよいよ紅葉が深まり始めました。土曜日は神戸市立森林植物園へ。日曜日は近くのたつの市東山公園に行きました。いろんな色が重なりとても美しい風景でした。写真の方がその様をよく表しているのが不思議です。よい週末でした。写真を載せます。

 まずは、神戸市立森林植物園の風景。ちょうどオーボエのコンサートが開かれていました。ライブで聞くオーボエの柔らかい響きと音色が風景に溶け込んでとても美しかった。

45860105_10157012584902160_63876488

» 続きを読む

2018年11月 9日 (金)

たつの市-赤とんぼ荘、揖保川河川敷

 午前中、デスクワーク、午後、散歩という毎日。

 デスクワークは、今後のプレゼンやセンター案内文の構想など書くことが続いている。結構充実していて自分でも不思議。D-pcaの文章化にも取り組むつもり。

 散歩は、この近辺、龍野、赤穂、高砂、加古川、備前、宍粟だ。今回は、「赤とんぼ荘」でランチバイキング。バイキングは業者委託になったようだが、国民宿舎を貫いている。ほんと安価な公共宿舎が少なくなっていく中、いいなと思う。写真はその界隈。龍野全体が眺望出来る。寅映画のロケ地にもなっている。ほんと昔を残した風情のある街だ。ランチの後は、歩き足らなかったので揖保川河川敷に降りて歩く。


» 続きを読む

2018年11月 7日 (水)

「カウンセリング」の探求-共談援助

 D-pca実践の中心の1つに1対1あるいは家族単位での面接がある。いわゆるカウンセリングという実践だが、次第にこの言葉に違和感を感じ始めている。もちろん心理療法ではないが、カウンセリングももう一つしっくり来ないものがある。 
 

» 続きを読む

2018年11月 6日 (火)

第15回 国際PCAフォーラムinパリ 2019

 国際パーソンセンタード・アプローチ・フォーラム(International Forum for Persons-Centered Approach: IFPCA) が来年9月30日から10月5日にパリで開かれる。今度で15回目になる。パーソンセンタード・アプローチに関心を持つ人たちが世界各国から集まり、集う場である。「フォーラム」というのはギリシャ語が語源である。酒を酌み交わしながら真理について自由に語り合う場という意味があると聞く。そう、この集まりはカンファレンスではなく、そのような場なのだ。かといって、それは単なる気晴らしというものでもない。もちろんそれをも含みつつ、探究や気づきや人種・民族・言語を超えた交流がある。これはとてもダイナミックで深いものである。

» 続きを読む

2018年11月 5日 (月)

聖典講座・仏説観無量寿経 第七観華座観ー私の味わい

 昨日は、浄土真宗華光会の聖典講座に出席した。仏説観無量寿経より十五段華座観を頂く。釈尊が浄土に往生するための観法が説かれていく。まずは身近な日没や水や地を観ずるところから始め、浄土の荘厳を観ずることが説かれていく。ここになるといよいよ思議を超えていくので凡夫にはますますピンと来なくなる。この十五段にいたってまずはお釈迦様がイダイケ夫人に向かって「諦聴、諦聴」とおっしゃる。苦を除く法を説くからしっかり聞けと。きっとこの前のところでイダイケ夫人は疲れもあり、居眠りをされたと増井悟朗師は解釈された。まさに私にはそうだ。ここから場面が急展開する。釈尊のその言葉に呼応して阿弥陀仏が空中に立たれるのである。「住立空中尊」である。それはまばゆくばかりに輝いていた。

» 続きを読む

2018年11月 2日 (金)

CSPカール・ロジャーズ記念カンファレンス発表案

 来年1月に行われるCSPカンファレンスで発表する内容について決まってきた。やはり、D-pcaに関する報告を行おうと思う。タイトルは、「D-pcaの人間観」である。

 PCAには独自の人間観があるが、仏教にやはり独自の人間観がある。そのもっとも根本的なものは人間存在を迷いの存在ととらえ、そこからの出離をめざすところの違いであろう。この2つのアプローチが交流し合うときどのような人間観が登場するか。ここがおもしろいところである。D-pcaといっても決まったものがあるわけでもない。まだまだ発展途上である。現時点での私のおさえを中心に試案的に報告(主観的報告)してみようと思う。

 参加者からどんな反応をもらうか。楽しみなところである。

関連記事→
CSP カール・ロジャース記念カンファレンス」


 

2018年11月 1日 (木)

白兎海岸、鳥取砂丘

 昨日。CSP発表のアイディアがだいぶハッキリしてきたので、ちょっと時間をおこうと日本海側までドライブしてきた。行きは鳥取道、帰りは国道29号線を通った。戸倉峠を通る道は景色の移り変わりがおもしろかった。峠付近はすっかり紅葉が始まっていた。瀬戸内側から日本海側へ。海の表情もまったく違う。景色の変化もおもしろい。日本の気候は結構多様だ。楽しいドライブだった。写真をどうぞ。


» 続きを読む

2018年10月30日 (火)

相生万葉の岬

 相生万葉の岬。何度行っても綺麗な夕陽が待っています。大好きなスポットです。

P_20181030_1658242

» 続きを読む

2018年10月29日 (月)

CSP カール・ロジャース記念カンファレンス

 Center for Studies of the Person(CSP) 主催の記念カンファレンスが来年も1月末から2月始めにかけて行われる。このCSPは、ロジャーズ達がカリフォルニア州サン・ディエゴ、ラ・ホイヤに作った研究所である。今年は、設立されて50周年になる。

» 続きを読む

«日曜日。「しまなみ海道」ドライブと「多々羅大橋」散歩。