リンク

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2019年3月21日 (木)

「D-pcaの集い」へのこだわり

 「D-pcaの集い」案内文づくりに取り組んでいる。いよいよ道筋が見えてきた。なんとも私のこだわりだな。今度こそ。

P_20190307_160244

2019年3月20日 (水)

桜、もう少し。

赤穂御崎散歩。若桜が咲いているのを見つけた。あともう少し。待ち遠しい。

54255453_10157320626407160_2087736272045

» 続きを読む

2019年3月16日 (土)

メモ:D-pcaでは「育つ」に二重の意味がある-その2

 D-pcaの二つの「育ち」について、前回このブログに書いたものより整理された形になってきましたので、同じテーマで再度ここに載せます。

» 続きを読む

2019年3月12日 (火)

D-pcaの集い

 「D-pcaの集い」のコンセプト・メイキングに再度取り組んでいる。仏道・求道とPCAというこの次元の違う二つのものが共有していてその関係のあり方や実際に集いとして展開するときにそこをどう整理して場の性格をあらわしていくか。これはほんと長年の私の課題であった。

» 続きを読む

2019年3月11日 (月)

加古川教信寺-野口大念仏

 しばらくぶりに加古川教信寺を訪れた。教信沙弥が祀られているところ。沙弥は奈良興福寺で修行された後、この地播磨加古川に来られ、市井に入られた。念仏を絶えず称えながら、農民と共に農業に従事されたそうである。当時の人たちからは「阿弥陀丸」と呼ばれていたそうだ。その活動範囲はかなり広かったらしい。こちら千種の方にも来られていたようだ。中でも、高砂市はその拠点だった。今も阿弥陀町阿弥陀としてその地名が残っている。その地にある小学校は阿弥陀小学校だ。思えば、約1200年も前のことになるのだ。

» 続きを読む

2019年3月 9日 (土)

赤穂御崎など。いよいよ春。

 自宅のさくら草。そして赤穂御崎海岸散歩。お気に入りの散歩コース。日差しはいよいよ明るい。海に色も明るくなってきている。そして、夜はイタリアのバローロ。いよいよ春。

53336696_10157302706112160_36918886

» 続きを読む

2019年3月 8日 (金)

メモ:D-pcaでは「育つ」に二重の意味がある

 D-pcaでは、「育つ」というのには二重の意味がある。一つは、PCAでいう「一致」という意味である。と同時に、仏法を受け取れる機に「育てられていく」という二重の意味がある。この二つを統合するものとして「法・自己一致」と言いたいところ。

» 続きを読む

2019年3月 6日 (水)

2月のD-pca研究会-如来の本願力によりお育てをいただく

 少しさかのぼって2月22日(金)開催D-pca研究会の報告。西光義敞先生『入門・真宗カウンセリング』の輪読。私のカール・ロジャーズ・記念カンファレンス参加報告をした。

» 続きを読む

2019年3月 4日 (月)

国際折衷的催眠療法家協会(WAEH)カンファレンス

 7月にメキシコで行われるWorld Association for Eclectic Hypnotherapists (WAEH) カンファレンスに今年も招待していただいた。「国際折衷的催眠療法家協会」と訳すことになるかと思う。昨年は残念ながら行けなかった。

 例年に続いてD-pcaについてレクチャーとワークショップを行うことにした。今回のワークショップは、呼吸法やリスニング経験、指圧、そして念仏などいくつかの演習を披露する事にしている。初めての試みとなる。

 要約文の締め切りが3月10日までとなっているが、早い目に目処が立ったので今日送信した。インターネットの威力はすごい。というわけで、今年も楽しみにしている。

2019年3月 2日 (土)

梅見-たつの市綾部山梅林公園にて

 今日も天気がよかったので隣町たつの市綾部山梅林園に行ってきました。梅はまだ七分から八分といったところかな。かえってこれぐらいの方が可憐で優しくていいかもしれない。いい香りが漂っていました。山を歩いていい運動にもなった。いよいよ春ですね。写真をどうぞ。

52920554_804705353214840_57743840_2


» 続きを読む

2019年3月 1日 (金)

久しぶりのロングドライブ

 今日は久しぶりの好天。とりくんでいたメキシコでのワークショップ案内のメドがたったので、しぶらくぶりに長距離ドライブをしてきました。明石大橋を渡り、淡路島南端まで。紀伊水道に面するところ。目前に和歌山、紀伊半島が見えた。ここは太平洋と瀬戸内海との境になるところでもある。太陽の光は眩しくて暖かかった。海も緑がかって綺麗でした。いよいよ春の到来ですね。


53726491_10157281567032160_13734931

» 続きを読む

2019年2月27日 (水)

ワイガヤ・リトリート、D-pca研究会、華光会講習会等充実した先週末であった

 ちょっと間をおいての書き込みとなった。先週21日(木)から連続でいくつかの行事が続いて内面的に忙しい日々となった。充実もしていた。ワイガヤ・リトリートグループ、D-pca研究会、聞法会館宿泊、龍谷ミュージアム観覧、講習会だ。順番に書いて行くことにしよう。

» 続きを読む

2019年2月19日 (火)

おまけ-アメリカで見た目新しいものあれこれ

 今回アメリカ旅行で見た目新しいものいくつか。入国審査の電子化、EV, Uber,Lyft, レンタルスクーター、ロサンジェルスの地下鉄網。

» 続きを読む

2019年2月17日 (日)

プレイ・マウンテン・プレイス訪問-ロサンジェルスにて

 カンファレンスが終わった後は、ロサンジェルスに移動。初めてアムトラックで移動した。使いやすくて結構快適だった。久しぶりである。確か、2011年が最終だったと思うから8年ぶりのことだ。私が1988年から90年にインターン研修生として滞在したオルターナティブ・スクール、Play Mountain Placeを訪問したかったのだ。同時に、その時に同じインターン生だったかなこさんや、親であり、先生であったひさよさん、みちさんにも会った。これまた久しぶりの再会である。とても楽しい一時であった。

ディレクターのジュディさん、マウンテンヤード・ティーチャーかなこさんと
51795643_10157232141107160_28094182

» 続きを読む

2019年2月16日 (土)

カール・ロジャーズ記念カンファレンス2019 (5/5)-まとめ

 カンファレンスについて綴ってきた。ここらで最終回。私の学びをまとめておこうと思う。

(珍しい雨のサン・ディエゴの写真となった)
Dscn3489_1024x768

» 続きを読む

カール・ロジャーズ記念カンファレンス2019 (4/5)-国際交流

 パーソンセンタード・アプローチの心理的風土の中で国際交流が行われる。肌と肌とでこころが交流する感じ。これも大きな魅力だ。このカンファレンスでもそれがあった。国際カンファレンスではないのでUSの人たちが中心になるが、それでも様々な国から人が集まった。ロシア、メキシコ、アルゼンチン、ペルー、イタリア、カナダ、ブラジルそして日本である。食事をしながら、グループを通して、プレゼンテーションを通してそのヤリトリが楽しかった。また、CSPメンバーの一人、ウィルさんの家で泊めてもらったのもよかった。ロシアから来たベニアも同居。奥様のフレンドリーな人柄とユーモアがこれまた楽しかった。それらの写真を載せる。

» 続きを読む

カール・ロジャーズ記念カンファレンス2019 (3/5)-D-pcaの人間観

 今回もプレゼンテーションをした。テーマは、「D-pcaの人間観」。すごく関心を持って下さった3人がこられ、それにより、じっくりと聞き合い、話しあうことが出来て、とても充実した時間になった。まさに、膝つき合わせて話しあうというのはこのことをいうのだと思う。(その時の資料です。どうぞ)。

「A_View_of_Human_Nature_in_Dharmabased_personcentered approach.pdf」をダウンロード

» 続きを読む

2019年2月15日 (金)

カール・ロジャーズ記念カンファレンス2019 (2/5)-私の印象と学び

 今回は、全部のプログラムに参加することが出来た。その印象を「スモール・エンカウンターグループ」、「プレゼンテーション」、「ディスカッション・グループ」の順で書こうと思う。満足感と達成感が残る。何か大きなことを学んだ感じがしている。

» 続きを読む

2019年2月14日 (木)

カール・ロジャーズ記念カンファレンス2019 (1/5)-その構成

 参加してきたカール・ロジャーズ記念カンファレンスについて書いて行こうと思う。期間は、1月30日(木)から2月4日(土)まで。主催はCSP (Center for Studies of the Person)。丁度今年はこのセンター開催50周年記念にも当たる。思えば長い歴史が刻まれている。

50905764_10157203731582160_15182191

» 続きを読む

2019年2月12日 (火)

法林寺涅槃会-お釈迦様がダルマそのものになられた日

相生市法林寺さん涅槃会にお参り。ご講師の丁寧な説明の下、壮大な涅槃図に身心に沁みた。

満月の日、お釈迦様は亡くなられた。天人も摩耶夫人も舎利弗も菩薩様もお弟子様達も動物たちも植物たちもいる。悲しみの内にあるもの穏やかに迎え入れるもの様々。菩薩様達は穏やかな顔をされている。木々には悲しみに枯れてしまったものと新たに緑一杯のものとがある。そう、涅槃はお釈迦様がいよいよ絶えず働く仏法(ダルマ)そのものとなられためでたい日でもあるのだ。そんなことを思わせていただいた。

折しも雪の日。白色がそれを鮮やかに照らしていたようでもあった。ちょうどサンディエゴ、ロサンジェルスから帰ってすぐに我が町を見てその美しさがより鮮やかに目にしみた一時でもあった。

» 続きを読む

2019年2月 9日 (土)

無事に帰りました。充実していました。

 一昨日木曜日に無事帰りました。とても元気にしています。滞在中、逐一近況を書く予定でしたが、忙しいのなんの。すっかりそこに没頭してしまいました。カンファレンスは素晴らしいものになり、私もそこで安定してみんなに関わることが出来、充実感と達成感が残っています。カンファレンスの後は、ほんと久しぶりにPlay Mountain Placeを訪れ、その時に先生や親、同期のインターンだった人たちと会いました。楽しい一時でした。

 詳細はおいおい書いていくことにして、ひとまず無事帰還の報告です。

Dscn3573




2019年1月29日 (火)

サンディエゴの美しさ

サンディエゴ風景。ラ・ホイヤ、友人宅からの眺め。どれもこれも美しい。

50905764_10157203731582160_15182191

» 続きを読む

サンディエゴ道中の写真

 自宅(新幹線)→成田空港→サンフランシスコ→サンディエゴというルートで到着。出来るだけ安い航空券をということで、ずいぶん時間がかかった。極めつけはサンフランシスコ空港で乗り継ぎ待ち時間が6時間もあったことだ。とはいえ、一旦休憩が出来るのでこれも悪くない。待ち時間に人々の往来を見るのは楽しい。ああ外国に来たなという思いが味わえます。その道中で撮った写真を載せます。

» 続きを読む

CSPアニュアル・ミーティング

 1月25日(金)からに27日(日)まで、CSP(Center for Studies of the Person)アニュアル・ミーティング(年次定例ミーティング)でした。全日程に参加出来ました。何年ぶりだろう?長らく参加していませんでした。久しぶりです。2002年にメンバーにしていただいていますのでもう17年にもなります。やっぱり時の経つのは速い。このセンターのことはロジャーズ関係の本に出ているので細かいことは割愛します。

» 続きを読む

2019年1月25日 (金)

サンディエゴ到着-友人との再会

 サンディエゴに無事到着。CSPメンバーであるウィルさん宅に泊めていただいている。長年このメンバーであり、エンカウンター・グループの発祥であるラ・ホイヤプログラムを進めてこられてきている人である。数年前にも泊めていただいてああ帰ってきたなと思った瞬間であった。神戸ワインで楽しい夕食を頂く。

» 続きを読む

2019年1月23日 (水)

サンディエゴ、ロサンジェルス

 明日からアメリカ、サンディエゴ、ロサンジェルス方面に行きます。CSP (Center for Studies of the Person)の定例ミーティングに出るのと、ロジャーズ生誕記念カンファレンスに出ます。その後、ロサンジェルスのPlay Mountain Placeを訪問します。友人達に会うことにもなります。2月7日(金)に帰る予定です。


2019年1月21日 (月)

室津の法然上人ご霊跡-浄運寺、貝掘りの井戸

 前々から行きたいと思っていた室津(たつの市御津町)にある「浄運寺」と「法然上人貝掘りの井戸」を訪れた。近くで近辺は何度も通っているのだけれど道が細くて入り組んでいるので行くのをためらっていたのだ。ランチの帰り道。

» 続きを読む

休憩

 先週、土(19日)、日(20日)はゆっくりと休むことにした。とても疲れている自分を発見してとても驚いた。思えば、先の報恩講で夜遅くまで話、ワイガヤ、D-pca研究会と続いて疲れがたまっていたのであろう。どれもこれも熱中して結構エネルギーを使ったから。パソコンの前にも座らずボーッとしていた。軽く近辺のドライブにも行った。土曜日は天気がよく、よい休憩が出来た。写真は、道の駅「みつ」から見た瀬戸内海の写真。美しい。

» 続きを読む

1月のD-pca研究会-聞即信

 先週1月18日(土)は京都にてD-pca研究会。西光義敞『入門真宗カウンセリング』の輪読と、月末にCSPで報告する内容について話させていただいた。もちろん、それぞれの自分のところとのヤリトリを通してである。

» 続きを読む

1月のワイガヤ・リトリートグループ

 先週1月17日はワイガヤ・リトリートグループ。「ワイガヤの会」とも呼んでいます。

 世話人が参加者の世界をその枠組みに沿ってじっくり理解しようとすることの重要性を改めて思います。また、日常のやりとりは聞かないで、理解しないで即自分のことを話す。そんなやりとりがほとんどですので、世話人は話された人の世界に戻し、理解を確認していくという関わりの重要性も改めて思います。それによって話す人は自分を思い存分表現出来、そこからいろんな気づきが起きてくる。その世話人もそれによって自分の世界を振り返り、充実感が出てくる。そんな場だと思います。そういう意味では日常のオシャベリ会とは違う場だなと改めて確認させていただきました。

 来月は、2月21日(木)です。詳しくはこちらのページをどうぞ。

«有意義だった先週、そして、次への動き