リンク

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 「僕には夢があります」 | トップページ | ブログをひとつに、そして »

2010年10月 8日 (金)

人生の節目のような気がする

 9月23日から26日まで人間性心理学会出席のため熊本に行っていました。この学会への出席はなんと10年ぶりになります。自主企画ということで報告もしてきました。テーマは、「仏法を基底にした人間中心のアプローチ-Dharma-based person-centered approach-」ということになります。

Kumamotojyo


 西光義敞先生との出会いからもう37年が経ちます。大変大きな出会いでした。すごく先生の考えに共鳴し、自分をハッキリしてきた出会いでありましたが、中でも、仏教(真宗)とロジャーズのカウンセリング(パーソンセンタード・アプローチ)は深く私に浸透し、この道をずっと歩んできたことになります。これらかも歩んで行くと思うのでまさに私のライフワークということになりましょう。残念ながら先生は亡くなられました。長い間この2つは私の中ではくっつかず併存していましたが、ここ最近このふたつが私の中で深く交流し、関係し合って一つの体系になるような感じがしています。それらがどう関係し合っていくのか、そして、これが今後の私のあり方としてどう息づいていくのか、これからの私の一大テーマになるように思っています。

 今回の学会ではこのような今の私の心境を報告することにしました。望外なことに多数の方に聞いていただき、関心をもっていただき、大変うれしかったし、勇気づけられもしました。ああこうして人とつながっていっているのだ、ご縁が動いているのだと思いました。旧知の方達とも出会い、新しい方達との出会いもあり、すごく意を強くして帰ってきました。しばらくぶりに報告することにちょっとためらいもあったのですが、思い切って踏み出してよかったなと思っています。

 帰ってからは私の中でいろんな事が動いて、いろんな発想も湧いてきて今後がすごく楽しみになってきています。この育ち合う場研究センターのミッションをさらに明確にし、少しずつ、着実にプロジェクトを進行していきたいと思っています。

 写真をいくつか掲載します。子どもの頃から楽しみにしていた阿蘇山を見ました。「阿蘇山」という山は無いことがわかったのもおもしろかった。阿蘇地方に連山する山々ということだったんですね。いわゆる阿蘇山と呼ばれているのはその中の「中岳」ということだったんですね。広い山の連なりと裾野が印象的でした。このような火山の景色は日本の中では異色と思いますが、グランドキャニオンなどに比べるといい意味でやはり小さく、ああ日本の山なんだなと思いました。生きている火口にたどり着くとシューッという音がして、煙と水蒸気があがり、ドキドキしました。火口にたまっている水がエメラルドグリーンで美しかったのも印象的でした。以前は青だったのですがここ数年このような緑に変わったそうです。理由はわからないそうです。

Asonakadake 
Kusasenri 



 車で行ったのも楽しかった。片道7時間半のドライブでした。自分が操っているのが楽しい。帰りは、よき出会いとなった友人と山口市の瑠璃光寺を訪れました。有名な五重塔を拝観。その美しい姿に見とれていました。法隆寺の五重塔とはまた違う素朴な美しさがありました。よき機会をいただいてありがとうございました。


Rurikou

« 「僕には夢があります」 | トップページ | ブログをひとつに、そして »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「僕には夢があります」 | トップページ | ブログをひとつに、そして »