リンク

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 新しいホームページが出来た!! | トップページ | やったね、いよいよこれから。 »

2011年2月22日 (火)

久しぶりの奈良の大仏さん

 サンディエゴから友人が来たので京都・奈良方面に一緒に行ってきた。昨年、ラホイヤ・プログラムで知り合った人。心から日本に入れ込んでいる。歴史のこともすごくよく知っている。精神的なことについてもよく知っている。西洋・東洋とふたつを区分するのはもう昔のことのような気がする。東洋に西洋が入り込み、西洋に東洋が入り込む。そして、それらが融合された新しい世界が作られていく、地球規模で・・・。日本はすでに日本でなくなって、世界に入り込み、何かがつくられていく。もちろん日本が消えてしまうわけでもない。マスコミがよく言う日本の凋落、中国の台頭などという観念がすごく小さく思えてしまう。何が一番でもない。それらが混じり合って次の段階へと進みつつあるのだ。

 DSCN0870

 今回はガイドさんが付いた。きさくですてきなガイドさん、純粋な友達・・・。心温まる、心に深く響く旅であった。その夜は、もう一人友人が合流してこれまたすてきな夕食となった。お酒をのんでわいわいさわぎあって・・・。夜遅くホテルに戻る。

 

 京都の伏見稲荷、奈良の東大寺はどちらも思い出の地。学生時代、毎日通ったのが伏見。遅くまで飲んで終電に間に合わず、稲荷駅で一晩過ごしたことがあった。小・中学校時代、遠足で訪れたのが奈良。友達同士で行ったこともあった。我々子どもは、「奈良のだいぶっさん」と親しく呼んでいた。「ならのだいぶっさん へをこけば 奈良方面みなくさい」なんで馬鹿な歌を作って遊んだ。最近、もう一度行きたいなと思っていたら彼がそれをかなえてくれた。改めて見る大仏。実にでかい。荘厳。創建当時は七重の塔が二つそびえ、仏殿も横にもっと大きかったという。その大きさに感動したけれど、それを作った人たちの仏法に対する強い思いを偲び、強く心打たれ、思わず涙した。梅原氏の貢献で当時の生臭い政争の様子がよくわかってきた。そんなどろどろした中で当時の人たちは、仏に帰依し、平穏を願ったことであろう。「世間虚仮、唯仏是真」!

DSCN0876 
 DSCN0878 

 

« 新しいホームページが出来た!! | トップページ | やったね、いよいよこれから。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しいホームページが出来た!! | トップページ | やったね、いよいよこれから。 »