リンク

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 今日はお釈迦様の誕生日 | トップページ | 第1回「ワンデイ育ち合う人間関係の集い」開催 »

2011年4月23日 (土)

ここ2週間の私-桜、新学期、松江・出雲旅行-

 約2週間ぶりになる。時の流れるのは早い。

 あれから遅かった桜が急に咲き始め、見事に桜の季節となり、そして、今ではほとんどが散ってしまい、葉が新たに息吹き始めている。これから新緑の季節となっていく。東北地方の春はまだまだだと思われるが、着実に復興していくものと思われる。残念ながら、知ることのできる情報は甚だ少ないが・・・。

Sakura 
(相生市羅漢の里公園の桜)

 こちらの生活はいよいよ新学期が始まり、新しい学生とも接することになり、また新4年生になった学生とはこれからいよいよ人生の門出となる大事な1年を過ごすことになる。当センターの活動も新年度に入り、この30日にはワンデイの集いが予定されている。その後は、ゴールデンウィークを経て、イギリス、レスターで行われる第6回リビング・ブッディズム・カンファレンスへの出席が予定されている。季節の流れと共に私自身も動き流れているのを実感する。

 その合間を縫ってこの13日から17日まで松江方面に行ってきた。久しぶりにデイビッド・ブレイジャーさんが来日され、フォーカシングプロジェクトの人達によって行われた松江での講演会とワークショップに参加してきた。途中、一緒に熊野大社、神魂神社、出雲大社と彼の地の神社を中心に回ってきた。1人の時間があり、気の向くままドライブしていたらふと「島根原子力発電所」、「島根原子力館」の看板が見つかり、そこにも寄ってみた。松江から京都への道のりはドライブとなった。日本海に面した海岸沿いに走り、鳥取でデイビッドの友達に会い、鳥取砂丘に寄って、南東に向かい、中国山脈を越えて夜8時半頃京都に着いた。雪をいだいた大山の雄姿がこれまた美しかった。残雪のある戸倉峠の典型的日本の景色にも酔った。次の日の仕事もあり、京都で宿泊せずに自宅に帰った。思えば、すごいドライブだった。さすがに疲れたな。

201104141039000 
 ブレイジャーさんのワークショップは、「Other-centered approach」が印象的だった。「他者志向のアプローチ」とでも訳すべきか。クライエントにとって重要な他者にどちらかというと焦点を当て、その他者を愛することを促すアプローチとでも言うとよいかと思う。いくつかのワークも行った。自分にとって有縁の他者について語り、リスナーはそれを受容的に丁寧に聞く。そこから自分もその人をも含んだ暖かい受容が醸し出されるワークであった。

 ところで、氏によるとこれは仏教心理学に基づいたアプローチだというが、私には同意しながらも頷けない部分もある。仏教はもっと深い自覚をもたらす智慧であるから・・・。一人生まれて一人死に行く。そこには誰も関与できない孤独な自分自身がある。仏教はここに大きな自覚と安らぎをもたらすものだと思うから・・。もちろん、それだけでもなく、有縁の人達との支え合いもそこにふくまれていることにもその深さがある。自分志向でもなく、他者志向でもない、その両者の究極の深いところでの安心をもたらすものであるように思うのだが・・・。このあたりについてはまたイギリスで議論してこようと思っている。

 ハプニングから訪問した原子力発電所。もちろん、中に入れるはずはなく、入り口で引き返したが、ものものしい警備に驚いた。原子力館、つまり博物館では実際の大きさの燃料ペレットや制御棒の作動をデモンストレーションしていて、リアルであった。たまたまテレビ局のインタビューを受けて汗びっしょりとなった。原子力への不安を語ったが、それが放映されたかどうかはわからない。原子力館から見える島根の海岸は本当に美しい。宍道湖も美しい。この甘美なほどの美しさと現代モンスターが同居する。なんともいえない気持ちになった。お土産にもらっためざしがこれまたおいしい。安全性をアピールする意図があるのだろう。これまた複雑な心境である。ひとたび事故が起きれば松江市はひとたまりもない。

 なんとしたことか、愛用のカメラを持って行くのを忘れた。ケイタイから写したのでもうひとつだが記念なので貼り付けておきます。

201104141049000 

 

« 今日はお釈迦様の誕生日 | トップページ | 第1回「ワンデイ育ち合う人間関係の集い」開催 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日はお釈迦様の誕生日 | トップページ | 第1回「ワンデイ育ち合う人間関係の集い」開催 »