リンク

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« モレリア、メキシコ!! | トップページ | 充実した感じの良い時間 »

2011年7月17日 (日)

深く心に残るモレリア、ミチョアカン、メキシコ

 12日(火)に無事に日本に帰っている。帰ってから早速土曜日まで授業の連続。一通り終えて、今日は日曜日でホッとしている。結構疲れている自分にびっくり。悪い疲れじゃない。何か大仕事を終えたような疲れだ。

 前記事を書いた次の日。3時間のワークショップだった。「四苦八苦」や「浄土教」のことなどいきなり核心にストレートに迫ったため、参加して下さった方は戸惑われたようだった。疑問も一杯出てきて・・・。自分でもよくこんなことやったなと思った。ともかく疑問には言葉を選んで丁寧に接した。深く考えさせられることもしばしばだった。休憩のあと次第に理解が深まっていき、最後にはそれぞれの気づきが深まっていったようであった。やれやれ、ホッとした。充実感のあったワークショップであった。

 次回も呼んでもらうことになった。その時は、面接のデモンストレーションなどをしてみようと思う。自分にとっては当たり前になっているのだけれど、他の先生達のヤリトリを見ていると、私のような面接をやっている人はほんと珍しいのではないかとも思えてきたのだ。ほんと何も付け加えない面接。もっとも単純な面接。しかし、生かされる力に無駄なくのっかっていく面接。

 とにもかくにもこんなすごい機会を与えてくれた、ルピタ・メディナに感謝。昨年ロシアであったのがきっかけ・・。モレリアからそこに来ていたすべての人達にも会えた。不思議な縁だ。

 副産物もある。かねてからメキシコのとある地方で日本語によく似た響きの言葉を話しているところがあると聞いていた。それがこのモレリア近くのパツクアロというところだったのだ。パツクアロ湖の中にハニッツィオ島という島があり、ここに先住民のプレペチャ人が住んでいるところがある。そこを訪れることが出来た。島の子ども達はお金お金と集まってきたのだが、その言葉を話してもらうことが出来た。聞いていて理解できるところはなかったけれど、響きは日本語に確かによく似ている。メンタリティもよく似ているように思う。どこか心の奥のところで通じ合う感覚があるのだ。大変興味深かった。今後、仕事の合間にこのことについて調べていってみようかと思い始めている。

 最後に、心細かな配慮で地元の街や村などを案内してくれたタリアに大変感謝している。言葉では表し尽くせない。ほんとメキシコの人達の心遣いは細やか。奥ゆかしいところもあったりしてどこか心に響く感じがした。ありがとうございました。また新しい出会いが始まる。

DSCN1070 
(モレリアのシンボル、カテドラル) 

DSCN1168 
(パツクアロ湖内にあるハニッツィォ島から見た風景)

 

 

« モレリア、メキシコ!! | トップページ | 充実した感じの良い時間 »

コメント

こんばんは★夜景のカテドラル、とてもきれいです。中では、おごそかなお祈りが行われているのでしょうか?                             歴史を感じさせる建物ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モレリア、メキシコ!! | トップページ | 充実した感じの良い時間 »