リンク

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 深く心に残るモレリア、ミチョアカン、メキシコ | トップページ | 日本にいながら心は世界をかけめぐる。この面白さ。 »

2011年8月 3日 (水)

充実した感じの良い時間

 先週、長きに渡った感のある前期の授業が無事に終わり、ホッとしているところである。今は、今後の活動のことを考えたり、メキシコでのことを考えたり、ちょっとゆるやかな時間を持たせてもらっている。それにしてもこの前期は強行軍であった。イギリス、メキシコと2回の海外カンファレンスがあった。その合間を縫って補講をこなし、センター活動もそれなりにこなすこととなった。幸い、2度のカンファレンスは自分の仕事について話すといった思い切った仕事が出来た。どれも反響があったように思うがどちらにしろこのようなことが出来たことを喜びたいと思っている。自分の仕事について振り返る良い機会になったし、今後の動きについてもかなり明確になった来たように思う。今後もこの線で自分の道を歩んでいきたいと思っている。

 それにしてもかなり変則的な授業にも関わらず付いてきてくれた学生に感謝している。彼らとの関わりも今の私には大変貴重なものである。当然、家をあけさせてくれた家族にも感謝である。

 この8月、9月は後半の仕事の構想を練ることに時間を使いたい。「育ち合う場を体験する集い」の企画も練り直し、広報にも力を入れていきたい。また、ここしばらくの懸念であった英語名について確定したいと思っている。

 また、今回のメキシコ旅行で起きた副産物にも目を向けて見たい。ミチョアカン州のブレペチャ文化と日本とがほんとによく似ている感じがするのだ。直観的にほんと響くものがあるのだ。恐らく、我々の基底になっている縄文時代にさかのぼると両者が交流していたとますます思うのである。もちろんあくまで私の直観だけれど・・・。そんなことについてすこしずつでも良いから調べていきたいと思い始めている。今後の人生の楽しみにしていきたい。まず手始めに大阪国際民族学博物館を訪ねてみようと思う。また、いくつかの論文にも当たってみたいと思っている。

 ところで、そのプレペチャの音楽を紹介したいと思う。日本のお囃子に似ているのでほんとびっくりしたのだ。 

ねっ、よく似ているでしょう。

 

 

« 深く心に残るモレリア、ミチョアカン、メキシコ | トップページ | 日本にいながら心は世界をかけめぐる。この面白さ。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 深く心に残るモレリア、ミチョアカン、メキシコ | トップページ | 日本にいながら心は世界をかけめぐる。この面白さ。 »