リンク

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« モスクワ観光、その2(10月8日)-博物館、ワシリー大聖堂 | トップページ | モスクワ滞在最終日(10月10日)-生活の様子。心に残ったこと。 »

2018年10月22日 (月)

モスクワ観光、その3(10月9日)-日本画展、プチひとり旅

 いよいよモスクワ滞在も大詰め。

 ラダさんの案内でプーシキン美術館に行く。ちょうど江戸時代絵画展をしていた。浮世絵を中心とした版画が展示されていた。東京国立博物館、千葉市立博物館からの出展である。今年2018年は両政府による日本年に当たるらしい。カンファレンスで歌舞伎を見に行ったという人とあったりした。日本語が話せる若い人たち、日本食レストラン、今回の展示と日本-モスクワ接点旅行となったのも今回のおもしろいところだ。

43515929_2260014187373704_460224925



 沢山の版画を見た。どれもこれも実物をみるのはこれが初めて。江戸時代当時の風俗や生活の様子が克明に描かれているのがおもしろかった。緻密な描写と線の面白さ、色使いなどやはり日本独自の美を改めて見たように思った。うまく言葉には言えないけれど、日本独自のものってやはりあるなと思った。あの石で出来た堅牢なプーシキン美術館に日本の版画があるのがなんともおもしろかった。そして、それを食い入るように時間をかけて見つめているモスクワの人たち。感慨深いものがあった。そう、私たちが思うよりもロシアと日本の交流は進んでいる。渡航も少しずつやりやすくなって来ている。とはいえ、未だロシアと日本には平和条約がかわされていない。つまり、まだ戦争中なのだ。状況は刻々変わっていっている。はやく私たちがもっと簡便に渡航できる日が来ることを願う。

43500679_2260013660707090_176111661
43462790_333146714164035_7893556793  
43460509_2260014930706963_463378662
43599517_2181889555418137_394584430
 その後は、昼食をとり、ラダさんのオフィスがあるアルバート通りに向かう。レストランではアメリカのロックがかかっていたのがなんとも。アルバート通りは高級な店が並ぶモスクワの中心通り。華やかな感じがする。ラダさんのオフィスはそこにあって、サイコセラピーや心理学のサービスを総合的に行っている団体である。子どものプレイセラピー室やグループワーク室がある。里親の支援活動も行っておられる。モスクワから少し離れたところにそのホームがある。その一端を感じさせていただいた。

 ラダさんとはここでお別れ。親が外交官で札幌に滞在されていて幼年時代をそこで過ごされた。日本語がやはりどこか頭の底に残っているという。また音楽もそのよう。日本食レストランで米米CLUBの曲がかかっていたが、これは聞き覚えがあるという。「むかし」という私の言葉に反応されたのもおもしろかった。日本でお会い出来る日を心待ちにしている。

 そうして、私はプチひとり旅。ベニアのゼミに6時から参加することになっているのでそこに行かなくてはならない。地図を見たら十分に歩ける距離なのでぼちぼち歩いて行くことにした。アルバート通りから中心部赤の広場へ。そして、そこから大学まで歩く。キタイ・ゴーラトという地下鉄の駅までたどりついたらそこからはよくわかっている。やはり1人で歩くと感じ方が違う。モスクワの風、臭い、人の雰囲気を直接的に感じられる。なんと落ち着いた平和な町だろう。ゆったりと居れる感じだ。人々の歩きは速いが決して人の目を射貫くという感じでもない。楽しかった。途中、要所を確認するために人に道を聞いた。1人は何かおっしゃって取り合ってくれなかった。どうやらRed Squareと英語で聞いたためだろう。「英語はわからないので」と言われたようであった。そこで、Kremlinと聞くことにした。これは正解だった。そうだといって指さしてくれた。そこから大学までの道「イリエンカ通り」を行く必要があるが、これも念のため聞いた。今回は、YESと言って指さしてくれた。「ダー」を期待したのだが。笑。するとすぐに地下鉄駅の入口が見える。そこを渡ると見慣れた光景。意気揚々と歩いた。青色のベラルーシ大使館が目印。そこを左に曲がる。ベニアが大学に着く時間より少し早く着いたので少し行き過ぎて公園があったのでそこに座って時間を潰す。これは私の好きなやり方。座っているとこれまたその地の雰囲気を感じておもしろい。住宅街。住んでいる人たちが集まって何かを話しているのがおもしろかった。
無事に大学到着。(このページに続く)。


43691969_10156936270837160_22364551

(ムー・ムーという名前のレストラン。モーモーとも聞こえる。日本語と一緒でおもしろい。)
43635865_10156936271017160_45359746

« モスクワ観光、その2(10月8日)-博物館、ワシリー大聖堂 | トップページ | モスクワ滞在最終日(10月10日)-生活の様子。心に残ったこと。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モスクワ観光、その2(10月8日)-博物館、ワシリー大聖堂 | トップページ | モスクワ滞在最終日(10月10日)-生活の様子。心に残ったこと。 »