リンク

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 忠臣蔵-ここ2週間のマイブーム- | トップページ | オンライン男性グループ »

2018年12月 7日 (金)

報恩講厳修

 昨日、一昨日は相生法林寺報恩講にお参り。法要あり、ご法話あり、座談あり、食事あり・・・。すべてが整っている。ご講師は松尾宣昭師。本願寺発刊の『拝読 浄土真宗のみ教え』により浄土真宗の骨格を頂く。


47572786_10157075024507160_199485_7

親鸞聖人の浄土和讃には、

「十方諸有の衆生は、
阿弥陀仏至徳の御名を聞き
真実信心いたりなば、
大きに所聞を慶喜せん。」


「若不生者の誓いゆえ、
信楽まことに時いたり、
一念慶喜する人は、
往生かならず定まりぬ。」

と詠われる。

 まさにここ。弥陀の衆生を済度したいという殊勝の願をそのままああそうだったと隙間なく受け取る。身全体で受け取る。ここに尽きる。本当に簡単なこと。

 が、この簡単なことが邪見驕慢の私にはほとほと難しい。希有なこと。難しくしているのは私。それもまた真実だと思う。が、様々なご縁が働いて人間界に生まれさせていただき、この身に願力が徹到し、これが我が身に実際に起き、今・ここでも続いていることも真実。すごいことだ。

 そんなことを改めて味合わせていただいた。なもあみだぶつ。

 それにしても荘厳まさに浄土の荘厳の美しいこと。本堂に響く読経の声も美しく、心に沁みる。

47478041_10157075024487160_738487_5

47685155_10157075024477160_64078908

« 忠臣蔵-ここ2週間のマイブーム- | トップページ | オンライン男性グループ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 忠臣蔵-ここ2週間のマイブーム- | トップページ | オンライン男性グループ »