リンク

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 報恩講厳修 | トップページ | ことひら温泉への小旅行 »

2018年12月11日 (火)

オンライン男性グループ

 8日(土)。ロシアの友人からの招待で「メンズ・グループ」にオンラインで参加。彼が企画したもの。ロシア、マルタ共和国、カナダ、日本と国際的な集まりとなった。年齢は私よりはるかに若い。いわば男性版ワイガヤの会だ。

 「男性であること」。時代の流れと共に次第にどうアイデンティティを持っていくのかが難しくなってくる。これは女性も同じことだと思う。私はこのことについてあまり関心もなかったし、今でも大きな関心事ではないが興味が出てきたので参加してみることにした。

 それぞれの文化的なことや自身の葛藤についてのことが話し合われた。文化的なことでは日本のことを振り返るのによい機会にもなった。そういえば、西洋文化では男性は強くあると同時に親切でもある必要があって家族で何か葛藤が起きた時は男性がそれを解決する責任を持つという。ここに葛藤があるという声があった。

 引き替え、日本の文化では「男性は強くあれ」は当然だが親切であれ、やさしくあれという要請はあまりないように思われる。やさしくあれは女性に要求される言葉だ。そういう意味ではシンプルなところがある。また、男性、女性を西洋ほどくっきりと分けない特徴もあるように思う。興味深いという声が上がる。一般に何事においても日本では違いの際をあまり立てない傾向がある。「あまから」なんてそのよい例だ。

 それぞれがじっくり聞き、誠実に話す。とても心地のよいグループであった。楽しかった。今後も続く予定である。

 新しい体験をさせてもらった。新しい人間観の登場プロセスだな。PCAは両性を貫いたその人間のありようを示唆してくれるようにも思う。

 ちなみに使われたソフトウェアは、Zoom。グループ会議用に開発されたソフトらしい。どの端末でも使えるのがおもしろい。画面は真ん中に大きな画面があってその上に参加者の顔がリアルで登場する。真ん中の画面はその時の発言者が登場する。声を感知して画面が変わる仕組みなのだろう。ダウンロードも簡単だし、シンプルで使いやすかった。日本の友達とも使ってみるといいなと思った。
https://zoom.us/jp-jp/meetings.html


« 報恩講厳修 | トップページ | ことひら温泉への小旅行 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 報恩講厳修 | トップページ | ことひら温泉への小旅行 »