リンク

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月29日 (火)

サンディエゴの美しさ

サンディエゴ風景。ラ・ホイヤ、友人宅からの眺め。どれもこれも美しい。

50905764_10157203731582160_15182191

続きを読む "サンディエゴの美しさ" »

サンディエゴ道中の写真

 自宅(新幹線)→成田空港→サンフランシスコ→サンディエゴというルートで到着。出来るだけ安い航空券をということで、ずいぶん時間がかかった。極めつけはサンフランシスコ空港で乗り継ぎ待ち時間が6時間もあったことだ。とはいえ、一旦休憩が出来るのでこれも悪くない。待ち時間に人々の往来を見るのは楽しい。ああ外国に来たなという思いが味わえます。その道中で撮った写真を載せます。

続きを読む "サンディエゴ道中の写真" »

CSPアニュアル・ミーティング

 1月25日(金)からに27日(日)まで、CSP(Center for Studies of the Person)アニュアル・ミーティング(年次定例ミーティング)でした。全日程に参加出来ました。何年ぶりだろう?長らく参加していませんでした。久しぶりです。2002年にメンバーにしていただいていますのでもう17年にもなります。やっぱり時の経つのは速い。このセンターのことはロジャーズ関係の本に出ているので細かいことは割愛します。

続きを読む "CSPアニュアル・ミーティング" »

2019年1月25日 (金)

サンディエゴ到着-友人との再会

 サンディエゴに無事到着。CSPメンバーであるウィルさん宅に泊めていただいている。長年このメンバーであり、エンカウンター・グループの発祥であるラ・ホイヤプログラムを進めてこられてきている人である。数年前にも泊めていただいてああ帰ってきたなと思った瞬間であった。神戸ワインで楽しい夕食を頂く。

続きを読む "サンディエゴ到着-友人との再会" »

2019年1月23日 (水)

サンディエゴ、ロサンジェルス

 明日からアメリカ、サンディエゴ、ロサンジェルス方面に行きます。CSP (Center for Studies of the Person)の定例ミーティングに出るのと、ロジャーズ生誕記念カンファレンスに出ます。その後、ロサンジェルスのPlay Mountain Placeを訪問します。友人達に会うことにもなります。2月7日(金)に帰る予定です。


2019年1月21日 (月)

室津の法然上人ご霊跡-浄運寺、貝掘りの井戸

 前々から行きたいと思っていた室津(たつの市御津町)にある「浄運寺」と「法然上人貝掘りの井戸」を訪れた。近くで近辺は何度も通っているのだけれど道が細くて入り組んでいるので行くのをためらっていたのだ。ランチの帰り道。

続きを読む "室津の法然上人ご霊跡-浄運寺、貝掘りの井戸" »

休憩

 先週、土(19日)、日(20日)はゆっくりと休むことにした。とても疲れている自分を発見してとても驚いた。思えば、先の報恩講で夜遅くまで話、ワイガヤ、D-pca研究会と続いて疲れがたまっていたのであろう。どれもこれも熱中して結構エネルギーを使ったから。パソコンの前にも座らずボーッとしていた。軽く近辺のドライブにも行った。土曜日は天気がよく、よい休憩が出来た。写真は、道の駅「みつ」から見た瀬戸内海の写真。美しい。

続きを読む "休憩" »

1月のD-pca研究会-聞即信

 先週1月18日(土)は京都にてD-pca研究会。西光義敞『入門真宗カウンセリング』の輪読と、月末にCSPで報告する内容について話させていただいた。もちろん、それぞれの自分のところとのヤリトリを通してである。

続きを読む "1月のD-pca研究会-聞即信" »

1月のワイガヤ・リトリートグループ

 先週1月17日はワイガヤ・リトリートグループ。「ワイガヤの会」とも呼んでいます。

 世話人が参加者の世界をその枠組みに沿ってじっくり理解しようとすることの重要性を改めて思います。また、日常のやりとりは聞かないで、理解しないで即自分のことを話す。そんなやりとりがほとんどですので、世話人は話された人の世界に戻し、理解を確認していくという関わりの重要性も改めて思います。それによって話す人は自分を思い存分表現出来、そこからいろんな気づきが起きてくる。その世話人もそれによって自分の世界を振り返り、充実感が出てくる。そんな場だと思います。そういう意味では日常のオシャベリ会とは違う場だなと改めて確認させていただきました。

 来月は、2月21日(木)です。詳しくはこちらのページをどうぞ。

2019年1月15日 (火)

有意義だった先週、そして、次への動き

 先週は木曜日にカウンセリング。土、日は浄土真宗華光会主催の報恩講に参加。それぞれに熱中し、エネルギーを使った。報恩講では、夜遅くまで語り合った。若い人たちとの話は本当に刺激を受ける。同時に、仏法とPCAとの交流から生まれてくる自分のアプローチがよりハッキリしたりもした。充実した一時であった。

 おかげでよい意味で結構疲れた。昨日はゆっくり休憩。今日からまた新しい動きが始まろうとしている。

 今週は、ワイガヤ・リトリートグループ、D-pca研究会と続き、来週木曜日には、サンディエゴに出発する。CSP(Center for Studies of the Person)のアニュアル・ミーティングに参加し、カール・ロジャーズ記念カンファレンスに参加する。今年はCSPが出来てちょうど50周年目になる。その後は、ロサンジェルスに行き、久々のPlay Mountain Place訪問と友人との交流が待っている。

2019年1月11日 (金)

D-pcaの人間観-もっとも深い意味での全体としての人間

 ロジャーズ記念カンファレンスでD-pcaの人間観について話すのをきっかけにもう一度その考えを振り返っています。以前(2014年12月1日)、D-pca研究会で発表したものを基にここに再掲載してみます。

  仏教を中心とする東洋思想では、「心身一如」といいます。心と体が密接に関連しあっているという捉え方であり、事実であります。また、仏教では、「身土不二」といいます。自分と自分を取り巻いている環境とは不可分で密接に関連しあっているという捉え方だと理解して良いと思います。仏教では、「世界」と呼びます。親鸞さんの有名な言葉に、「煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもってそらごとたはごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします」とありますが、ここでは、凡夫(人)と世界(環境)の双方について言及されているわけです。

続きを読む "D-pcaの人間観-もっとも深い意味での全体としての人間" »

2019年1月 9日 (水)

「朝比奈隆の肖像」-大器晩成-

 昨晩見たこの「朝比奈隆の肖像」という動画にずいぶん心を動かされた。氏は93歳まで生きられたから、まさに明治、大正、昭和、平成の日本を生きられた方だ。戦前の映像もとても興味深かった。亡くなる直前まで現役で精力的に指揮をなされていた。典型的な大器晩成型の人だ。

続きを読む "「朝比奈隆の肖像」-大器晩成-" »

2019年1月 7日 (月)

今年もよろしくお願いします

 正月休みも終わり、私も今日から仕事が始まった雰囲気である。このお正月は家族と共にゆっくりさせていただいた感じだ。息子も帰ってきて楽しい一時であった。

続きを読む "今年もよろしくお願いします" »

2019年1月 1日 (火)

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。49191265_10157137496207160_674993_4

旧年中はお世話になりありがとうございました。

今年もよろしくお願いいたします。




« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »