リンク

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

心と体

2014年12月 1日 (月)

11月のD-pca研究会

 今回は、「D-pcaの人間観」について話しました。以前も研究会では報告していますが、改めて思うことがあり、味わってみることにしました。

 仏教を中心とする東洋思想では、「心身一如」といいます。心と体が密接に関連しあっているという捉え方であり、事実であります。また、仏教では、「身土不二」といいます。自分と自分を取り巻いている環境とは不可分で密接に関連しあっているという捉え方だと理解して良いと思います。仏教では、「世界」と呼びます。親鸞さんの有名な言葉に、「煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもってそらごとたはごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします」とありますが、ここでは、凡夫(人)と世界(環境)の双方について言及されているわけです。

 この考え方がカウンセリング/セラピーにも生かせるのではないかと思うわけです。これについては、ソーシャルワークがこの考え方を取り入れ、理論と実践を発展させてきたのではないかと思われます。(詳細は、長くなるのでここでは割愛させていただきます)。

 結論を言いますと、まず、人には「生理的側面(体)」、「情動的側面(感情)」、「行動的側面」、「認知的側面」の4つの側面があり、それがまた他の人とつながっていくという「社会的側面」があります。これらが相互に関連しあって生きているという捉え方です。さらに、これは、個を超えてつながっていく「超個的側面」に深まっていくと思います。これを1つの言葉で言えば、「全体としての人間」ということになります。

 (図をここにあげておきます。クリックしていただくと拡大画面が出ます。)
Personwhole_2

 これらについて、「不登校という問題を持つ子ども」の面接事例をあげながら話しました。学校に行けない原因は、朝になって体調不良になり、それが苦しくて行けないというところにあります。これは、「身体化」というのですが、これが家族関係(「社会的側面」)と密接に関わりあっています。詳細は、次のブログを参照していただきたいと思います。ここに焦点を当てて、家族を単位とした面接を行っていきますと、子どもの体調不良が良くなっていくという事実があります。これは、目下私が関心をもって取り組んでいる事であります。

 とはいえ、仏教ではさらに、これを深め、人も環境も1つの如く、つながっていて、双方とも「そらごと、たわごと」、「迷い」の世界であり、仏法に出遇ってそれに気づき、そこから脱却するという道をさらに深く指し示しています。ここをも深めて「もっとも深い意味での全体としての人間」と言いたいわけです。

 このようなことについて話をしました。話をしながら、自由に質問して下さるし、その後の話し合いも大変活発で、私もそこからいろいろ触発されました。とても有意義な時間でありました。参加して下さった方に感謝いたします。

 次回は、12月26日(金)です。詳細は、ここをご覧下さい。