リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

仏教

2019年9月 6日 (金)

「お味わい」-意味深いな

 真宗の中で伝統的に言われている言葉に「お味わい」がある。これって好きな言葉だ。意味深いなと思う。人生の一コマ一コマ、ほんといろんな事を体験するが、その折にふれて、そこに働いている仏法にふれさせていただくときがある。うれしい、悲しい、腹立つといった様々な感覚や感情はもとより、ああこういうことを言っていたのだな、ここに弥陀の本願力がかかりきりだったんだなと深く気づかされるというときがある。

69629122_10157770070892160_3863166561258

続きを読む "「お味わい」-意味深いな" »

2019年9月 2日 (月)

9月の聖典講座-「深心」、「二種深信」


 昨日は浄土真宗華光会の聖典講座。仏説観無量寿経の講義が続いている。定善十三観が終わって、散善三観に入っていっている。三福九品と呼ばれているところである。上・中・下の三品(さんぼん)があり、それぞれに上・中・下生がある。これは日常用語にもなっている。

 

続きを読む "9月の聖典講座-「深心」、「二種深信」" »

2019年8月26日 (月)

第2回D-pcaの集い案内-こんな方におすすめします

 第2回D-pcaの集いについて「こんな方におすすめします」という形で書いてみました。同時にこれはこの集いではこんなことが出来ますという宣言というか、特徴について示すものでもありますね。自分の中でもハッキリしてくるのが不思議です。今までしてきたことのまとめでもあります。10月20日(日)10時からです。場所は当センター(兵庫県相生市)です。→D-pcaの集い

続きを読む "第2回D-pcaの集い案内-こんな方におすすめします" »

2019年8月24日 (土)

8月月例D-pca研究会-ワークショップ報告と輪読(無根の信)

 昨日8月24日(金)は月例のD-pca研究会。メキシコで行われたワークショップと横浜での佼成カウンセリング研究所「仏教とカウンセリング講義」の報告。そして、西光義敞『入門 真宗カウンセリング』札幌カウンセリング研究会編の輪読を進めた。

(写真は西本願寺聞法会館前ロイヤルホストにて。終了後にちょっと一服)
Dscn4235-1024x768

続きを読む "8月月例D-pca研究会-ワークショップ報告と輪読(無根の信)" »

2019年8月13日 (火)

ノート:真宗カウンセリングの二つの課題

ここでは(ケン・ウィルバー「意識のスペクトル」において)ロジャーズの心理学が実存レベルの心理学として、また大乗仏教があらゆる二元論を超えた世界への霊的実践として、窮極的な位置づけがなされているのが興味をひく。(改行山下)

ここで「真宗カウンセリング」にとって、二つの課題が引き出される。一つは、ロジャーズのカウンセリングと大乗仏教や真宗との距離は何に由来し、何を意味するかという問題であり、他は、あらゆる二元論を超えるという大乗仏教の実践道は、現代および将来において、具体的にはいかなるものとして提示されるかという問題である。この二つの課題にたいして、理論的にも実践的にも明確な解答がひきだせたとき、「真宗カウンセリング」は確固とした存在意義を獲得することであろう。

(西光義敞『育ち合う人間関係』本願寺出版社 p.190より引用)

 

続きを読む "ノート:真宗カウンセリングの二つの課題" »

2019年8月12日 (月)

佼成カウンセリング研究所にて講義-仏教とカウンセリング

 先日8月10日(土)は、佼成カウンセリング研究所にて講義。場所は横浜である。テーマは「仏教とカウンセリング」。もう4年のおつきあいになっている。故・西光義敞先生が熱心に講義をされていて、その後をたどらせていただいている。たまたま2014年に人間性心理学会でD-pcaについて発表をしたところ、それが縁で呼んでいただくことになった。本当に光栄なことである。2年に1回なので今回が3回目になる。

(写真は前日夜の横浜。「街の灯りがとても綺麗ねヨコハマ」という歌を思い出していた)
Yokohama

続きを読む "佼成カウンセリング研究所にて講義-仏教とカウンセリング" »

2019年8月 7日 (水)

ノート:「仏教は心理療法である」(西光)

仏教をカウンセリングや心理療法の領域でとらえるなら、それは「法にもとづき、「法」を中心とし、窮極的には「法」を悟って「仏」に成ることをめざす実践道である。「仏」に成るとは、人間が人間以外の何かに成るのでなく、人間を超えて人間を貫く「法」にめざめることによって真の人間になるのである。

(西光義敞『育ち合う人間関係』本願寺出版社P.189より引用)

 

続きを読む "ノート:「仏教は心理療法である」(西光)" »

2019年8月 6日 (火)

ノート:「仏法(Dharma)」とは

「法(Dharma)」は、釈迦牟尼仏の悟りの知恵によって明らかにされた無上正覚の内容とその教えであるが、言い方を変えれば、釈尊の悟りを実現させたダイナミックな真理そのものでもある。分別知を出ない人間の認識を超えた智慧と存在の実相とが一つになった不可思議の境地である。したがって、仏教の根本は「法」「悟り」「智慧(般若)」にある。

(西光義敞『育ち合う人間関係』本願寺出版社 p.188より引用)

 

続きを読む "ノート:「仏法(Dharma)」とは" »

2019年8月 2日 (金)

D-pcaの集い開催決定-10月20日(日)10時より

 今年度2回目D-pcaの集いを開催いたします。テーマは「人」と「自己」と「仏法」との出会い・出遇い- です。サブ・テーマは、「じっくり」。

 日々の思い、重い、悩み、希望、そうして絶えず自分に働く仏法。そんなことをほんとじっくり語り合い、聞き合い、味わい合えたらいいなと思います。

 日時は、10月20日(日)10時から17時、場所は当センターです。

 詳細は下記のページをどうぞ

2019年7月31日 (水)

メキシコ旅行-その5 D-pcaワークショップ

 ワークショップが終わりました。6人のグループとなりました。4時間ありましたので、ゆっくり、じっくり話せました。四諦・八正道から念仏門、真宗と自分の体験を交えながら相互交流的に話せました。メンバーから根幹の質問をもらったり、それぞれの気づきを共有できたりととても豊かな時間でした。さらに、今の個人的なしんどさを話され、放されていく一時もありました。

 仏法が人(私)を通して現れ、それを共有する中で聞く側が気づかされていく。また、人と人との交流も行われていく。それがここに現れていて、まさにD-pcaそのものだったと思います。仏法は本当に具体的に味わっていける。国や言語、民族を超えて・・。そういうとても普遍的な教えでもあると思いました。PCAもまたそうです。(詳細はまた後ほど書きます)

 その後はフリー。ワインを飲み、楽しいディナータイムを過ごせました。スペイン語にはほんと不自由しますが、そんなことも思わせないで、ハートで交流しあえるのがメキシコ人ですね。

 

続きを読む "メキシコ旅行-その5 D-pcaワークショップ" »

より以前の記事一覧