仏教

2018年9月25日 (火)

イスラエルの友人との会話

 昨日イスラエルの友人Yさんとスカイプで会話した。彼と始めて出会ったのはもう6年前になる。京都訪問に来られていてその時に出会い、案内をした。2人の共通点はイギリスの仏教とデイビッド・ブレイジャーさんである。ブレイジャーさんとは2006年に京都で始めて出会った。西光義敞先生との対談が行われた時である。Yさんはそのブレイジャーさんから仏教(特に浄土教)と心理療法を学ばれている。そのつながりから私に連絡を下さり、京都で出会うことになった。

 Facebookでのやりとりを続けていて昨日はひょんなことからスカイプで話したいということになった。まさに6年ぶりの出会いである。遠いイスラエルと日本が今ここで画面を通してお会いすることになる。まるでそこにおられるようだ。なんとも不思議な感覚である。

 話は、真宗と心理療法に関すること。両者の位置づけはどうなっているかという疑問である。「心理療法(特にPCA)人間に関心を持っている。一方親鸞の関心は阿弥陀仏の本願にある。そこにどういう出会いがあるか」というのがYさんの疑問だ。そう、ここが大事なところだ。私は真宗も個人を扱っているとかねがね思っているし、まさに、今ここに私の中に顕現している。イキイキと生きている。真宗は決して教義や思想として存在しているものではない。こんなことを私の例を通して話した。また、親鸞さんの書かれたものは一見教義について書かれているようであるが、そこには親鸞さんご自身の法に出遇われ、仏陀になることが定まった止めどもない喜び・悦びの表現でもある。歎異抄の「親鸞一人がためなりけり」という言葉を振り返り、お話をした。すごいことにYさんはこの一文を知っておられる。

 心理療法の目的である自らの体験過程に開かれることについて、本願に出遇うことについての話にも及び、本願に出遇うことは自らの体験過程に出会うことよりもさらに根本的なことであることも身振りを交えながら話した。

 なにかが交流した感じがした。

 その後は、奥様のO様にも久々に会い、お孫さん達も紹介していただいた。3人のとてもキュートな子ども達を見ることは本当に楽しかった。もちろん私の妻もそこに居合わせた。

 いやはや、とても不思議な瞬間。改めて不思議なご縁を思う。6年前に京都、美作の誕生寺を私たち夫婦と一緒に訪れた想い出が蘇ってきた。同時に、私の中に常に働いているお念仏の働きにも改めて思いをいたした。


2018年9月21日 (金)

念仏との出遇い-私の一大事

 30年ぐらい前になるかな。ある先生の本を読んだ時、「自分の人生で一番よかったことは、良き妻に出会った事とお念仏に出遇ったことだ」と書かれていました。この時、奥様に出会われてよかったことはわかるけれど、お念仏に出遇うことがそんなにすごいことなのか、もう一つよくわかりませんでした。えっ、「なんまんだぶつ」ってそんなにすごいことなの。ほんま?というような具合です。それが今ではとてもよくわからせていただきます。

  お念仏に出遇うということは、自己の極重悪人の姿(真理に暗い)をしっかりと見せてもらう事であり、同時に、その私に向かっている弥陀仏の本願力の尊さに本当に頭の下がることでありました。このあたりの心境を言葉で表すのはとてもむずかしいのですが、我が身に徹到する体験でした。もうとてつもなく身にあまるようなもったいないことなのです。とはいえ、決して神秘的な体験ではありません。が、理性だけでわかる体験でもありません。スッキリとああそういうことだったのかと道理が届くひるがえりの体験でした。ほんと言葉でいうのは難しいですが・・・。

  それ以来、いろいろ揺れたり不平不満を言う私ですけれど、終始一貫して泉の如く暖かい歓びが底に流れている自分を思います。我が身に向かう本願力の大きな働きにいつも振り返らせていただくのです。これからどんな形になるかわかりませんが、この生を終える時、ますますそれが輝くことも思わせていただきます。これは本当にそう思わせてもらうのです。すごいことです。

なもあみだぶつ

2018年9月 8日 (土)

PCAと仏道(聴聞)、その洞察・気づきの決定的な違い

 PCAも仏道(聴聞、つまり求道)も気づき、洞察の深まりという点では共通点があると書いたが、同時に、両者には決定的な違いがある。

 PCAの気づき、洞察は自己の内から浮かび上がってくるという特徴があるし、そこに焦点を置いている。つまり、内から外。だが、聴聞(求道)はそうではない。外から内へというプロセスを取る。釈尊の悟りから明らかになった真理を聞くということになる。それらは教法という形で私たちに与えられていて、経、経論そして人を通して出言してくる。これを聞きひらき、わが身に照らし合わせて、その姿を諦かに観るというプロセスを取る。

 といっても、外と内とはまったく別物ではない。与えられている教法は自らの姿をおいて他にはない。そのものである。ただ、私たちにはそれらを簡単に洞察できるほどの智慧はない。自分の中からでてくるものはあくまで分別の浅い知恵でしかない。だから見かけは外にあるように見える。そこを超えて真の自己洞察に至るには外に見える教法を訪ねていくことによって得られる。つまり、鏡が必要なわけである。そして、その洞察は超越、超える、転じるという姿を取る。真宗でいえば廻心である。これが仏道(聴聞、つまり求道)の大きな特徴である。

 なかなか言葉にするのは難しい。特にあの転じる瞬間の表現は難しい。

 とはいえ、PCAが外からの洞察をまったく考慮していないということはない。特に、「学習者中心教育」の探究がそうである。人の関心には内から外へ向かうという傾向がある。すべての人が本来的にもっている傾向である。知的好奇心がそのよい例である。そして、それがどんな心理的風土の時によりよく解放されるかについて探究されてきた。これは仏道求道の方からもとても有意義な探究であり、しっかりと関心を向ける必要がある。

関連ページ→PCAと仏道(特に真宗聴聞)との共通点

2018年8月25日 (土)

8月のD-pca研究会-自由に表現できるっていいな

 昨日、8月24日(金)は、京都にてD-pca研究会。

 西光義敞『入門真宗カウンセリング』札幌カウンセリング研究会の輪読を続ける。(五)「人身受け難し今すでに受く」を読み終え、(六)「南無阿弥陀仏」に入る。いよいよ佳境に入っていく。今回は、「六字釈」の項を読む。

 ここは、そこに参加しておられた方々のヤリトリが克明に掲載されていてとてもおもしろい。「南無阿弥陀仏とはどういう意味なのですか」という質問から始まり、先生はここでは参加されている方々に発言を振り、耳を傾けられる。親鸞聖人の六字釈をめぐって幾人かの味わいが紹介されていく。味わいが1人1人で違うのがおもしろい。ここのヤリトリは自由で本当におもしろい。こういう法座がもっとあったらいいなと本当に思う。

 その後は、自由なヤリトリをする。「聴聞とは何ですか」というこの原点を突いた質問がうれしかった。これまたそれぞれが自分が「聴聞」をどう受け取っているかが話されていき、質問された方も驚きも含め、新鮮な感じがなされたことと推察する。「楽しかった」ですという言葉もうれしかった。

 やはり、心おきなく自由に表現出来、それを聴き合う。こんな場はとても大事だし、これが起きている研究会はいいなと思った次第である。

 次回は、来月9月28日(金)1時から4時まで。
場所等は、このリンクを参照して下さい。

 この後の項では、先生は念仏のおいわれについて仏道の原点にもどして「行」のところから克明に説明されていきます。次回が楽しみです。


(写真は先日ドライブした大山桝水高原から見た米子方面日本海の風景)

39389219_10156804321587160_312352_2



2018年5月28日 (月)

5月のD-pca研究会-人身受け難し、今すでに受く-

 

 京都にてD-pca研究会。西光義敞『入門 真宗カウンセリング』を輪読。第5章「人身(にんじん)受け難し今すでに受く、仏法聞き難し今すでに聞く」より「爪上の喩え」、「盲亀浮木の喩え」を読む。自由なやりとりが進む。


 人間に生まれることが如何に「有り」「難い」か。人間に生まれてこそ仏法が聞ける。そして、さらに、その仏法を聞くことが如何に「有り」「難い」か。そうして、今、ここにそのチャンスに出遇っている。その喜びを確認しあおう。

 ついつい、当然のこととして疎かにしてしまいます。また、如何にこの教えが受け取り難いか。

 ともかく忌憚なくいろんな思いや気持ちが出せる。時には激しくなります。ですが、これがこの研究会のいいところだなと改めて思いました。

 海外から来られた方が熱心に撮っておられたので、ついついつられてめったに撮らない京都タワーの写真を撮ってしまいました。やっぱりこれはこれで美しいのかなあ。



Kyototower_7

    


2017年5月22日 (月)

D-pcaの集い企画中

 真宗と人間中心のアプローチと交流から生まれてくる集い、「D-pcaの集い」を企画し始めています。どのようにこの集いを表現し、何をねらいとするか・・・。言葉で表現するのは難しいです。とはいえ、そうしてみてはじめて動いていけるものとも思います。「真宗聴聞の集い」なのか「出会いグループ」の集いなのか、はたまた、それらを複合した集いなのか・・。もちろん複合には違いはないのですが、どう複合されるのか。表現の難しいところです。

 ひとまず、それに最も近いと思われる真宗カウンセリング研究会が主催されていた「聞法の集い」の西光義敞先生の表現を当たってみました。「真宗カウンセリング研究会1996年度活動プログラム」より引用します。

***************************
 この集いは、「人」と「自己」と「法」との、新たな出合いを求めて企画されるものです。「聞法」は「もんぼう」と読み、「真実を聞く」ということですが、真実は「念仏」に集約される教法として、私たちに与えられています。直接的な人格的交流を通して、教法の心をたずねあい、個を超えた普遍的な真実を求めあっていきます。
 一方的な説教を聞いて、仏教の知的理解を深めるだけのものでもなく、また、話し合いを通して、人間的な感情交流を深めるというたげのものでもありません。そういう意味で、従来の説教法座の枠を破るとともに、心理学的な「出会いグループ」の性格を超える集いをめざしています。

***************************:

 「人格的交流を通して教法の心をたずね」あう、「説教法座の枠を超えた」、「心理学的な出会いグループの性格を超える」あたりが鍵ですね。

 D-pcaの集いは、今生事の心理・社会的な問題も扱うので、そういう意味では、「聞法の集い」をも超えるものになるのかも知れません。となると・・・・。ますます広くなっちゃう。ま、ともかく実践してみることも肝要。

  次はマズローの三角形の参照かな。

2014年12月 1日 (月)

11月のD-pca研究会

 今回は、「D-pcaの人間観」について話しました。以前も研究会では報告していますが、改めて思うことがあり、味わってみることにしました。

 仏教を中心とする東洋思想では、「心身一如」といいます。心と体が密接に関連しあっているという捉え方であり、事実であります。また、仏教では、「身土不二」といいます。自分と自分を取り巻いている環境とは不可分で密接に関連しあっているという捉え方だと理解して良いと思います。仏教では、「世界」と呼びます。親鸞さんの有名な言葉に、「煩悩具足の凡夫、火宅無常の世界は、よろづのこと、みなもってそらごとたはごと、まことあることなきに、ただ念仏のみぞまことにておわします」とありますが、ここでは、凡夫(人)と世界(環境)の双方について言及されているわけです。

 この考え方がカウンセリング/セラピーにも生かせるのではないかと思うわけです。これについては、ソーシャルワークがこの考え方を取り入れ、理論と実践を発展させてきたのではないかと思われます。(詳細は、長くなるのでここでは割愛させていただきます)。

 結論を言いますと、まず、人には「生理的側面(体)」、「情動的側面(感情)」、「行動的側面」、「認知的側面」の4つの側面があり、それがまた他の人とつながっていくという「社会的側面」があります。これらが相互に関連しあって生きているという捉え方です。さらに、これは、個を超えてつながっていく「超個的側面」に深まっていくと思います。これを1つの言葉で言えば、「全体としての人間」ということになります。

 (図をここにあげておきます。クリックしていただくと拡大画面が出ます。)
Personwhole_2

 これらについて、「不登校という問題を持つ子ども」の面接事例をあげながら話しました。学校に行けない原因は、朝になって体調不良になり、それが苦しくて行けないというところにあります。これは、「身体化」というのですが、これが家族関係(「社会的側面」)と密接に関わりあっています。詳細は、次のブログを参照していただきたいと思います。ここに焦点を当てて、家族を単位とした面接を行っていきますと、子どもの体調不良が良くなっていくという事実があります。これは、目下私が関心をもって取り組んでいる事であります。

 とはいえ、仏教ではさらに、これを深め、人も環境も1つの如く、つながっていて、双方とも「そらごと、たわごと」、「迷い」の世界であり、仏法に出遇ってそれに気づき、そこから脱却するという道をさらに深く指し示しています。ここをも深めて「もっとも深い意味での全体としての人間」と言いたいわけです。

 このようなことについて話をしました。話をしながら、自由に質問して下さるし、その後の話し合いも大変活発で、私もそこからいろいろ触発されました。とても有意義な時間でありました。参加して下さった方に感謝いたします。

 次回は、12月26日(金)です。詳細は、ここをご覧下さい。


2013年3月26日 (火)

先週の動き-仏教(真宗)とパーソンセンタード・アプローチ

 先週の動きを少し。カウンセリングの他に、

 月曜日(3月18日)は、万行寺公開法座。大阪津村別院で行われた。久しぶりの出席であった。来年度に向けて、思いを新たにした。4月からは、少し予定が変わったので出席しやすくなった。西光義敞先生の『入門 真宗カウンセリング』札幌カウンセリング研究会編を輪読していくことになっている。楽しみである。

 金曜日(3月22日)は、午後から京都でD-pca研究会。フェンスワークスで報告した「仏教とパーソンセンタード・アプローチ」について話す。仏教(特に真宗)とパーソンセンタード・アプローチが私の中でどう交流しているか。それは、「自燈明・法燈明」の心境を表しているように思う。「念仏者は無碍の一道を歩く」、「天上天下、唯我独尊」という心境とも一致するように思う。また、両者が交流することで生まれるD-pcaの人間観についても言及した。「心身一如」、「身土不二」がそれを表している。

 と、このような一週間。大阪、京都を往復し、ちょっと疲れたが充実した一週間であった。

Dscn3573

(兵庫県相生市万葉岬の椿)



2013年3月11日 (月)

本当に楽しい時間でした-ワークショップ終了

 ワークショップ(3月3日)が終了しました。力が抜けたような感じです。熱心に聞いて下さってありがとう。ほんとうに貴重な時間でした。

 何せ2つとも大きなテーマですから、私が話す時間が長かったです。けれども、それは決して一方通行の感じではなく、お互いの居所を確かめながらのこと だったので、不思議な一体感があったように思いました。お互いいろんなことを発想しあったり、刺激を受けたり、エネルギーが満ちあふれていたように思いま した。

 長時間でしたが、本当に楽しかった。呼んでいただいてありがとうございました。今後にもつながっていく感じでうれしい限りです。

 今後ともよろしくお願いいたします。

ワークショップに出かけます

 今は、午前の3時半。昨晩、早く寝て、目が醒めた。今日は、大阪でワークショップ。フェンスワーク主催で招待いただいた。いろんな人達と会えそうで楽しみ。そして、自分を振り返り、新たな刺激を得る貴重な機会だ。楽しんでこようと思う。

前記事 

仏教とパーソンセンタード・アプローチ-ワークショップの案内-
http://chodr.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-2b88.html

136224887375113120194_dscn3461
            (ニューヨーク、メトロポリタン歌劇場にて)