ひとりごと

2018年1月12日 (金)

2017年後半の様子-海外旅行

 それにしても昨年9月以来のブログになるのか。この間にも確かにいろんな事があった。大きなことは、10月末から11月はじめにかけて、モスクワ、パリ、フランス郊外、ポルトガルを旅したことだ。ただし、ブエノスアイレスまで行き、地球一周計画をしていたのだが、それは残念ながら達成出来なかった。

 モスクワでは、友人ベニアに招待していただき、彼の勤める大学でワークショップをした。海外でのデモンストレーションという新しい試みも行った。その後は、友人ラダさんにモスクワ市内を案内していただいた。トレチャコフ美術館訪問、チャイコフスキー記念ホールでのコンサート。ツァリツナ公園散策。カロメンスカヤ公園散策。クレムリン訪問ととても楽しかった。地下鉄を使って移動したのもよい経験になった。もちろん車での移動もあり、モスクワの町の様子が見られたのも貴重な経験であった。さらに、ベニアの住むアパートを自由に使わせていただいたこともモスクワ在住気分が味わえてよかった。近くのスーパーマーケットに行くのが楽しかった。言葉や文字が通じなくても何とかなるものだ。モスクワは、前回訪問したときよりも町全体が落ち着いた、バランスが取れた印象を受けた。

 その後は、パリに移動。セーヌ川をはさんでルーブル美術館の真ん前というホテルに泊まることが出来た。パリ情緒満点のところである。残念ながらルーブル美術館は休館日で中には入れなかった。その分、セーヌ川沿いを存分に散策出来たのはよかった。エッフェル塔、凱旋門、コンコルド広場をそぞろ歩いた。その後、鉄道でサンタモンロンまで移動。
ここは、東西南北、まさにフランスの中心部に当たるところだ。ここでデイビッド・ブレイジャーさんにお会いした。そこに3泊させていただいた。7年ぶりのことである。一時大病をされたが回復され、精力的に著述活動やワークショップを行われている様子であった。ほんと自然豊かな田舎。ここで、エコロジカルな生活をされているのが印象的であった。

 その次は、ポルトガル。リスボン在住の友人の家に泊まらせていただいた。リスボンの美しさにはほんと魅了された。その後、ポルトガル南端まで車で案内していただいた。ヨーロッパ最南西端に行くことが出来た。ここは大西洋と地中海の境のところ。ほんとうに美しい光景だった。

 と、こうして楽しい旅をさせていただいたのだが、その後、とんでもないことが。市電に乗ってリスボン旧市街のお城見学をさせていただいたとき、なんと鞄からパスポートを盗まれてしまった。ほんといまでもこれは信じられない。でも、本当にそれはなかった。急遽警察に届け、日本大使館に行く。再発行も出来なくはないが、戸籍抄本がいるために時間がない。帰国を決めた。そのための渡航書を発行してもらった。お金はまったくぶじだったのだが、パスポートがないとほんとなんにも出来ないことを改めて痛感した。

 ポルトガルの後にはブエノスアイレスで開催される国際パーソンセンタードアプローチフォーラムに参加することになっていたのだが、それらは全部フイになってしまった。これをとても楽しみにしていたのにほんとこれはとても残念で口惜しかった。

 とまあ、こんな旅行。モスクワ、フランス、ポルトガルだけの訪問でもほんと大旅行だったし、よい体験をさせてもらったのには違いない。地球一回り案まで達成すると出来過ぎなのかも知れない。これを教訓にまた次へと歩みたいと思っている。 

 ということで、2017年は終了した。うれしいことに体調はいい。今年は、どんな展開になるやらこれまた楽しみなことではある。おそらく国内が中心になることと思う。 

2017年6月27日 (火)

東京を楽しむ

 翌日、日曜日(25日)は、東京で休憩を楽しみました。かねてから行きたかったHonda本社にある、ホンダ・ウェルカム・プラザを訪れました。

 ちょうど、今までのF1マシンの展示が行われていました。また、NSXも実際に見ることが出来ました。Hondaのチャレンジは私たちを楽しくさせてくれます。また、ロボットAsimo君のデモもあり、楽しかった。これも実演を見たかったので丁度よかった。結構動きに愛嬌のあるロボットですね。

 うまい具合に、東京に住んでいる息子とも話が出来、よい時間でした。それにしても東京の人の多さ、鉄道路線の複雑さに改めて驚きました。

Dscn0460_800x600


Dscn0463_800x600


Dscn0469_800x600

Dscn0480_800x600




2014年9月25日 (木)

確かに少しずつ元気が出てきました。よろしくお願いいたします。

 Facebookには投稿し続けているのだが、ここは、なんと1年半ぶりの投稿。確かにいろんな事があった。

 1つは、いくつかの国際的なフォーラムに参加したことである。まずは、昨年5月にブラジル、フォルタレザで開かれた国際PCAフォーラムに参加したこと、次は、その7月にメキシコ、チワワで開かれたWAEH(国際折衷的催眠療法家協会)のカンファレンスに講師として参加したこと。そして、今年1月にはアメリカ、ラ・ホイヤで開かれたCenter for Studies of the Personのカンファレンスに参加したこと。さらに、この7月には、メキシコ、マサトランで開かれた同じくWAEHのカンファレンスに講師として参加し、その後、アルゼンチン、ブエノス・アイレスで開かれたWAPCEPC(国際パーソンセンタード・セラピ-、体験過程療法、パーソンセンタード・アプローチ学会)に参加した。

 一貫して、「D-pca:仏法を基底にした人間中心のアプローチ」をテーマに報告し続けてきた。どのセッションも熱心に聴いて下さったことがとても印象に残っている。感慨無量である。


 もちろん、今まで通り、美作大学での講義は続いているし、カウンセリング、ワイガヤの集いの実践も続いている。もっともこれは少し縮小させていただいたが・・。そういう意味ではよくやってきたなと改めて思う。


 そして、このことはやはり大きかった。一昨年に極めて初期ではあるが前立腺にガンがあることが見つかり、その治療を続けて来たことがある。しばらく、ホルモン療法を行い、昨年は、粒子線療法を受けることになった。無事に終了したようで、今は経過観察になっている。今のところまずは順調なようである。このことは、やはり大きかったなと今では思う。ごく初期であるとはいえ、やはり病気が病気で、気の重い年月ではあった。ホルモン療法は、気分にムラが出来、悲観的になったりした。センター活動を縮小したのはこれに依る。今は、この療法は終わっているので、少しずつこの状態から回復してきているのを実感する。力が湧いてきている感じだ。


 ということで、これから少しずつ活動を再開していきたいと思っている。いくつかのプランを立てているので公表していきたいと思っている。まずは、センター名に、「仏法を基底にした人間中心のアプローチ(D-pca)」を付けて、その内容をより明らかにすることにしました。

 どうか、よろしくお願いいたします。


2013年4月 8日 (月)

明日から新学期の講義が始まる。

 今日は、ぽかぽかいい天気。パソコンの前でこれからのことに思いをめぐらせている。国際フォーラムやメキシコでのカンファレンス、そして人間性心理学会大会などで報告する原稿を書く必要がある。どれも関連している。のんびりはしていられないのだが・・・。

 明日からは大学の授業が始まる。美作大学では、担当科目は、児童学科の児童家庭福祉、社会福祉援助技術、福祉のまちづくり学科の演習、卒業研究である。そして、津山東高校看護専攻科では、社会福祉概論を担当する。

 児童家庭福祉は、久々に担当する科目。「子どもとそれを取り巻く環境(社会)とその相互作用」をテーマにしたいと思っている。子どもは単独では生活していない。家族の中で育まれていく。そして、その家族は、社会・経済という大きな環境の中で生きている。環境から影響を受けながら、それに主体的に働きかけて行く。そんな存在だ。家族をサポートし、子どもを育むような環境作り。その中で子どもはどう育っていくのか。そのようなことについて取り上げていこうと思っている。私が今まで取り組んできたことそのものである。

 社会福祉概論は、簡単なようで結構むずかしい。社会福祉とは何かというと答えを出すのは案外むずかしい。これについて取り組むのがこの科目であると捉えている。

どんな出会いがあるのか・・・。楽しみ多く、しかし、不安もちょっぴりといった心境である。


2013年3月26日 (火)

先週の動き-仏教(真宗)とパーソンセンタード・アプローチ

 先週の動きを少し。カウンセリングの他に、

 月曜日(3月18日)は、万行寺公開法座。大阪津村別院で行われた。久しぶりの出席であった。来年度に向けて、思いを新たにした。4月からは、少し予定が変わったので出席しやすくなった。西光義敞先生の『入門 真宗カウンセリング』札幌カウンセリング研究会編を輪読していくことになっている。楽しみである。

 金曜日(3月22日)は、午後から京都でD-pca研究会。フェンスワークスで報告した「仏教とパーソンセンタード・アプローチ」について話す。仏教(特に真宗)とパーソンセンタード・アプローチが私の中でどう交流しているか。それは、「自燈明・法燈明」の心境を表しているように思う。「念仏者は無碍の一道を歩く」、「天上天下、唯我独尊」という心境とも一致するように思う。また、両者が交流することで生まれるD-pcaの人間観についても言及した。「心身一如」、「身土不二」がそれを表している。

 と、このような一週間。大阪、京都を往復し、ちょっと疲れたが充実した一週間であった。

Dscn3573

(兵庫県相生市万葉岬の椿)



2013年3月13日 (水)

今の私の流れ-「個人・家族での育ち合いの場」へ

 このところいわゆる「カウンセリング面談」が増え始めている。

 大学の仕事からこちらに活動がシフトしていくようである。きっとこれからも増えていくだろう。ワークショップも増えるかもしれない。私としても本望。グループというより、個人、家族とのカウンセリング面談にこだわってみようと思い始めている。

 思えば、そんな場って意外と少ないんですよね。また、その場についても知られていないんですよね。

 今の私に流れているこの流れに沿っていきたいなと思っている。これからが楽しみ。 

 それと、もう一つ。カウンセリングという言葉がどうも私にはしっくり来ない感じになってきてもいる。「個人、家族での育ち合いの場」とでも呼んで行きたい。


Dscn3294

(ニューヨーク、セントラルパークにて)





 

2013年3月11日 (月)

本当に楽しい時間でした-ワークショップ終了

 ワークショップ(3月3日)が終了しました。力が抜けたような感じです。熱心に聞いて下さってありがとう。ほんとうに貴重な時間でした。

 何せ2つとも大きなテーマですから、私が話す時間が長かったです。けれども、それは決して一方通行の感じではなく、お互いの居所を確かめながらのこと だったので、不思議な一体感があったように思いました。お互いいろんなことを発想しあったり、刺激を受けたり、エネルギーが満ちあふれていたように思いま した。

 長時間でしたが、本当に楽しかった。呼んでいただいてありがとうございました。今後にもつながっていく感じでうれしい限りです。

 今後ともよろしくお願いいたします。

ワークショップに出かけます

 今は、午前の3時半。昨晩、早く寝て、目が醒めた。今日は、大阪でワークショップ。フェンスワーク主催で招待いただいた。いろんな人達と会えそうで楽しみ。そして、自分を振り返り、新たな刺激を得る貴重な機会だ。楽しんでこようと思う。

前記事 

仏教とパーソンセンタード・アプローチ-ワークショップの案内-
http://chodr.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-2b88.html

136224887375113120194_dscn3461
            (ニューヨーク、メトロポリタン歌劇場にて)

 

2013年3月 1日 (金)

リッチな時間-ワークショップの準備

 昨日、今日と、日曜日に行われるワークショップの準備をしていました。テーマは、「仏教とパーソンセンタード・アプローチ」。出来上がりました。

 まさに、教えることは学ぶこと、自信教人信。新しい気づきを得たり・・・。すごくリッチな時間でした
っぱりこれは私のライフワークになりました。そのような思いを新たにしました。

 このような機会を下さってありがとうございます。

 ここを見て下さい。 フェンスワークス



2013年2月25日 (月)

無事に帰りました

 2月22日に無事に帰ってきています。家族一同元気にしています。ニューヨーク、ボストンとまわってきました。ボストンでは友人宅に泊まらせてもらい交流を新たにしました。楽しかった。不思議なものでひとつの節目になったように思います。

 今日から本格的に仕事再開。カウンセリング活動に絞ってよりしっかりと仕事を展開していきます。



Dscn3341_2

より以前の記事一覧