リンク

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

ひとりごと

2019年1月21日 (月)

休憩

 先週、土(19日)、日(20日)はゆっくりと休むことにした。とても疲れている自分を発見してとても驚いた。思えば、先の報恩講で夜遅くまで話、ワイガヤ、D-pca研究会と続いて疲れがたまっていたのであろう。どれもこれも熱中して結構エネルギーを使ったから。パソコンの前にも座らずボーッとしていた。軽く近辺のドライブにも行った。土曜日は天気がよく、よい休憩が出来た。写真は、道の駅「みつ」から見た瀬戸内海の写真。美しい。

続きを読む "休憩" »

2019年1月 9日 (水)

「朝比奈隆の肖像」-大器晩成-

 昨晩見たこの「朝比奈隆の肖像」という動画にずいぶん心を動かされた。氏は93歳まで生きられたから、まさに明治、大正、昭和、平成の日本を生きられた方だ。戦前の映像もとても興味深かった。亡くなる直前まで現役で精力的に指揮をなされていた。典型的な大器晩成型の人だ。

続きを読む "「朝比奈隆の肖像」-大器晩成-" »

2019年1月 7日 (月)

今年もよろしくお願いします

 正月休みも終わり、私も今日から仕事が始まった雰囲気である。このお正月は家族と共にゆっくりさせていただいた感じだ。息子も帰ってきて楽しい一時であった。

続きを読む "今年もよろしくお願いします" »

2018年12月26日 (水)

休日気分になってきました。

 いよいよ暮れも押し詰まって来ました。そして、新年。ということでちょっと休憩気分。

2018年12月24日 (月)

Happy December!

 12月は、キリスト教徒-クリスマス、ユダヤ教徒-ハヌッカだけでなく、仏教徒にとっても大事な頃ですね。お釈迦様のお悟りの日-成道会。親鸞様の祥月命日-報恩講。暦は違うようですがイスラム教もこの時期のようです。不思議です。

 南無阿弥陀仏。

48417223_10157117081762160_83156526


2018年12月 4日 (火)

忠臣蔵-ここ2週間のマイブーム-

 ちょっと話題は変わって忠臣蔵の話。ひょんなことから赤穂図書館に置いてある「最後の忠臣蔵」のTVドラマ版を見たことがきっかけで興味を持った。よく考えたら「忠臣蔵なんて・・・・。」という思いがあって今まで見たこともなかった。「最後の忠臣蔵」は討ち入りが終わり、内蔵助からの命を受けて生き残った2人を焦点にあてたドラマで本筋ではない。その忠臣蔵を見たくなった。
 

続きを読む "忠臣蔵-ここ2週間のマイブーム-" »

2018年10月22日 (月)

モスクワ滞在最終日(10月10日)-生活の様子。心に残ったこと。

 いよいよ最終日。フライトは5時半なのでゆったりと出来た。

 ベニアの家で昼食をとり乾杯した後、空港へ。地下鉄ドモジェドボ駅から空港行きのバスがある。そこまで送っていただいた。駅まではバスの方が便利なのでそれで行く。空港行きのバスは86ルーブル。日本円にしたらなんと180円ぐらいだ。空港行きバスはどの国でも大抵高いのだがモスクワではこの料金だというのを知って欲しかったという。鉄道で行くと高い。確かにモスクワのバスは沢山の路線があり身近な足になっている。子どもの頃、大阪にあったトロリー・バス(架線から電気をとって走るバス)があるのも懐かしい。大きな国際空港は、シェラメチェボとドモジェドボ。前者の方が大きいが、後者も結構大きい。JALで直通で成田へ。しばしさようならモスクワ。また来たい。

Dscn2838_800x600
 

続きを読む "モスクワ滞在最終日(10月10日)-生活の様子。心に残ったこと。" »

モスクワ観光、その3(10月9日)-日本画展、プチひとり旅

 いよいよモスクワ滞在も大詰め。

 ラダさんの案内でプーシキン美術館に行く。ちょうど江戸時代絵画展をしていた。浮世絵を中心とした版画が展示されていた。東京国立博物館、千葉市立博物館からの出展である。今年2018年は両政府による日本年に当たるらしい。カンファレンスで歌舞伎を見に行ったという人とあったりした。日本語が話せる若い人たち、日本食レストラン、今回の展示と日本-モスクワ接点旅行となったのも今回のおもしろいところだ。

43515929_2260014187373704_460224925



続きを読む "モスクワ観光、その3(10月9日)-日本画展、プチひとり旅" »

モスクワ観光、その2(10月8日)-博物館、ワシリー大聖堂

 次の日月曜日は、ラダさんの案内で広場内の国立歴史博物館とワシリー大聖堂の内部を訪れる。モスクワ訪問はこれで3回目になり、その都度広場を訪れているが中に入るのはこれが初めてである。


Dscn2793_800x600

続きを読む "モスクワ観光、その2(10月8日)-博物館、ワシリー大聖堂" »

モスクワ観光、その1(10月7日)-コンサート

  カンファレンスが終わり、後半は友人達に案内していただいてモスクワ市内観光。

 10月7日(日曜日)。コンサートに出かける。友人の招待。ボリショイ劇場内にベートーヴェン・ホールという小劇場があってそこでのオーケストラ・コンサート。プログラムはハイドン特集。ハイドンのユーモラスなエピソードを語りを交えて代表曲と共に綴るという趣向。当劇場の語り手が表情たっぷりに語りを展開する。もちろんロシア語はわからないのだがハイドンがユーモラスな人であったと知っているのでなんとなくその内容は想像出来た。これまたロシア語の表情がおもしろい。後で、友人に聞いたところ「驚愕」交響曲のエピソードなどそうだった。さらに知らなかったのは肖像画のこと。ハイドンの顔はどうもあんなようではなく無愛想だったようである。そこで興行師サロモンが一計を案じてドイツ美人を連れてきた。するとハイドンの表情は打って変わってにこやかになったそう。音楽室によく飾られているハイドンの肖像はその時のものだそうである。ちなみにロシア語ではハイドンのことをガイドンと呼ぶ。最初誰のことかわからなくておかしかった。


43756455_10156942287152160_692918_7

続きを読む "モスクワ観光、その1(10月7日)-コンサート" »

より以前の記事一覧