リンク

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

旅行

2011年8月28日 (日)

日本にいながら心は世界をかけめぐる。この面白さ。

 なんと8月もいよいよ終わり。残暑お見舞い申し上げますとはいうもののそんなに暑くない日々が続いているような気がする。もちろん夏だからそれなりに暑いけれど・・・。気象庁はともかく暑いことを強調したがるけれどよくよく考えてみると今年ってそんなに暑くなかったような気がする。これからどうなっていくのやら・・。

 このひと月は何をしていたのだろう。なんか気持ち的には忙しかったような気がしている。ちょっとメモ的に書いておこう。

1.メキシコ、プレペチャに関心を持ち、私なりに動いてみたこと。
 大阪国立民族学博物館を訪れてみた。プレペチャ語に関する情報は本当になかった。逆にないことがわかったってことか。

 コーナーにある世界民族事典を見てみると、プレペチャ語は孤立言語に分類されていることがわかった。メキシコ内先住民言語だけでなく、北米先住民間にも関連が見つからない言語だという。うーん。何を意味するのかな。ともかく現在の位置づけはよくわかった。ちなみに日本語も孤立言語に分類されている。これは本当に孤立しているのか言語学のパラダイムが違っていて見えないのかどちらなのだろう。梅原氏によると最近になってアイヌ語と日本語は関連言語だという説が出始めているそうだ。今までは違う言語だという認識だったのに・・・。ともかく彼の地の探求は日本ではあまりされていないことがわかってきた。

 逆に、北米を含む先住民とアジア系の民族との間にはすごく関連性があり、彼らはアジアから渡っていったという説はひとつの定説になっていることもわかった。やはり、ここには何とも言えないミステリーが隠されているような気がして仕方がない。心は躍る。

 同時に、いくつかの単行本をあたっているが私の関心に的が当たるものは見つからない。一つ、論文で京都外大の川本氏がプレペチャ語について研究されたものが出ている。今、それを取り寄せているがまだ届いていない。ともかく、まずはこの論文が重要論文になりそうである。


2.Facebookはおもしろい。フォーラムで知り合った人達と、離れてからもほんとリアルタイムに近い状態でヤリトリできる。メキシコ、ロシア、アメリカ、マレーシヤ、イギリス、ドイツ、フランス、インド、ネパール・・・・と結構多岐に渡っていて、写真も見られるから居ながらにしてリアルに世界旅行をしているようでおもしろくて仕方がない。インターネットの中にリアルな世界があり、動いているそんな感覚で大変不思議な感じだ。

 時には、マスコミより先に情報が入ることもある。気候のことやこの前のイギリスのテロのことでもリアルに生々しい情報が入る。これはすごい。一人悦に入っている。地理的な近さと関わりの頻繁さとがまったく一致しない状態はなんとも不思議でおもしろい世界である。


3.高知の桂浜を訪れた。前々から行ってみたかったので夏休みの思い出にと日帰りでドライブ。3時間半ほどで行けるのでびっくり。坂本龍馬に思いをいたし、日本の近代化に思いをいたす。太平洋はやはり広いな。でも、北米西海岸とはハッキリ違って海辺の様子はやはり日本。日本にはほんと特徴的な絵のような美しい景色があるなと改めて思う。


4.センターの仕事。
 8月は少し減速。個人カウンセリングやワークショップなど時に応じて続けている。こうやって仕事が続けられのは宝物を持っているようなものでただただ感謝である。


そんなところかな。こうやって生活は続いていく。ともかく元気にやらせていただいている。

 

DSCN1463(桂浜、曇りだったがそれもまた好し) 

 

2011年8月 3日 (水)

充実した感じの良い時間

 先週、長きに渡った感のある前期の授業が無事に終わり、ホッとしているところである。今は、今後の活動のことを考えたり、メキシコでのことを考えたり、ちょっとゆるやかな時間を持たせてもらっている。それにしてもこの前期は強行軍であった。イギリス、メキシコと2回の海外カンファレンスがあった。その合間を縫って補講をこなし、センター活動もそれなりにこなすこととなった。幸い、2度のカンファレンスは自分の仕事について話すといった思い切った仕事が出来た。どれも反響があったように思うがどちらにしろこのようなことが出来たことを喜びたいと思っている。自分の仕事について振り返る良い機会になったし、今後の動きについてもかなり明確になった来たように思う。今後もこの線で自分の道を歩んでいきたいと思っている。

 それにしてもかなり変則的な授業にも関わらず付いてきてくれた学生に感謝している。彼らとの関わりも今の私には大変貴重なものである。当然、家をあけさせてくれた家族にも感謝である。

 この8月、9月は後半の仕事の構想を練ることに時間を使いたい。「育ち合う場を体験する集い」の企画も練り直し、広報にも力を入れていきたい。また、ここしばらくの懸念であった英語名について確定したいと思っている。

 また、今回のメキシコ旅行で起きた副産物にも目を向けて見たい。ミチョアカン州のブレペチャ文化と日本とがほんとによく似ている感じがするのだ。直観的にほんと響くものがあるのだ。恐らく、我々の基底になっている縄文時代にさかのぼると両者が交流していたとますます思うのである。もちろんあくまで私の直観だけれど・・・。そんなことについてすこしずつでも良いから調べていきたいと思い始めている。今後の人生の楽しみにしていきたい。まず手始めに大阪国際民族学博物館を訪ねてみようと思う。また、いくつかの論文にも当たってみたいと思っている。

 ところで、そのプレペチャの音楽を紹介したいと思う。日本のお囃子に似ているのでほんとびっくりしたのだ。 

ねっ、よく似ているでしょう。

 

 

2011年7月17日 (日)

深く心に残るモレリア、ミチョアカン、メキシコ

 12日(火)に無事に日本に帰っている。帰ってから早速土曜日まで授業の連続。一通り終えて、今日は日曜日でホッとしている。結構疲れている自分にびっくり。悪い疲れじゃない。何か大仕事を終えたような疲れだ。

 前記事を書いた次の日。3時間のワークショップだった。「四苦八苦」や「浄土教」のことなどいきなり核心にストレートに迫ったため、参加して下さった方は戸惑われたようだった。疑問も一杯出てきて・・・。自分でもよくこんなことやったなと思った。ともかく疑問には言葉を選んで丁寧に接した。深く考えさせられることもしばしばだった。休憩のあと次第に理解が深まっていき、最後にはそれぞれの気づきが深まっていったようであった。やれやれ、ホッとした。充実感のあったワークショップであった。

 次回も呼んでもらうことになった。その時は、面接のデモンストレーションなどをしてみようと思う。自分にとっては当たり前になっているのだけれど、他の先生達のヤリトリを見ていると、私のような面接をやっている人はほんと珍しいのではないかとも思えてきたのだ。ほんと何も付け加えない面接。もっとも単純な面接。しかし、生かされる力に無駄なくのっかっていく面接。

 とにもかくにもこんなすごい機会を与えてくれた、ルピタ・メディナに感謝。昨年ロシアであったのがきっかけ・・。モレリアからそこに来ていたすべての人達にも会えた。不思議な縁だ。

 副産物もある。かねてからメキシコのとある地方で日本語によく似た響きの言葉を話しているところがあると聞いていた。それがこのモレリア近くのパツクアロというところだったのだ。パツクアロ湖の中にハニッツィオ島という島があり、ここに先住民のプレペチャ人が住んでいるところがある。そこを訪れることが出来た。島の子ども達はお金お金と集まってきたのだが、その言葉を話してもらうことが出来た。聞いていて理解できるところはなかったけれど、響きは日本語に確かによく似ている。メンタリティもよく似ているように思う。どこか心の奥のところで通じ合う感覚があるのだ。大変興味深かった。今後、仕事の合間にこのことについて調べていってみようかと思い始めている。

 最後に、心細かな配慮で地元の街や村などを案内してくれたタリアに大変感謝している。言葉では表し尽くせない。ほんとメキシコの人達の心遣いは細やか。奥ゆかしいところもあったりしてどこか心に響く感じがした。ありがとうございました。また新しい出会いが始まる。

DSCN1070 
(モレリアのシンボル、カテドラル) 

DSCN1168 
(パツクアロ湖内にあるハニッツィォ島から見た風景)

 

 

2011年7月 8日 (金)

モレリア、メキシコ!!

一昨日、モレリアに無事に着きました。ETNに乗って4時間程の旅でした。ボルボ製で、大きなシートがあり、リクライニングも出来て乗り心地の良いバス。知らない国の緊張はあるけれど、ほとんど疲れを感じませんでした。メキシコはバスの国。まるで空港みたいなモレリア・ステーションには驚きました。最初、ああここに空港があるんだと思ったもの・・・。メキシコシティのターミナルまで送ってくれて切符の予約など援助してくれたアルベルトに感謝。駅ではルピタが迎えに来てくれた。ほっと一安心。このつながりは宝ものです。

昨日は、初日。200人ぐらいの参加。各国からの招待講師の一人としてみんなに紹介してもらって恐縮でした。と同時にすごく感激してしまいました。しばらくして私の話す番が回ってきました。明日に3時間のワークショップがあるので今回は自己開示に焦点を当てて話ました。なんか楽しくて興奮して話したような気がします。結果は上々。好評でした。聞いてくれた人たちもうれしかったみたいで後で話しかけてくれたり、若い学生さん達から一緒に写真をって下さいと頼まれたり、結構反響があったので大変驚きました。

各国からこられた重鎮に混じって話すのですごく緊張しましたがこれですっかり緊張がほぐれました。今は、ホテルの自分の部屋。午後からのワークショップに備えて内容の検討が終わったところ。よしこれで行くぞ。

 

2011年7月 5日 (火)

メキシコ・シティにいます。

 今、メキシコ・シティの友人宅に泊めてもらっています。元気にしています。朝の4時です。

 昨日は1日ゆっくりしていました。時差でともかく眠くてうつらうつら寝てばかりいました。少しずつ慣れてきています。

 友人にTacosレストランに連れて行ってもらいました。辛いのがTacosじゃない。新鮮で自然な感じ。すごく心に染みる味でした。そもそもいろんな種類があるし、いろんなものを組み合わせて自分の味が作れるし、すごく奥が深い。Tacosのこと知られていないなと思いました。そして、テキーラ。ほかほかと心温まる不思議なお酒です。なんだかいい気分。

今日(5日、火曜日)、カンファレンスが行われるモレリアに向けて出発します。とても美しいところらしい。またまた新しい出会いが始まります。

2011年5月21日 (土)

無事に帰りました

 18日(水)に無事に戻ってきた。まずは報告まで・・・。

 順調な旅だったがいろんな人に会って、考え方やアプローチの違いにもふれて結構疲れたのは事実。それにしてもヨーロッパの人って活動的。「動く」文化だなと改めて思った。それに引き替えこちらは「静」の文化かなと痛感する。もちろん比較の話しだけれど・・・。これは音楽の違いにもよく現れている。ヨーロッパ音楽はとにかく動的で激しい。日本の音楽はこころがどんどん落ち着いていく。

 そのこちらの目から見るとアクションにこうもこだわるのかと改めて驚いた次第である。仏教は紛れもなくこの私に「深い自覚」をもたらしてくれる教えで、「静」の文化の象徴のような気がするけれど、そこに「動」を持ち込もうとする。西洋では宗教は行動の指針を示すものだという。どうもよくわからない。それでは仏教ではなくなるのではないかと・・・。また、「動」中心の西洋文化が特に19世紀、20世紀と世界を戦争状態に導いてきたのではないかとも思う。今もそれが進行中で、これまたその混乱の一渦を作ることにならなければよいのにとしんどい思いになったことも事実だ。

 これだけ書いたら何のことかわからないと思うけれどともかく今回の滞在で強く思ったことである。違和感が強く残る旅であった。

 予定通りプレゼンテーションも行った。あまりの考え方の違いにどうしようかちょっと迷ったが行うことにした。ずいぶんとインパクトがあったようだった。思い切って行った甲斐はあったかと思う。こちらにも大きな刺激のあった旅で良い体験になったと思っている。違いに触れて逆に自分自身にも気づけた旅でもあった。

DSCN1005 

DSCN1010 

 

2011年5月 8日 (日)

明日からイギリス滞在

 明日朝早く、イギリスに向けて出発する。ロンドンから北西になるレスターというところで行われる第6回リビング・ブッディズム・カンファレンスに出席するためである。中で、D-pca(仏法を基底にしたパーソンセンタード・アプローチ)について話しとワークショップをすることになっている。ちょっと緊張してきた。またまた新しい出会いがあることだろう。ロンドンで友人と会い、観光も含めて18日にこちらに帰る予定。

 ポスターを紹介しておきます。

 では・・・・。

 

2011年4月23日 (土)

ここ2週間の私-桜、新学期、松江・出雲旅行-

 約2週間ぶりになる。時の流れるのは早い。

 あれから遅かった桜が急に咲き始め、見事に桜の季節となり、そして、今ではほとんどが散ってしまい、葉が新たに息吹き始めている。これから新緑の季節となっていく。東北地方の春はまだまだだと思われるが、着実に復興していくものと思われる。残念ながら、知ることのできる情報は甚だ少ないが・・・。

Sakura 
(相生市羅漢の里公園の桜)

 こちらの生活はいよいよ新学期が始まり、新しい学生とも接することになり、また新4年生になった学生とはこれからいよいよ人生の門出となる大事な1年を過ごすことになる。当センターの活動も新年度に入り、この30日にはワンデイの集いが予定されている。その後は、ゴールデンウィークを経て、イギリス、レスターで行われる第6回リビング・ブッディズム・カンファレンスへの出席が予定されている。季節の流れと共に私自身も動き流れているのを実感する。

 その合間を縫ってこの13日から17日まで松江方面に行ってきた。久しぶりにデイビッド・ブレイジャーさんが来日され、フォーカシングプロジェクトの人達によって行われた松江での講演会とワークショップに参加してきた。途中、一緒に熊野大社、神魂神社、出雲大社と彼の地の神社を中心に回ってきた。1人の時間があり、気の向くままドライブしていたらふと「島根原子力発電所」、「島根原子力館」の看板が見つかり、そこにも寄ってみた。松江から京都への道のりはドライブとなった。日本海に面した海岸沿いに走り、鳥取でデイビッドの友達に会い、鳥取砂丘に寄って、南東に向かい、中国山脈を越えて夜8時半頃京都に着いた。雪をいだいた大山の雄姿がこれまた美しかった。残雪のある戸倉峠の典型的日本の景色にも酔った。次の日の仕事もあり、京都で宿泊せずに自宅に帰った。思えば、すごいドライブだった。さすがに疲れたな。

201104141039000 
 ブレイジャーさんのワークショップは、「Other-centered approach」が印象的だった。「他者志向のアプローチ」とでも訳すべきか。クライエントにとって重要な他者にどちらかというと焦点を当て、その他者を愛することを促すアプローチとでも言うとよいかと思う。いくつかのワークも行った。自分にとって有縁の他者について語り、リスナーはそれを受容的に丁寧に聞く。そこから自分もその人をも含んだ暖かい受容が醸し出されるワークであった。

 ところで、氏によるとこれは仏教心理学に基づいたアプローチだというが、私には同意しながらも頷けない部分もある。仏教はもっと深い自覚をもたらす智慧であるから・・・。一人生まれて一人死に行く。そこには誰も関与できない孤独な自分自身がある。仏教はここに大きな自覚と安らぎをもたらすものだと思うから・・。もちろん、それだけでもなく、有縁の人達との支え合いもそこにふくまれていることにもその深さがある。自分志向でもなく、他者志向でもない、その両者の究極の深いところでの安心をもたらすものであるように思うのだが・・・。このあたりについてはまたイギリスで議論してこようと思っている。

 ハプニングから訪問した原子力発電所。もちろん、中に入れるはずはなく、入り口で引き返したが、ものものしい警備に驚いた。原子力館、つまり博物館では実際の大きさの燃料ペレットや制御棒の作動をデモンストレーションしていて、リアルであった。たまたまテレビ局のインタビューを受けて汗びっしょりとなった。原子力への不安を語ったが、それが放映されたかどうかはわからない。原子力館から見える島根の海岸は本当に美しい。宍道湖も美しい。この甘美なほどの美しさと現代モンスターが同居する。なんともいえない気持ちになった。お土産にもらっためざしがこれまたおいしい。安全性をアピールする意図があるのだろう。これまた複雑な心境である。ひとたび事故が起きれば松江市はひとたまりもない。

 なんとしたことか、愛用のカメラを持って行くのを忘れた。ケイタイから写したのでもうひとつだが記念なので貼り付けておきます。

201104141049000 

 

2011年2月22日 (火)

久しぶりの奈良の大仏さん

 サンディエゴから友人が来たので京都・奈良方面に一緒に行ってきた。昨年、ラホイヤ・プログラムで知り合った人。心から日本に入れ込んでいる。歴史のこともすごくよく知っている。精神的なことについてもよく知っている。西洋・東洋とふたつを区分するのはもう昔のことのような気がする。東洋に西洋が入り込み、西洋に東洋が入り込む。そして、それらが融合された新しい世界が作られていく、地球規模で・・・。日本はすでに日本でなくなって、世界に入り込み、何かがつくられていく。もちろん日本が消えてしまうわけでもない。マスコミがよく言う日本の凋落、中国の台頭などという観念がすごく小さく思えてしまう。何が一番でもない。それらが混じり合って次の段階へと進みつつあるのだ。

 DSCN0870

 今回はガイドさんが付いた。きさくですてきなガイドさん、純粋な友達・・・。心温まる、心に深く響く旅であった。その夜は、もう一人友人が合流してこれまたすてきな夕食となった。お酒をのんでわいわいさわぎあって・・・。夜遅くホテルに戻る。

 

 京都の伏見稲荷、奈良の東大寺はどちらも思い出の地。学生時代、毎日通ったのが伏見。遅くまで飲んで終電に間に合わず、稲荷駅で一晩過ごしたことがあった。小・中学校時代、遠足で訪れたのが奈良。友達同士で行ったこともあった。我々子どもは、「奈良のだいぶっさん」と親しく呼んでいた。「ならのだいぶっさん へをこけば 奈良方面みなくさい」なんで馬鹿な歌を作って遊んだ。最近、もう一度行きたいなと思っていたら彼がそれをかなえてくれた。改めて見る大仏。実にでかい。荘厳。創建当時は七重の塔が二つそびえ、仏殿も横にもっと大きかったという。その大きさに感動したけれど、それを作った人たちの仏法に対する強い思いを偲び、強く心打たれ、思わず涙した。梅原氏の貢献で当時の生臭い政争の様子がよくわかってきた。そんなどろどろした中で当時の人たちは、仏に帰依し、平穏を願ったことであろう。「世間虚仮、唯仏是真」!

DSCN0876 
 DSCN0878 

 

2010年10月 8日 (金)

人生の節目のような気がする

 9月23日から26日まで人間性心理学会出席のため熊本に行っていました。この学会への出席はなんと10年ぶりになります。自主企画ということで報告もしてきました。テーマは、「仏法を基底にした人間中心のアプローチ-Dharma-based person-centered approach-」ということになります。

Kumamotojyo

続きを読む "人生の節目のような気がする" »