リンク

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

ノート

2019年8月13日 (火)

ノート:真宗カウンセリングの二つの課題

ここでは(ケン・ウィルバー「意識のスペクトル」において)ロジャーズの心理学が実存レベルの心理学として、また大乗仏教があらゆる二元論を超えた世界への霊的実践として、窮極的な位置づけがなされているのが興味をひく。(改行山下)

ここで「真宗カウンセリング」にとって、二つの課題が引き出される。一つは、ロジャーズのカウンセリングと大乗仏教や真宗との距離は何に由来し、何を意味するかという問題であり、他は、あらゆる二元論を超えるという大乗仏教の実践道は、現代および将来において、具体的にはいかなるものとして提示されるかという問題である。この二つの課題にたいして、理論的にも実践的にも明確な解答がひきだせたとき、「真宗カウンセリング」は確固とした存在意義を獲得することであろう。

(西光義敞『育ち合う人間関係』本願寺出版社 p.190より引用)

 

続きを読む "ノート:真宗カウンセリングの二つの課題" »

2019年8月 7日 (水)

ノート:「仏教は心理療法である」(西光)

仏教をカウンセリングや心理療法の領域でとらえるなら、それは「法にもとづき、「法」を中心とし、窮極的には「法」を悟って「仏」に成ることをめざす実践道である。「仏」に成るとは、人間が人間以外の何かに成るのでなく、人間を超えて人間を貫く「法」にめざめることによって真の人間になるのである。

(西光義敞『育ち合う人間関係』本願寺出版社P.189より引用)

 

続きを読む "ノート:「仏教は心理療法である」(西光)" »

2019年8月 6日 (火)

ノート:「仏法(Dharma)」とは

「法(Dharma)」は、釈迦牟尼仏の悟りの知恵によって明らかにされた無上正覚の内容とその教えであるが、言い方を変えれば、釈尊の悟りを実現させたダイナミックな真理そのものでもある。分別知を出ない人間の認識を超えた智慧と存在の実相とが一つになった不可思議の境地である。したがって、仏教の根本は「法」「悟り」「智慧(般若)」にある。

(西光義敞『育ち合う人間関係』本願寺出版社 p.188より引用)

 

続きを読む "ノート:「仏法(Dharma)」とは" »