D-pca

2018年1月27日 (土)

2018年1月のD-pca研究会-仏教とカウンセリングの人間観

 昨日はD-pca研究会。まず初めに、西光義敞先生の『入門 真宗カウンセリング』を輪読。ここ数年の継続プラン。今回は、(四)仏教とカウンセリング(p.67~)を読みました。

 仏教とカウンセリング(PCA)の人間観の共通性、相違性がテーマです。

 共通性は、1.いまここを大事にする。いまここのそういう関係を大事にする。2.人間を神に造られたものとして捉えるのではなくて、ヒューマン・オーガニズムとして捉えるところ。これは、仏教の衆生と共通するところがある。

 相違性としては、迷っている命とか生死を超えるというところ。仏教では、生死を「しょうじ」と読み、生と死を切り離さないで捉える。そして、これ、生死を迷いとして捉える。果たしてロジャーズの考え方にはこういう視点があるのかどうか疑問。

 というところが要点かと思います。みんなで声を出して読んだ後、自由な話し合い。はてはて、生死を迷いとして捉えるが話し合いの中心になったかと思います。その後は、参加者の今の思いを聴き合う時間となりました。味わい深い一時となりました。

 終始一貫して忌憚なくありのままのところで話し、時には白熱した議論ともなり、大きな出会いの時間になったかと思います。充実した時間をすごさせていただきました。

 次回は、2月23日(金)10時からになります。

D-pca研究会→http://chodr.ptu.jp/Dpcakenkyukai.htm

2017年9月 5日 (火)

育ち合う人間関係を学ぶ集い

 「育ち合う人間関係を学ぶ集い」が現在継続中です。今、ここでの出会いが深まって行っているように思います。改めて週1回2時間の頻度で6回継続することの意味もまた味わっています。継続中は、この時間がひとつの節目となり、リズムが出来、螺旋的に深まっていくような感じがします。真摯に取り組みあう姿が美しい。今は、ちょうど真ん中になります。(写真は飛龍の滝)


P_20170612_141420_450x800                       

2017年6月27日 (火)

佼成カウンセリング研究所講座-仏教とカウンセリング

 京都でのD-pca研究会の後、聖典勉強会に参加し、横浜まで移動する。翌日(土)に佼成カウンセリング研究所の講座を担当するため。

 佼成カウンセリング研究所とは、もう5年ほどのおつきあいとなっている。人間性心理学会で自主企画を主催したことが縁で西光義敞先生の後任として呼んでいただいている。ほんとうに光栄なことである。

 科目は「仏教とカウンセリング」。その「と」のところが大事だと先生はよくおっしゃっていた。この「と」はどこになるのか。本来違うものが交流して新しいアプローチを生み出そうとしているのだが、その交流するところは、「私」なのである。そこを強調されていた。今、私の中ではそれらが交流して、「仏法を基底にした人間中心のアプローチ-D-pca」を生み出そうとしている。それを共有したいというのが私の趣旨である。

 人間中心のアプローチ:PCA、仏法(特に真宗)、それらが交流するD-pcaについて具体例を出しながら話していった。午後1時から夜8時半というきついスケジュールにもかかわらず、終始熱心に耳を傾けて下さり、質問も沢山して下さり、本当にやりがいのあることだった。いい感じなのだが、終わった時には、さすがに疲れていた。まさに充実した仕事の後の疲れだ。

 次回は、2年後になるかと思う。よきご縁に恵まれ、本当に光栄なことと思う。


6月のD-pca研究会

 

 先日、23日(金)は、京都にて月例D-pca研究会。新しい人達も来られてちょっと新鮮な気分。オープニング・ミーティングでプラン、分かち合いをして、進めていく。

 まずは、継続して行っている西光義敞先生の『入門・真宗カウンセリング』の輪読。今回から第2章「生きとし生けるもの」に入る。お釈迦様の「ああ哀れ、いきものは食みあう」が、この章のこころ。お釈迦様はたんに生き物を殺してはいけないということを教えられているのではなく、衆生(私)の根本的な姿、私が生きるということは、生き物の命を奪うこと。それをどうとらえ、理屈をつけるにしろ厳然としたその事実がある。そこからは逃れられない。仮に今生で命を絶っても、また次生で命を奪って形を変えて現れ、またそれを繰り返す。前生から延々とその連環が続いている。そこを確認しあう。とはいえ、それをはねのけようとする衆生の心があることも見せていただく。

 その後は、メンバーが日頃気になっていることを出して、皆で意見を出しあった。死刑、死刑制度のことがその中心となった。

 いつものように真摯なヤリトリが続く、充実した集いであった。

次回は、7月12日(水)10時から・・・。(私の海外出張によりイレギュラーになっています)。

ホームページ→http://chodr.ptu.jp/Dpcakenkyukai.htm

2017年6月22日 (木)

育ち合う人間関係を学ぶ集い

 

下記の要領で「育ち合う人間関係を学ぶ集い」を行うことになりました。

 この学びは知的理解を深める学習ではなく、体験的な学習によって「身についていく」タイプの学習です。しかも、一定の期間継続することによって次第に熟成していくものと思います。また、これは一生を通じて深めていくものでもあります。ちょうど茶道や華道、武道、あるいは楽器やスポーツ、語学の学習に似ているなといつも思っています。理想は週1回2時間の学習の継続かと思います。ということで、このような場を作りました。


チラシはこちらからダウンロードできます。→ 「2017.jtd」をダウンロード

*****************
『育ち合う人間関係を学ぶ集い』のごあんない


〈内容〉
  私たちは人間関係の中で生きています。家族、職場、地域、友人、サークルといろんな集団があります。そして、日々のこれらの人間関係が前向きで肯定的でありたいと願っています。この中で心身共に健康でありたいし、充実した人生を歩みたいものです。また、他人が困っていれば力になってあげたいし、自分が困ったときには助けても欲しい。まさに人間関係は相互交流関係です。このワークショップではこのような前向きで肯定的な人間関係とはそもそもどんなものなのか、さらに、それを作っていくにはどうあればよいのかを体験的に学習します。

   ファシリテーターの醸し出す成長促進的心理的風土を基盤にチェックイン、エンパシー・ラボ、フィードバック・ラボ等の具体的な演習及びスキル解説を通した体験学習によってそれを学んで行きます。

   関心のある方ならどなたでも参加できます。

〈研修スケジュール〉
     週1回2時間×6回がワンクール。年2クール行います。
     各クール間を約2ヶ月空けます。
     1年間学習を推奨します。1クールは連続参加をお願いします。

〈日程〉
    毎週月曜日、午後7時半から9時半
          (2017年 8/21 8/28 9/4 9/11 9/25 10/2 )
          2クール目は、決まり次第案内いたします。

〈定員〉 6名。2名よりスタートします。

〈場所〉 法林寺(相生市矢野町榊745 ℡0791-29-0610)

〈受講料〉 1クール 18,000円

〈ファシリテーター〉 山下和夫 D-pcaセンター主宰

〈参考文献〉: 西光義敞著 『暮らしの中のカウンセリング』 有斐閣選書


******************

2017年5月22日 (月)

D-pcaの集い企画中

 真宗と人間中心のアプローチと交流から生まれてくる集い、「D-pcaの集い」を企画し始めています。どのようにこの集いを表現し、何をねらいとするか・・・。言葉で表現するのは難しいです。とはいえ、そうしてみてはじめて動いていけるものとも思います。「真宗聴聞の集い」なのか「出会いグループ」の集いなのか、はたまた、それらを複合した集いなのか・・。もちろん複合には違いはないのですが、どう複合されるのか。表現の難しいところです。

 ひとまず、それに最も近いと思われる真宗カウンセリング研究会が主催されていた「聞法の集い」の西光義敞先生の表現を当たってみました。「真宗カウンセリング研究会1996年度活動プログラム」より引用します。

***************************
 この集いは、「人」と「自己」と「法」との、新たな出合いを求めて企画されるものです。「聞法」は「もんぼう」と読み、「真実を聞く」ということですが、真実は「念仏」に集約される教法として、私たちに与えられています。直接的な人格的交流を通して、教法の心をたずねあい、個を超えた普遍的な真実を求めあっていきます。
 一方的な説教を聞いて、仏教の知的理解を深めるだけのものでもなく、また、話し合いを通して、人間的な感情交流を深めるというたげのものでもありません。そういう意味で、従来の説教法座の枠を破るとともに、心理学的な「出会いグループ」の性格を超える集いをめざしています。

***************************:

 「人格的交流を通して教法の心をたずね」あう、「説教法座の枠を超えた」、「心理学的な出会いグループの性格を超える」あたりが鍵ですね。

 D-pcaの集いは、今生事の心理・社会的な問題も扱うので、そういう意味では、「聞法の集い」をも超えるものになるのかも知れません。となると・・・・。ますます広くなっちゃう。ま、ともかく実践してみることも肝要。

  次はマズローの三角形の参照かな。

2017年5月 8日 (月)

センター名をD-pcaセンターに改めました。

 しばらくのご無沙汰です。元気で活動を続けています。

 この度、センター名を、「D-pcaセンター-育ち合う人間関係-」に変更しました。D-pcaとは、「Dharma-based person-centered approach」の略で、「仏法を基底にした人間中心のアプローチ」のことです。仏法(特に真宗)とパーソンセンタード・アプローチとの深い交流から生まれてくる新しいアプローチのことです。詳しくは、ホームページをご覧下さい。同時に、このブログの名称も「Kazuo@D-pcaセンター」に変わることになります。

 今までからもこのアプローチで実践を重ねてきましたので活動内容が大きく変わるものではありませんが、より実態に即した名称に変更することにしました。

 新たな気持ちでさらに活動を続けていきたいと思います。

 よろしくお願いします。



 

2015年4月28日 (火)

4月のD-pca研究会-それぞれの心境を出し合いました。

 4月のD-pca研究会を行いました。24日(金)午後3時~6時。

 今回は、それぞれの居所を出し合いました。チェックインと呼んでいます。それを通してこの研究会がメンバーそれぞれの変化につながっていることが、ひとりひとりの上で確認されたように思います。まさに、「継続は力なり」を改めて思わされました。

  また、この8月末に「D-pcaの集い」と称した集まりを1泊2日で行うことを提案しました。この研究会で行っているように、最初にミーティングをしてみんなで プランを作っていく集いにし、仏法とPCAとの交流を1人1人のところで深めていくものにしたいという案です。いろんな意見をだしてくださり、うれしかったです。「思い立ったが吉日」。まずは、始めてみ ようということになりました。日程等、詳細は、後日公表することにしました。楽しみです。

 次回、5月の研究会は、5月15日(金) 午後3時~6時です。都合により、第3金曜日、時間も変更になっています。

Pigeon                         (姫路城公園にて)

2015年4月16日 (木)

ワンデイ・ワイガヤ・リトリートグループ(ワイガヤの会)を行いました。

 先日、4月12日(日)、ワイガヤ・リトリート・グループを行いました。通称「ワイガヤの会」と呼んでいます。久しぶりの再開となりました。この会が成立したことがとてもうれしかったです。他にもFacebookを通して紹介したので、いろいろな反応があり、参加はされなくても、関心を持って下さったこともうれしかった。

 少人数でゆったりとした時間となりました。時間がゆっくりと流れていました。それぞれが今のところを出し合い、共有しあい、とても有意義な時間でした。私自身も終始ゆったりとしていて、落ち着いた時間を過ごせた感じでした。

 会場(写真)も新しい会場を使うことになりました。ほんとこれからの私にとって、1つの節目であり、大きな出発点なったと思います。皆さん、ありがとうございました。

 次回は、秋に行うことにしています。

Dscn6422

Dscn6371
       (平成の大修理が完成したばかりの姫路城。太陽光線に映えて美しい)

2015年3月28日 (土)

3月のD-pca研究会-アットホームな時間でした。

 昨日は、D-pca研究会でした。いつものようにオープニング・ミーティングで、「困っていること」、「やりたいこと」、「分かち合い」の3つの柱でそれぞれの居所を出し合い、この研究会を組み立てて行きます。もちろん発言はしたい人だけがします。

 今回は、1.「自分自身の探求」、2.「『無義をもって、義とす』を味わい、共有し合う」、3.「不登校カウンセリングの実践報告」でした。

 それぞれが思うところを出し合い、深め合う、よい時間になったように思います。私も気づくところが大きく、落ち着いた中に充実感がありました。終わり頃には、アットホームな雰囲気で、 ひとつの家族になったような感じがしました。ありがとうございました。

次回は、4月24日(金)です。時間は、午後3時~5時に変更です。会場の都合です。

より以前の記事一覧