PCA

2018年9月25日 (火)

イスラエルの友人との会話

 昨日イスラエルの友人Yさんとスカイプで会話した。彼と始めて出会ったのはもう6年前になる。京都訪問に来られていてその時に出会い、案内をした。2人の共通点はイギリスの仏教とデイビッド・ブレイジャーさんである。ブレイジャーさんとは2006年に京都で始めて出会った。西光義敞先生との対談が行われた時である。Yさんはそのブレイジャーさんから仏教(特に浄土教)と心理療法を学ばれている。そのつながりから私に連絡を下さり、京都で出会うことになった。

 Facebookでのやりとりを続けていて昨日はひょんなことからスカイプで話したいということになった。まさに6年ぶりの出会いである。遠いイスラエルと日本が今ここで画面を通してお会いすることになる。まるでそこにおられるようだ。なんとも不思議な感覚である。

 話は、真宗と心理療法に関すること。両者の位置づけはどうなっているかという疑問である。「心理療法(特にPCA)人間に関心を持っている。一方親鸞の関心は阿弥陀仏の本願にある。そこにどういう出会いがあるか」というのがYさんの疑問だ。そう、ここが大事なところだ。私は真宗も個人を扱っているとかねがね思っているし、まさに、今ここに私の中に顕現している。イキイキと生きている。真宗は決して教義や思想として存在しているものではない。こんなことを私の例を通して話した。また、親鸞さんの書かれたものは一見教義について書かれているようであるが、そこには親鸞さんご自身の法に出遇われ、仏陀になることが定まった止めどもない喜び・悦びの表現でもある。歎異抄の「親鸞一人がためなりけり」という言葉を振り返り、お話をした。すごいことにYさんはこの一文を知っておられる。

 心理療法の目的である自らの体験過程に開かれることについて、本願に出遇うことについての話にも及び、本願に出遇うことは自らの体験過程に出会うことよりもさらに根本的なことであることも身振りを交えながら話した。

 なにかが交流した感じがした。

 その後は、奥様のO様にも久々に会い、お孫さん達も紹介していただいた。3人のとてもキュートな子ども達を見ることは本当に楽しかった。もちろん私の妻もそこに居合わせた。

 いやはや、とても不思議な瞬間。改めて不思議なご縁を思う。6年前に京都、美作の誕生寺を私たち夫婦と一緒に訪れた想い出が蘇ってきた。同時に、私の中に常に働いているお念仏の働きにも改めて思いをいたした。


2018年9月 8日 (土)

PCAと仏道(聴聞)、その洞察・気づきの決定的な違い

 PCAも仏道(聴聞、つまり求道)も気づき、洞察の深まりという点では共通点があると書いたが、同時に、両者には決定的な違いがある。

 PCAの気づき、洞察は自己の内から浮かび上がってくるという特徴があるし、そこに焦点を置いている。つまり、内から外。だが、聴聞(求道)はそうではない。外から内へというプロセスを取る。釈尊の悟りから明らかになった真理を聞くということになる。それらは教法という形で私たちに与えられていて、経、経論そして人を通して出言してくる。これを聞きひらき、わが身に照らし合わせて、その姿を諦かに観るというプロセスを取る。

 といっても、外と内とはまったく別物ではない。与えられている教法は自らの姿をおいて他にはない。そのものである。ただ、私たちにはそれらを簡単に洞察できるほどの智慧はない。自分の中からでてくるものはあくまで分別の浅い知恵でしかない。だから見かけは外にあるように見える。そこを超えて真の自己洞察に至るには外に見える教法を訪ねていくことによって得られる。つまり、鏡が必要なわけである。そして、その洞察は超越、超える、転じるという姿を取る。真宗でいえば廻心である。これが仏道(聴聞、つまり求道)の大きな特徴である。

 なかなか言葉にするのは難しい。特にあの転じる瞬間の表現は難しい。

 とはいえ、PCAが外からの洞察をまったく考慮していないということはない。特に、「学習者中心教育」の探究がそうである。人の関心には内から外へ向かうという傾向がある。すべての人が本来的にもっている傾向である。知的好奇心がそのよい例である。そして、それがどんな心理的風土の時によりよく解放されるかについて探究されてきた。これは仏道求道の方からもとても有意義な探究であり、しっかりと関心を向ける必要がある。

関連ページ→PCAと仏道(特に真宗聴聞)との共通点

2018年9月 6日 (木)

モスクワでのカンファレンス

 この10月始めにモスクワで開かれる「ロシア人間中心のアプローチ協会」のカンファレンスに呼んでいただきました。私が行うワークショップの案内文の日本語草稿を載せます。

**********************************
日本文化の中での私のPCA学習体験の共有-エクササイズの紹介を通して-

 私がPCAに出会ったのは1973年でした。大学1年生の時です。恩師西光義敞先生に出会ったのがきっかけです。その当時、日本にはカール・ロジャーズの非指示的療法・来談者中心療法が入ってきていてとても熱狂的にそれを学習しているときでした。沢山のワークショップやエンカウンターグループが開かれていました。参加者は教員、社会福祉事業従事者、企業人、学生、はたまた主婦などとても幅広い人たちでした。100人近くの人たちが一同に集まり学習をしていました。そのやり方はまさに学習者中心。本当に非指示的に始まり、試行錯誤しながらグループを作ったりして主体的に動いていくところに大きな特徴がありました。私もその中にあってただただ感動していました。困惑あり、発見あり、参加者との深い出会いありと私の人生にとってとても大きな出会いとなりました。すごい熱気がありました。その時の感じを今もよく憶えています。私の学習は他の仕事を続けながら10年以上続き、その中からひとつひとつを体得していったように思います。その後、私はロスアンジェルスのオルターナティブ・スクール"Play Mountain Place"に渡り、自由の教育を体験的に学ぶことになり、帰国後しばらくして国際PCAフォーラムに出会い、学習の場は国際的になっていきましたが、その基礎は当時の日本での学習にあるなと今思います。

 前述しましたようにその学習方法は参加者主体の自由なグループ体験が基本ですが、時には、いくつかのエクササイズを通して学習するものもありました。如是我聞ゲーム(フィードバック・ゲーム)、ミニ・カウンセリング、3人一組で行うエンパシー・ラボと名付けられているものです。おそらくどの国でもこれらの演習は行われていると思いますが、如是我聞ゲームというのはひょっとして日本独自のものではないかなとも思っています。皆さんの感想を聞きたいところです。その本旨は、受容、共感、聞く態度の体験学習というところにあるかと思います。

 今回のワークショップではこれらの学習方法を体験的に紹介したいと思っています。時間の関係でまずはこのフィードバック・ゲームに絞って紹介することとなるかと思います。一緒に体験したいと思っています。さらに、時間があれば15分から30分程のデモンストレーション面接が行えたらと思っています。

 どんな出会いが起きるかとても楽しみにしています。
*************************************

2018年8月25日 (土)

8月のD-pca研究会-自由に表現できるっていいな

 昨日、8月24日(金)は、京都にてD-pca研究会。

 西光義敞『入門真宗カウンセリング』札幌カウンセリング研究会の輪読を続ける。(五)「人身受け難し今すでに受く」を読み終え、(六)「南無阿弥陀仏」に入る。いよいよ佳境に入っていく。今回は、「六字釈」の項を読む。

 ここは、そこに参加しておられた方々のヤリトリが克明に掲載されていてとてもおもしろい。「南無阿弥陀仏とはどういう意味なのですか」という質問から始まり、先生はここでは参加されている方々に発言を振り、耳を傾けられる。親鸞聖人の六字釈をめぐって幾人かの味わいが紹介されていく。味わいが1人1人で違うのがおもしろい。ここのヤリトリは自由で本当におもしろい。こういう法座がもっとあったらいいなと本当に思う。

 その後は、自由なヤリトリをする。「聴聞とは何ですか」というこの原点を突いた質問がうれしかった。これまたそれぞれが自分が「聴聞」をどう受け取っているかが話されていき、質問された方も驚きも含め、新鮮な感じがなされたことと推察する。「楽しかった」ですという言葉もうれしかった。

 やはり、心おきなく自由に表現出来、それを聴き合う。こんな場はとても大事だし、これが起きている研究会はいいなと思った次第である。

 次回は、来月9月28日(金)1時から4時まで。
場所等は、このリンクを参照して下さい。

 この後の項では、先生は念仏のおいわれについて仏道の原点にもどして「行」のところから克明に説明されていきます。次回が楽しみです。


(写真は先日ドライブした大山桝水高原から見た米子方面日本海の風景)

39389219_10156804321587160_312352_2



2018年7月28日 (土)

7月D-pca研究会ーPCA理解のむずかしさー

 京都でD-pca研究会でした(7月27日)。西光義敞『入門真宗カウンセリング』、第五章「人身(にんじん)受け難し、今、すでに受く」を自由なやりとりを通して読み進めています。

 D(仏法)の理解も難しいけれど、PCAの理解も難しいなと思いました。どちらも体験を通して自らがつかんでいく必要のあることです。


 思いが自由に出せる場になっていることがこの研究会の特徴だなと改めて思います。

次回は、8月24日(金)1時から4時です。


37800428_665796280439082_2447315701



2018年7月24日 (火)

真宗者のカウンセリング研修会

 昨日は本願寺派兵庫教区赤穂北組のヴィハーラ研修会に招かれて学習会を行ってきました。2回目になります。

 今、私が改めて大事に思っている「共感的理解」と「人間の成長力」(「自分の人生を自分なりに工夫する力」とこの頃思います)について短い話をした後、質疑応答と自由なやりとりをし、休憩を挟んでペアでのリスニング体験を行いました。また、質問を契機に「D-pca/真宗カウンセリング」についても少し話をさせていただきました。

 なごやかな雰囲気の中で様々な質問や思いを共有し合えたことがとても新鮮で楽しかったです。どこか昔から学習しあってきているような不思議な感じでした。やはり、西光義敞先生とこの地域とのご縁があったからでしょうか。

 と同時に、いわゆる「共感的理解」の理解がとても大事だし、難しいことだなも思いました。正確には「クライエントの内部的準拠枠にもとづく感情移入的理解を経験し、それを伝えあいつつある関係(ロジャーズ)」ということになります。このようにごつごつした表現には意味があります。それは、「寄り添う」ことでもなく、「わかる、わかる」と同情。同感、賛成しあう関係でもなく、本来理解することの出来ない他者の世界にそれだからこそ入り込もうとし、それを逐一確かめ合う関係といえるかなと思います。個々をしっかり切り離した上で理解し合おうとするエネルギーのいる厳しい関係と言えます。

 そのあたりの理解となると、まとまった時間の体験学習の積み重ねが必要となります。逆にいうとじっくり学習していったら確実に身についてくるということでもあります。今後、継続した学習が出来ていったらとてもうれしいと思いました。地域の精神的な主柱という寺院の大きな役割を考える時、それだけの意味のある学習だなと思いました。

 意義ある充実した時間を下さったことに感謝します。光栄な事です。

2018年7月18日 (水)

PCAと仏道(特に真宗聴聞)との共通点

 PCA(パーソンセンタード・アプローチ)、仏法(Dharma)、D-pcaを巡っていろんな思いが湧く今日この頃である。少しずつここに掲載していこうと思う。今回は、仏道(特に真宗聴聞)とPCAとで、自己理解、気づきが進んでいくという点で共通点があるので述べてみたいと思う。 

 PCA(一応カウンセリングにしときます)を学習していておもしろいのは、援助者と共にやりとりする中で自己理解がすすんだり、気づきが起きてくることである。特に、今、ここで自分の中でどんな気持ちが動いているかがよく感じられてくるようになる。これは一瞬一瞬動いていて変化している。この感じと共に流れている時すごく豊かな時を過ごしているような心境になる。年齢を重ねることでさらに味わいが深まったりする。ここが本当におもしろい。大きな宝物に出会ったようだ。

 そして、これは仏道も同じだと思う。逆に、仏道もPCAとある意味同じなのではないかと思う。法話や座談を通して聴聞を重ねる中で自分の中に本当に具体的に気づきが起きてくる。これは本当に起きてくるからおもしろい。究極の「なんまんだぶつ」の瞬間もそのように思う。そういう意味ではPCAも仏道も共通の軸上にあるように思う。ちょうど串刺し団子みたいに・・。ただし、PCAは根底を突いていないというか、つまり、生死の迷いとそこからの出離という深くて澄み切った自覚の心境は仏法を通して始めてこの身に体験されてくるもののようには思う。

 ここが、PCAと仏道(Dharma)が出遇う所以があるように思う。二重構造でつながりながら1つの統一された道というか。

2018年5月28日 (月)

5月のD-pca研究会-人身受け難し、今すでに受く-

 

 京都にてD-pca研究会。西光義敞『入門 真宗カウンセリング』を輪読。第5章「人身(にんじん)受け難し今すでに受く、仏法聞き難し今すでに聞く」より「爪上の喩え」、「盲亀浮木の喩え」を読む。自由なやりとりが進む。


 人間に生まれることが如何に「有り」「難い」か。人間に生まれてこそ仏法が聞ける。そして、さらに、その仏法を聞くことが如何に「有り」「難い」か。そうして、今、ここにそのチャンスに出遇っている。その喜びを確認しあおう。

 ついつい、当然のこととして疎かにしてしまいます。また、如何にこの教えが受け取り難いか。

 ともかく忌憚なくいろんな思いや気持ちが出せる。時には激しくなります。ですが、これがこの研究会のいいところだなと改めて思いました。

 海外から来られた方が熱心に撮っておられたので、ついついつられてめったに撮らない京都タワーの写真を撮ってしまいました。やっぱりこれはこれで美しいのかなあ。



Kyototower_7

    


2018年1月27日 (土)

2018年1月のD-pca研究会-仏教とカウンセリングの人間観

 昨日はD-pca研究会。まず初めに、西光義敞先生の『入門 真宗カウンセリング』を輪読。ここ数年の継続プラン。今回は、(四)仏教とカウンセリング(p.67~)を読みました。

 仏教とカウンセリング(PCA)の人間観の共通性、相違性がテーマです。

 共通性は、1.いまここを大事にする。いまここのそういう関係を大事にする。2.人間を神に造られたものとして捉えるのではなくて、ヒューマン・オーガニズムとして捉えるところ。これは、仏教の衆生と共通するところがある。

 相違性としては、迷っている命とか生死を超えるというところ。仏教では、生死を「しょうじ」と読み、生と死を切り離さないで捉える。そして、これ、生死を迷いとして捉える。果たしてロジャーズの考え方にはこういう視点があるのかどうか疑問。

 というところが要点かと思います。みんなで声を出して読んだ後、自由な話し合い。はてはて、生死を迷いとして捉えるが話し合いの中心になったかと思います。その後は、参加者の今の思いを聴き合う時間となりました。味わい深い一時となりました。

 終始一貫して忌憚なくありのままのところで話し、時には白熱した議論ともなり、大きな出会いの時間になったかと思います。充実した時間をすごさせていただきました。

 次回は、2月23日(金)10時からになります。

D-pca研究会→http://chodr.ptu.jp/Dpcakenkyukai.htm

2017年9月 5日 (火)

育ち合う人間関係を学ぶ集い

 「育ち合う人間関係を学ぶ集い」が現在継続中です。今、ここでの出会いが深まって行っているように思います。改めて週1回2時間の頻度で6回継続することの意味もまた味わっています。継続中は、この時間がひとつの節目となり、リズムが出来、螺旋的に深まっていくような感じがします。真摯に取り組みあう姿が美しい。今は、ちょうど真ん中になります。(写真は飛龍の滝)


P_20170612_141420_450x800                       

より以前の記事一覧