2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月13日 (水)

生きることは探求すること。探求することは生きること。

 昨日、今日と大学の仕事。学生のレポートを読み、成績を報告する。私はたいてい細かい設問をするより、「・・・・演習に参加して」とか「○○論の授業を受けて」といったオープンな課題で自由に書いてもらっている。善し悪しは確かにあるけれど、この方が学生が学んだことがわかるし、とにかく自由に書いてくれているので読んでいて楽しい。また、自分の講義がどのように学生に届いたかもよくわかって良き振り返りの時間にもなる。時間があるときはチェックアウトと称して口頭で学んだことを出し合うこともしている。言葉に出してみることで自分の考えがハッキリするし、聞いている他の学生にもよき刺激になる。今のところ全部の授業でこれをやっているわけではない。今後は出来るだけこの時間を取っていこうと思っている。点数評価ははまったくもってくだらないと思う。

 中で印象に残っていることがある。それは、「今までは、・・・を憶えてテスト。それが済んだら完全に忘れてまた次のテスト。こんな事の繰り返しだった。が、この授業はそうではなく考えるきっかけをもらった。それは私にとって大きい。」という記述である。数人の学生がそう書いているのが驚きでもあった。そう、今の若い人はテストテスト、記憶記憶の連続でほんと小さいときからその経験ばかりをしている。教科書があり、それを憶える。そして、テストがある。その世界なのだ。大学にいたってもそうなのだ。そうして、その中でヘトヘトになっているのだ。そういえば、思い出した。昨年の秋頃、授業が終わって帰るところで私の後ろをついてきている学生がいた。声をかけると、「先生。先生は自由でいいです。どうしたらそうなれるのですか。僕はテストテストで本当に疲れました。」というのだ。ほんと若い人は疲れている。そう思った。「好きなことを諦めないでつづけるのさ」と言った。

 「勉強」はおもしろくないけれど、「探求」は楽しい。知らないことを知るのは楽しい。そして、知ればまた新しいものの見方が開けてくる。それはワクワクする体験のはず。生きることそのものでもあるのだ。そんな世界が学校から欠けていっている。子ども時代にすべてに渡って欠けていっている。そう思う。これは結構深刻な状況ではないのか。

 昨日は、レポートを読む合間に学生が来て話す。いろんな思いや考えを語ってくれて本当に楽しい時間だった。「こうやっていろいろ話すことで視点が開けてくる。これがいいですね。」という彼の言葉は聞いているこちらも大変うれしかった。そう、これが大学の教育だと思う。いや、大学だけではない。教育そのものだと思う。「本当の探求はこれから始まる。卒業してもいろんな人と会って話をし、是非グループを作って本を読んでいくと良い。それが5年経ち、10年経ち、自分に身についてくるよ。またこれからも話して行きたい。」と言った。彼は今年卒業する。働きながらカウンセリングの勉強を始めると言う。心より応援したいと思う。

 ここで、改めて思い出す。学生時代に出会った西光義敞先生はこんな先生だった。私に探求することの楽しみやそれをするにはどうしたらよいかそんなことを日々のヤリトリの中から教えてくださった先生だった。それは今の私にも息づいている。それがまた次の学生にも伝わっていく・・・・。いや、伝わるのではない。学生が発見をし、私に刺激を与えてくれる。そんな感じだ。

2008年2月11日 (月)

休日-寅次郎はおもしろい-

 連休。良きリフレッシュになった。DVDで映画を2つ見た。一つは、「男はつらいよ第41作-寅次郎心の旅路-」。もう一つは、「スタートレック6」。そして、これからの仕事を整理していた。

 映画、寅さんシリーズ。1989年作だ。めずらしくウィーンに寅次郎が出かける。寅の海外ロケはこれが最初で最後らしい。これも心に染みる作品。ストーリーだけを書くとまったくつまらないのだが、画面がコマ漫画のように淡々とつながっていき、その間に人生模様と情緒がしみじみ漂うという感じだ。珍しくケンカのシーンがないのも不思議だった。景色の構図は日本を舞台にしたときとよく似ている。見る景色がふと日本的な感じがするところがおもしろかった。特に、竹下景子とドナウ河畔で昔を回想するシーンなど。寅のマイペースがおもしろい。日本語で現地の人に話しかけ、なんとなく通じていくところが愉快だった。時々、第三の男のパロディーが出てきて監督もなかなか遊んでいるなと思った。(柄本がホテルに帰るシーンでそれが影になっていてチターがバックに流れるのだ)。マドンナは竹下景子と淡路恵子。竹下景子は若くて都会的で清楚な感じがほんと良く出ていた。

 寅が偶然知り合った人(柄本明)が「うつ」。寅と会い、一緒にウィーンに行くことで心が癒されていく。いよいよこの頃からうつが増え始めるのではないかと思う。と同時に、組織に縛られないで生きる寅の生き方とやさしさが存在価値を持ち始める事にもなっていく。まさに癒しそのものだ。

 後で、ネットで調べたのだが、ウィーン市長が来日する飛行機の中で寅次郎シリーズを見て、ウィーンに誘致したらしい。いやはやおもしろい。日本のご当地誘致と一緒じゃないか。ちょうど日本がバブル期で海外に進出していく時期。円高でもあり、日本人が海外に出て行く時でもあった。ウィーン市長は格好の観光客と捉えたのかもしれない。そうだとしたらなかなかのものだ。いやそれだけでもないのかな。この映画の魅力に引かれのでもあろう。ふと思い当たったが、現在では小澤征爾氏がウィーン国立歌劇場音楽監督である。そのつながりはもう始まっていたのかもしれない。

 それにしても、このシリーズ、いつもうまく世相を反映している。そうそうタコ社長が消費税のことをなんどか口にする。「ショウシゼイ」がおかしい。この時期に消費税が導入され、社会党が参議院で多数を占めることになった歴史の転換点でもある。

 ちなみに私はこの頃ロサンジェルスに滞在していた。Play Mountain Placeという小さな自由学校にインターン教員としてその教育のあり方を勉強していた時期だった。なつかしくなってリトルトウキョウにいったら寅映画が掛かっていた。今から思うとこの映画だったのかもしれない。

(CHODRホームページデータベース欄参照http://chodr.ptu.jp/)

 書き始めにはスタートレックのことも書くつもりだったがついつい長くなってしまった。これはまた後日にしよう。明日は、大学の仕事。学生に会うのが楽しみである。

2008年2月 9日 (土)

カウンセリング面接研修、そして雪道のドライブ

 先週からカウンセリング面接研修が始まっている。昨日は2回目。エンパシー・ラボと呼ばれているカウンセラー、クライエント、観察者の3人一組で実際に15分の面接を行うという方法で練習を行っている。3つの役割をすべてこなす中でそれぞれの体験ができて大変おもしろい。心の交流にもなる。終わった後は、心が落ち着いてスッキリするのがよい。全部で9回、これからは7回の研修が続いていく。但し、この研修、学ぶ側にある程度のレディネスと心の落ち着きが必要で、そのあたりが大変難しいとも思った。時にはグループカウンセリング体験を取り混ぜる必要があるとも思う。

 この日は京都拠点に泊まった。今日は、自宅まで移動。すごい雪。自動車なのでどうしようかと迷ったがとにかく自宅に帰りたかったので思い切って出かけることにした。途中、天王山、茨木あたりがすごい雪だった。道路もシャーベット状になっていた。走りは安定していたので恐怖感は無かった。しかし、やたら車線変更をする車、ブレーキを踏む車、追い越し車線を飛ばしてくる車には冷や冷やさせられた。混んでいることを承知で海岸沿いのコースで帰ることに決めた。西宮あたりから雪の様子がすっかり変わり、道路もただぬれているだけになっていた。但し、すごい渋滞。でも、高速で走るよりは良いかも知れない。明石で昼食。五目焼きそばがおいしかった。ともかく走って無事に自宅に帰れた。やれやれホッとした。

2008年2月 7日 (木)

インターネットでミーティング

 今日はSkypeを使ってCSP: Center for Studies of the Personの月例ミーティングに参加した。

 前半は、Wade Hannonさんというゲストスピーカーに来てもらってプレゼンテーション。題目は、コンセンサスについて。集団の意志決定をどうするかということについてだ。これは残念ながら終わってからのフリートーキングだけの参加になってしまった。時差の計算を1時間間違っていたのだ。でも、いろいろ啓発された感じだ。特に、「集団において、葛藤や対立は極めて当たり前のこと。そこから何かが生まれてくる」という発言は印象に残っている。その通り。葛藤の中から粘り強く聞き合い、話し合う柔軟な強さがこちらには必要だと思った。

 その後は、Board Meeting。理事会みたいなもの。でも、こんな堅苦しいものでない。自由に話し合う。時には激しいヤリトリになるときもあるが、今回は極めてスムーズだった。協議事項(アジェンダ)は秘密だが、新たな試みが検討された。前向きな姿勢がおもしろい。私は次の仕事があったのでここで別れることにした。

 休憩の合間にあるメンバーと個人的に話をした。企業に勤める人達へのコーチングについてこれから検討しあいたいということになった。すごい楽しみ。企業はすでに、そしてこれからますます国際化していく。日本企業もアメリカの人達と共同で仕事を進めている。このようなコミュニケーションスキルは必要だ。そして、とにもかくにも私の良い勉強になる。楽しみだ。

 楽しい時間だった。おかげで気分がずいぶんスッキリし、これからの力が湧いてきた。USAというのはともかくパワフルなところだ。

 それにしても改めてニューテクノロジーのすごさを思う。ディスプレイを通してまったくリアルにこちらと現地とがつながる。テレビの中継と同じだが、こちらは身近な等身大の中継。突然英語の世界に入り込むので最初は戸惑った。しかし、徐々に慣れてくる。向こうは夕方、こちらは朝方。これまた不思議。終わってからもボーッとして不思議な感覚だった。来月もまた楽しみである。

 その後は京都拠点でカウンセリング。有意義な良い時間だった。

(ところでこれからは出来るだけマメに更新していこうと思っている。あくまで目標だけれど)

2008年2月 6日 (水)

出発

 ブログのデザインを変更。はじめてCSS編集機能を使ってちょっとカスタマイズ。背景をCHODRホームページと同じものにした。特にどういうというわけではないけれど、html記述を変えることで画面が変化することがおもしろかった。暖色系で気に入っている。というわけで気分転換。

   (アポロ8号から撮った地球。NASAのページから・・。懐かしい。)

 

 このところ内面でいろんな事があった。ちょっと落ち込んだときもあった。しかし、そんな中で、今まで避けてきたあることがやりたいという気持ちが浮上してきた。ほんとはこれがやりたいと思っていたのに、あまりにもハードな感じで避けてきたもの・・・。でも、これをいつまでも避けていたのでは、後で後悔する。そう思った。なんだか抽象的で申し訳ない。中身については、もっと結果が出てきてからにする。今年の終わりぐらいには結果が出ているだろう。

 ところで、明日は、カリフォルニア、ラホイヤにあるCSP: Center for Studies of the Personの月例ミーティングがある。現地時間は2月6日水曜日の午後である。Skypeを通して参加することになっている。私の他にロシアからも参加することになっている。思えば不思議なもの。楽しみだ。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »