2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月28日 (土)

さすがに疲れた+α

 一週間が終わった。さすがに、土、日に仕事をしてそのまま休みなしで走ったら疲れたこと。金曜日の朝はちょっと限界気味だった。小休憩をして小回復。目に見えない仕事なので疲れも目に見えない。しかし、確かに疲れている。眠くて、体の芯に「疲れ」が貯まっているような感じだ。いい仕事をしたという実感はあるけれど・・・。

 ところで、ずっとそのままにしてあった「年金とくべつ便」を郵送した。なんと厚生年金分がごっそりと抜けていたのだ。年数にして約10年分だから相当なものだ。うんざりしてそのままにしてあったのだ。ハガキが来たので取りかかることにした。「まずは電話を」となっていたので電話をした。前回はなかなか出なかったけれど今回は1分ぐらいの待ちででた。名前と基礎年金番号を言うとむこうから加入状況を知らせてきた。なあーんだ入っているではないか・・。照合すると間違いなく私の記録がつながった。やれやれ、ひとまずホッとした。

 それにしてもひどい話。ちょっと信じられない。これでも国民を預かる国家(社会保険庁だけの問題ではない)と言えるのだろうか。こちらはせっせと税金を払い続けているのに・・・。今日も新聞を賑わせていたようだ・。もうほんと近いうちにに社会保険庁は解体され、民間の機構がその業務を引き継ぐことになる。うまく引き継げるのだろうか。そして、民間特有の不平等な仕事ぶりになるに違いない。こういうことって明らかに国家の仕事ではないのか。こんなことが衆議院3分の2という自・公議席数の下でハッキリと知らさせないままに決定されてしまった。いよいよもって将来が不安な国である。このままでは本当にダメだと思う。

 あれあれ、どうしたことか疲れたことだけを書こうと思ったのにこんな話になってしまった。これぐらいにしておこう。幸い、明日、明後日とはオフである。じっくりと休憩しようと思う。

2008年6月22日 (日)

宿泊版育ち合う人間関係を体験する集い

 「宿泊版育ち合う人間関係を体験する集い」が終了したばかり。CHODRとしては、宿泊の集いは初めてである。場所は、相生市羅漢の里。山に囲まれた落ち着いたところ。雨が降っていたが、かえって景色は美しく、暑くもなく、しっとりとした良い感じであった。

 じっくり、じっくり話し、聞き合い、共有できる空間がなんとも充実していた。今、改めて思う。人生というのは生やさしいものではない、少しはおもしろいと感じることはあるけれど、多くは、しんどかったり、苦しかったり、我慢、忍耐であったり・・・。仏教では、少しは楽しいなんて自己誤認、「一切皆苦」と喝破している。そもそも「一切皆苦」で、そこに座りきれたらよいのに、「少しは楽しいことがある」と自己誤認してしまうところに、私達の悩みの根本があるのかもしれない。これまたすごい話だ。そんな中でそれらを共有しあえる仲間がいることは本当に貴重だとつくづく思う。

 次回は、11月中旬を予定している。楽しみになってきている。一緒に集った仲間に感謝。

2008年6月16日 (月)

個人ブログ欄に変更

 このページを「CHODRトピックス」欄から個人ブログ欄に変更した。CHODRの活動=個人の活動、個人の活動=CHODRの活動なので客観的なトピックス欄というより個人を主眼としたブログ集にしていくほうが良いと思った。今は私だけのブログだが、将来的には、私だけではなく、CHODRに関わるそれぞれの人達のブログリンク集になることを楽しみにしている。私としても、この方がもっと心軽く書きつづることが出来る。

2008年6月15日 (日)

近況報告

 新しいページとブログが始まったので紹介します。5月にイギリスを訪れたことがきっかけで始まった縁です。これも不思議といえば、不思議・・・。ここからずいぶん刺激を受けています。私にとってはとても大きいことでした。今後の展開について深く考えることになりました。これらのことについて、言葉にしていく必要がありますが、ちょっと落ち着いて書く必要があります。近いうちにと思います。

http://amidatrust.ning.com/profile/KazuoYamashita

 私の方はいたって元気。大学での仕事とCHODR活動が続いています。大学の仕事は結構ハードで疲れはします。けれど、こうやって人の縁が続いていくのはやはり有り難い。ひとつひとつを大事にしていきたいと思っています。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »