2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ぼちぼちエンジン始動 | トップページ | 迷い(真酔い)は楽し »

2009年10月10日 (土)

味わい深いこの頃

 カウンセリング面接研修が始まる。カウンセラー役、クライエント役、観察者の三役を決めて15分間の面接を実際に行う。時に、30分行うときもある。ロールプレイとは違って、クラエント役は小さなことでもよいから今、実際に自分が困っていることを話し、カウンセラー役は自己探求が進むように援助する。観察者はタイムキーパーと同時にそのヤリトリを観察する。面接が終わったら気づいたことや感想を出し合い深める。

 そのヤリトリの中でリスニング練習になるとと同時に、今、実際に動いている自分を表現することによって日常生活の実際の問題解決に役立ったりする。また、次第に一瞬、一瞬の自分の心の流れに気づき、流れのままにそれに沿うことを体験していく。かくあるべきから離れ、心が現実に沿い、柔軟になっていくところが大変面白い。一参加者はずっと来られているが、次第に自由になっていく自分を感じておられる。自分の心の動きや考えを外に出し、他者ともふれあっていく、話し合っていくようになって来たとのことだ。続ければ続けるほど奥深いものだ。

 同時に、昨日は、D-pca学習会。仏教(真宗)を基にしたパーソンセンタード・アプローチとでもいうべきもの。次第に自分のアプローチとして自己の中で溶け合って、自分とは切っても切れないアプローチになってきていると思う。今後の探求が楽しみである。学習会は、学習者中心(learner-centered)である。それぞれが主人公。自由な流れの中で時には激しく、時には深く自分や人生について味わせていただいている。言語化がこれからの課題だ。

 久しぶりに友人と妻とで金閣寺を訪れた。修復なってきらびやかそのものだった。ただし、すごい混雑ぶり。外国から沢山、沢山、来られていた。ここにいるとこちらが外国人のような気がしてくるのがおもしろい。沢山の人達に共有されるのはうれしいことだが、あのしっとりとした佇まいが見られなかったのが残念ではあった。

« ぼちぼちエンジン始動 | トップページ | 迷い(真酔い)は楽し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ぼちぼちエンジン始動 | トップページ | 迷い(真酔い)は楽し »