2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年11月

2010年11月24日 (水)

児童養護施設でのケアワーク研修会-育ち合う人間関係の集い

 先日、22日(月)は、児童養護施設守山学園での研修会。ケアワーク研修会と名付けている。

 しばし仕事を止めて語り合う。児童とのこと、児童の親とのことなどなど・・。先生達の思いが語られる。それぞれにそれぞれの思いがあり、その中で動いている。その流れに耳を傾ける事が出来たらなといつも思う。ついつい、どうしたら(How to)を求めてもがいてしまうけれど、それは必ず空回りに終わる。心の動き、私達を囲んでいる気の動き。そんなことに耳を傾け、感じることが大事だなと改めて思う。

 この研修、言ってみれば漢方薬のような働きをしているのではないか。じわじわと効く、効いたかどうかもわからない、でも、確かに何か効いている。間がおけたり、いろんな事に気づけたり・・・。そんな場かなと思っている。思えば、初めてからもう18年にもなる。思えばすごい事だ。不思議なご縁。

 次回は、年明けに1日研修。職員さんのグループを2つに分け、職場から離れて1日語り合う時間を設ける。楽しみ。

 

Toji(東寺-京都)

2010年11月19日 (金)

変わりのない毎日こそ貴重

 このブログのデザインを少し変えた。気分転換。

 風邪はすっかり良くなった。火、水と大学、他は育ち合う場研究センターの仕事と変わりなく過ごしている。家族も元気にしている。大して収入があるわけではないがともかく生きさせてもらっている。ほんと特に変わりのない毎日。しかし、こんな状態が一番いいのだと思う。縁ある人達も喜んでくれているようだ。体が動かなくなるまで続けていきたいものだ。

 今後のセンター活動コンセプトがほぼ出来上がった。これからホームページやパンフレットにそれをあらわしていくことにしよう。

 今日は、京都でワイガヤ。いろいろ語り合えて充実した時間であった。なんでもないことのようなのだが心置きなく表現できる事はかけがえのないことなんだと改めて思う。

 では、また・・・。 

2010年11月 7日 (日)

週末から今日にかけて-D-pcaと栄養士さんとのワークショップ、そして音楽-

 11月5日(金)は、D-pca研究会。今回は、50分の実際のカウンセリングをグループの中で行ってみることにした。クライエントになってくださる方は今実際に問題にしている事を表明する。メンバーはそれを共有している。クライエントはもとより、どの人にも貴重な経験になる。カウンセラーをする私もいろんなフィードバックをもらう事になり、大変よい気づきの機会となる。終わって夜になってから大変疲れている自分を発見。それはそうだろう。でも、とてもよい疲れであった。

続きを読む "週末から今日にかけて-D-pcaと栄養士さんとのワークショップ、そして音楽-" »

2010年11月 4日 (木)

おめでとう小澤征爾氏

 指揮者の小沢征爾氏にウィーンフィルの「名誉団員」の称号が授与された。氏は、自らの音楽活動を東洋人による西洋音楽への実験とか時には苦闘とか呼んでいる。ウィーンでは大変苦労されたようだが、この実験がひとつの成果を結んだということ。これはすごい。

続きを読む "おめでとう小澤征爾氏" »

2010年11月 1日 (月)

アナログマ(熊)からチデジカ(鹿)へ。

 テレビのデジタル化はほんと気の重いことであった。そんな中で、アナログ対応のDVDレコーダが思ったより早く壊れてしまった。これじゃ一挙にデジタル化に進まなくてはならない。レコーダーを買い換えたらどちらにしろBSも地上波もデジタル対応になってしまうのだ。しかたがないし、これをアナログテレビにつないで使おうかと思っていた。そう思っていたが、家族の思いもあり、テレビも買い換えようということになった。フルハイビジョン40型が70,000円台になっていたこともあるし・・・。

続きを読む "アナログマ(熊)からチデジカ(鹿)へ。" »

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »