2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« やったね、いよいよこれから。 | トップページ | あの爆発は原子炉の爆発ではない。 »

2011年3月15日 (火)

タイトルつけられないわ。

 今日は、相生法林寺でのワイガヤ。詳しく書けないけれど何かすごく深いところを出し合い聞き合ったとても充実した時間であった。

 その後、近隣のお葬式。若い人から順番に死んでいく。

 東北での地震。言葉もない。こちらはほんとたまたま地震に会わなかっただけのこと。この「たまたま」ってどこで決まるのだろう?改めて思う。心が痛む。もちろん自分とていつ死に直面するかはわからない。ただ、自分に都合の良いように死なないと決めているだけのことだ。ほんと明日事故か何かで死ぬかもしれない。まさに明日をも知れぬ我が身なのだ。と、よくよく肝に銘じたいとこんな時に思う。しかし、この瞬間にまた自分は死なないと思っている。明日の仕事はどうしようかと思っている。哀れなものだ。

 そして、さらに、原発の事故。これまた大ショック。今ここに大変なことが起きている。今の状態は必ず止まると信じているが、仮にそうなったとしてもこの原発群はもう使えないし、廃炉になったこれらをこれからどうしていくか。この一帯は人も入れない、住めない廃墟になることは目に見えている。まさに大きな大きな後遺症が残るわけだ。

 もちろんこんなこと思いたくもないが、もし、このまま炉心溶融を止めることに失敗すれば大惨事が待っている。考えたくもないが・・・。目を向けられないほどの大惨事が・・・。そうなればそれはたぶんチェルノブイリ以上だろう。原発はひとつではないのだから・・・。

 それが何よりショックだ。なんか疲れたな。

 思えば、えらいものを人間は作り出した。科学の粋なんてこんなものなのだ。広島、長崎で日本人は放射能被害には懲りているはずなのに・・・。こんな危ないものを安全だ安全だといって国民をだまして作り続けて来た電力会社はどう責任をとるのだ。そんなことすら出来ないじゃないか・・・。節電なんて言うけれど、オール電化、電気代安いよなんていって電気を使うことをさんざん勧めてきたのはどこのどいつなのだ。

 これを機に原発推進反対に何らかの形で関わろうかと思っている。

 それにしてもこれだけ時間が経ってこれだけマスコミを費やしても被害の全容がわからない。解決策も見つからない。ただただ映像を流し、わけのわからん解説ばかりぐだくだしているテレビ。原発に関してもいい加減な説明ばかり繰り返しているテレビ。次第にいらだってくる私がある。テレビこそ計画停波すればよいのじゃないか。大きな節電になるぜ。それよりなにより、ヘルメットのかぶり方からしっかり勉強せぇ。あれは前からしっかり被るものだ。漫画みたいなかぶり方しやがって・・・。

 他にも言いたいことはいっぱいあるけれど今は控えておこう。ともかく、一刻も早くこの事態が沈静化し、人々が救助されんことを祈るばかりである。

« やったね、いよいよこれから。 | トップページ | あの爆発は原子炉の爆発ではない。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やったね、いよいよこれから。 | トップページ | あの爆発は原子炉の爆発ではない。 »