2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月29日 (木)

守山学園ケアーワーク学習会

 児童養護施設は、 「保護者のいない児童、虐待されている児童、その他環境上養護を必要」(児童福祉法41条)とし、当面家庭で生活することが困難な児童を養護して、家庭に変わる環境を提供し、養育することを目的とする社会福祉施設といって良いかと思う。同時に保護者へも支援し、家庭復帰をめざしていく働きも大変重要な役割である。最近では虐待されている児童の養護が増えている。

 当然ながら、子ども達は厳しい環境におかれてきたし、それはますます複雑になっていくから内面的社会的にいろんな困難を背負っていることになる。もちろん子どもには驚くほどの力が備わっているから彼らなりにそれをこなしているのだと思うが・・・。しかし、それを反映して子ども達の養育には職員達は大変な苦労をすることになる。いわゆる家庭では基本的な愛着関係を基にいわゆる信賞必罰で社会性が育っていくことになるが、この環境はそうはいかない。そもそもの愛着関係が出来ていない児童がますます増えているから単なる信賞必罰で養育が成り立つものではない。まずは、その愛着関係の再保障ら始めなければならない。これはなかなか大変な事である。職員さん達の人間性や成長促進的な関係のあり方など援助者的立場にたつための専門的学習が大変重要になる。もっとも参考になるのは心理学から学ぶことであるが、大半の臨床心理アプローチは場面を限定した心理療法やカウンセリング関係をもとにしているので、複雑な養護現場では、それなりの工夫が必要になってくる。ここに社会福祉の専門職としてのケアワークアプローチが成立する基盤がある。

 この学習会では、ロジャーズの人間(個人)中心のアプローチ(パーソンセンタード・アプローチ)を基盤にして育ててきたものを中心に学習を重ねている。思えばもう20年近いお付き合いになる。目に見えてすごいことが起きたとも思えないが、継続は力なりで、学園ならではの養育風土が出来上がってきているのではないかと思えるこのごろである。今年度は、2回の海外出張があったので、前期はお休みさせていただいて、後期から始める事になった。この月曜日にそれが始まった。新しい職員さんもおられ、新鮮な雰囲気のなかで、この学習会の意義や目的や考え方などについて話し合いが出来たかなと思っている。これから月一回のペースで進めていく。途中で、グループを半分にわけた1日研修も用意している。これからもよろしくです。

DSCN1732 (東側から見た琵琶湖。曇天。なにやら幻想的。)
 

2011年9月15日 (木)

D-pca研究会、ワイガヤの会-生きつつ生かされる

 やはり残暑は残暑で暑い。一度涼しくなってぶり返したものだから余計に暑く感じる。とはいえ、暑さ寒さも彼岸までということばのとおり来週からは少しずつ涼しくなり、いよいよ秋に向かっていくのだと思う。テレビの気象情報とやらを見ているとやたら暑いように思うけれど、もともと夏は暑い。何か特別なことが起きているとも思えないのだが・・・。なんか気象情報がおかしいなと思うのは私だけだろうか・・・。

 

1.D-pca研究会。「仏法を基底にした人間尊重のアプローチ」。なんかやたら長い名前だなあ。「真宗カウンセリング」の方がわかりやすいかもしれないが、カウンセリングだけに絞られるものでもない。家族、教育、日常の友人関係などなど範囲は広い。と言うことで、それを表したくてこういう名前になる。

 9月9日(金)に龍谷大学大宮学舎をお借りして開催した。8月は夏休みだったので久しぶりに出会う感じがする。新しいメンバーも参加して下さり、次第次第に大きくなっていく。今回は、私のメキシコ、モレリア市で行われた第17回国際折衷的催眠療法家協会(拙訳)大会-The World Association of Eclectic Hypnotherapists への参加報告をした。光栄なことに私はここで40分のスピーチと3時間のワークショップをする機会に恵まれた。演題は、このD-pcaである。今回の研究会では、その時のビデオとレジュメ、スライドを使って報告をした。その後1時間ほどの自由に共有できる場を持った。メキシコの雰囲気を味わうと共に、それぞれの具体的なところで気づけたり、味わえたりした場であったと思う。この研究会はこれからも続く。次回は、10月7日(金)である。場所は、同じく龍谷大学大宮学舎である。

 

2.相生市法林寺で行われたグループ・リトリート「ワイガヤの会」。これも長く続いている。もし、仮に写真を撮るとしたらただ円になって座っているだけの写真になる。何をしたかと問われれば、??何をしたのだろう。ただ、座って話していただけのような気もする。これほど動きのない場もないだろう。でも、内面ではいろんな事が起きている。その手応えは確かにある。続けていくとその手応えはますます確実になっていく。自分が自分であるようになっていくというか、自然の声を聞くというか。自分も間違いなく自然の一部だ。私にはそういう場のような気がする。形は似ているけれどいわゆるエンカウンターグループともまた違う。「出会う」というよりもう少し受動的でひとりひとりの心に沁みていくと言った方が良いだろうか。ま、言葉にしにくい不思議な場ではある。私は次第にこの場もD-pcaを実践している場だなと思え初めて来ている。これもこれからも続く。次回は、10月17日(月)である。もう1カ所京都でも行っていてこれは来週9月22日(木)に行われる。

 

 ひとまずこれぐらいかな。ま、マイペースでやってますね。では、また・・・。

DSCN1262(龍谷大学大宮学舎-いろんな思い出がよみがえる) 

DSCN1612 (相生市法林寺)

 

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »