リンク

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 赤穂御崎など。いよいよ春。 | トップページ | D-pcaの集い »

2019年3月11日 (月)

加古川教信寺-野口大念仏

 しばらくぶりに加古川教信寺を訪れた。教信沙弥が祀られているところ。沙弥は奈良興福寺で修行された後、この地播磨加古川に来られ、市井に入られた。念仏を絶えず称えながら、農民と共に農業に従事されたそうである。当時の人たちからは「阿弥陀丸」と呼ばれていたそうだ。その活動範囲はかなり広かったらしい。こちら千種の方にも来られていたようだ。中でも、高砂市はその拠点だった。今も阿弥陀町阿弥陀としてその地名が残っている。その地にある小学校は阿弥陀小学校だ。思えば、約1200年も前のことになるのだ。

 境内はほんと静かである。閑静な住宅の真っ只中にあるのはある意味当時と同じだ。静寂感があり、心が落ち着く。当時は沢山の人たちが行き来し、称名念仏の声が響き渡っていたのであろう。願わくばその生き生きさが今もあったらなと思う。が、ここにこうして1200年も相続されてきたことはやはりすごいことだと思う。

 ここに佇まいながら当時を思い、同時に現在にも心を致す。ちょっと大上段で言うけれど、私の中で今生きている念仏を私なりの道でどのように表していくか。そんなことを思っていた。

 車で1時間弱のところなので時々訪れる。それはそれは美しい桜がいよいよ膨らもうとしている。もう少しだ。その頃が楽しみである。

 53513185_10157305884947160_36589528

54233793_10157305884727160_50352090

53499913_10157305884752160_22039630

54515551_10157305884712160_55859081

« 赤穂御崎など。いよいよ春。 | トップページ | D-pcaの集い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤穂御崎など。いよいよ春。 | トップページ | D-pcaの集い »