リンク

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 2019年10月 | トップページ

2019年11月

2019年11月20日 (水)

加古川教信寺

 今日の気分転換。加古川教信寺を訪れる。いつ行っても心が落ち着く。今回は団体でお参りの来られ動きがあった。お堂が開いていたのでお参りさせていただく。立派な立像の阿弥陀如来。静かにお念仏させていただく。時々訪れる私の大事な場所のひとつだ。なもあみだぶつ。写真をどうぞ。

続きを読む "加古川教信寺" »

2019年11月18日 (月)

本当にうれしかったインタビュー

 昨日はよく話した。私のアプローチに関心を持っている若い人たちが大阪から来てくれてインタヴューとなった。グループではいわゆる非構成、カウンセリングでは来談者中心、結果的に非指示となる私のアプローチに関心を持ってくれて私の話を聞きたいというのだ。どうしてそこまでぶれないで徹底できるのかという問いかけから、私と西光先生との出会い。その後の社会福祉現場や教育の実践についてなどなどほんとありのままに話した。さらに真宗と私との出遇いにも問いかけが始まり、それについても芯から心を開いて話した。幸いにも熱心に聞いて下さりとてもとても楽しい場となった。もちろん聞いている人たちにも充実した場になったようだ。気がついたら7時間も話していた。本当にうれしい限りである。そこにこだわって人生を歩んできて本当によかったなと思えた一時であった。本当にありがとう。


2019年11月16日 (土)

ウクライナ、カラキフ大学でのSkypeレクチャー終了-大感激-

 昨晩、ウクライナでのPCAカンファレンスのレクチャーが終わった。大教室に一杯の沢山の人たちが聞きに来て下さっていて驚いた。→関連記事

 

75580515_1730819990385243_59326026992110 75485927_1730820050385237_74385204319354

続きを読む "ウクライナ、カラキフ大学でのSkypeレクチャー終了-大感激-" »

2019年11月14日 (木)

いよいよ紅葉の季節-たつの市新宮町東山公園にて-

 今日の散歩。この10月、11月、暖かい日が続いていた。ところがここ数日で急に寒くなった。今年の紅葉は遅いように思われてどうなるかと思っていたがいよいよそれが始まった。やはり、しっかりと季節は移り変わっている。場所はたつの市東山公園。志んぐ荘という国民宿舎がある。がんばって続けておられる。春は桜、そして秋の紅葉は美しい。お気に入りの場所である。

 また、ここは寺田弥吉氏を記念した場所でもある。戦前の思想家。親鸞聖人に関する著作が沢山ある。これは始めて知った。たつの市は知識人が沢山生まれた場所でもある。写真をどうぞ。

74529535_10157980318187160_3458343692924

続きを読む "いよいよ紅葉の季節-たつの市新宮町東山公園にて-" »

2019年11月12日 (火)

ウクライナでの報告内容(予定): A Personal Voice from Japan-Around Person-Centered Approach and Buddhism-

 この15日(金)にウクライナ・パーソンセンタードアプローチ/体験過程療法カンファレンスでSkype報告する内容がほぼ出来上がった。タイトルは、「A Personal Voice from Japan-Around Person-Centered Appraoch and Buddhism-」にした。私自身の中で動いているものを表現し、分かち合えたらと思う。→関連記事

続きを読む "ウクライナでの報告内容(予定): A Personal Voice from Japan-Around Person-Centered Approach and Buddhism-" »

2019年11月11日 (月)

叔母の四十九日法要-改めて満中陰の意味を思う-

 昨日は叔母の四十九日法要が営まれた。いとこをはじめとして親戚が集まる。いくつかの家系の人たちが集まるのがおもしろい。それぞれ顔が似ているのがおもしろい。こうやって縁が広がっていくのだなと改めて思う。

75564572_10157967608957160_2827948815787

続きを読む "叔母の四十九日法要-改めて満中陰の意味を思う-" »

2019年11月 8日 (金)

全ウクライナ・パーソンセンタード・アプローチ/体験過程療法協会

 数ヶ月前に全ウクライナ・パーソンセンタード・アプローチ/体験過程療法協会(All-Ukrainian Institute of Person-Centered and Experiencial Pshychotherapy)からカンファレンスに招待していただいた。本拠地はカラキフ国立大学(V.N.Kharazin Kharakiv National University) である。ウクライナでも連綿とPCAの流れが動いているのだ。今、その準備中である。


75231731_10157961119497160_1966097386564(写真はいつも散歩する御津海岸。静かで考え事をするのにはほんとちょうどいい場所だ。)

続きを読む "全ウクライナ・パーソンセンタード・アプローチ/体験過程療法協会" »

2019年11月 6日 (水)

1995年ギリシャでの国際PCAフォーラムの想い出-国際的な出会いに大感動-

 パリ・ドゥルダンでの国際PCAフォーラムを機に今まで参加してきたフォーラムの想い出が蘇ってきて仕方がない。デジタライズした写真もいくつかある。それを見ながら感動を新たにしている。

 今日の記事は1995年にギリシャ・ラプカリアで行われたフォーラムの写真。これは私が最初に参加したフォーラムだ。今までPCAの虜になって学習してきて、楽しみや苦労を味わってきた。そうして、ここにきて一気に世界中にそれに関心を持っている人たちがいるのだという感動はすごかった。同志がいるのだ。そして、そのPCAの雰囲気の中で、国や文化や言語を超えた人との出会いに体全体で感動した。フォーラム中にオリンパス山に登ったのも楽しかった。また、その後アテネも訪れた。パルテノン神殿に感動。大理石で出来ているのだがまるで生きて呼吸しているような感じが不思議だった。

 これが私のこのフォーラムとの出会いである。それからはほんと私の人生の一部になった。これからもこれは続く。楽しみである。写真をどうぞ。それにしても私の若いこと。43歳の時である。

続きを読む "1995年ギリシャでの国際PCAフォーラムの想い出-国際的な出会いに大感動-" »

2019年11月 5日 (火)

法座ー深い宗教的気づきの場ー

 先日の日、月はお世話になっている浄土真宗華光会の年次大会があり、京都に泊まっていた。年次大会といっても法座である。浄土真宗の基本の場は法座と呼ばれる場。法話・信仰告白・座談の三要素からなり、名号(念仏)が大柱としてある。そこに身を置き、教えを聞き、私に向かう弥陀の本願力を聞き、私を諦らかにしていく場といえるかな。長い伝統がある。ここ華光会では法話の聞き放しに終わらず車座になって、あるいは寝食をともにしてお互いの届いたところ、味わいを交換する場がふんだんに設けられている。みんな本当にざっくばらんに遠慮することなく心境を出し合う。本当に生き生きとした場だ。

続きを読む "法座ー深い宗教的気づきの場ー" »

2019年11月 2日 (土)

赤穂城跡散歩-フォーラムの想い出が蘇る

 今日も好天。ビデオ返却とレンタル。散歩。赤穂城跡である。城跡というのは何か風情があり、いにしえに思いをふけさせられる。ここは平城だから山城の味わいともまた違って「昔のひかり今いずこ」という風情はないが、やはり、思いにふけることになる。基礎だけが残されていて当時の部屋割りが記されているのが面白い。赤穂の町並みも見渡せる。

 私にもここには思い出がある。第8回国際パーソンセンタード・フォーラムを開いたところである。その思い出がちょうどオーバーラップしていった。世界中から参加して下さった。よくこんなことが出来たな、あの時は勢いだったなと改めて思った。私の人生の一コマ。西光義敞先生のお元気な姿もある。懐かしい思い出である。同時にこのフォーラムはこれからも続く。生きているのである。そんな楽しい時間だった。(写真をどうぞ)。

続きを読む "赤穂城跡散歩-フォーラムの想い出が蘇る" »

2019年11月 1日 (金)

次回国際PCAフォーラム in ローマ・ミーティング

 昨晩は次回国際PCAフォーラムのミーティングに参加した。もちろんSkypeでのミーティング。次回はイタリアの人たちが中心になって開催。その際、国際企画委員が作られているがそのメンバーに参加させてもらっている。私たちの意見が聞きたいということで開催された。

続きを読む "次回国際PCAフォーラム in ローマ・ミーティング" »

« 2019年10月 | トップページ