2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 姫路城好古園にて梅見 | トップページ | 3月の相生D-pca研究会-基本的仮説、成長促進条件- »

2020年3月 9日 (月)

2020年3月の聖典講座-仏説観無量寿経 散善三観 下輩観-

 昨日8日(日)は、浄土真宗華光会の聖典講座。仏説観無量寿経の講座が続いている。今回は、いよいよ大詰め散善(三福九品)下輩観に入り、下品上生、下品中小、下品下輩を頂く。口称念仏が勧められていく。

 仏説観無量寿経を拝読してみてともかくおもしろかったのは、このお経は浄土に往生し、仏になるための行、観想念仏行が具体的に述べられていることである。方法が具体的に述べられているのだ。英語で言えばHow to practice for becoming Buddhaである。まさにわかりやすいお経なのだ。

 ところがところが、わかりやすくても実行はなんのなんのとてつもない難行だ。私にはとても出来るものではない。気が散ってしまう。まさに凡夫なのだ。そうして、底に流れているのはまさに阿弥陀仏のたゆみないお働きである。それが私たちに差し向けられている。他力廻向である。ここを感得していくことが大事なのだ。そうしてそれを明らかにされていったのが親鸞聖人である。

 その後の座談でも一人一人の発言を通してそのお働き、智慧と慈悲が働いているのをまざまざと見せていただいたと思う。本当に生き生きとした場であった。

 なんか大きく身心が動かされたのだが言葉にすると消えてしまう。まさにもどかしいことこの上ない。

 

« 姫路城好古園にて梅見 | トップページ | 3月の相生D-pca研究会-基本的仮説、成長促進条件- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 姫路城好古園にて梅見 | トップページ | 3月の相生D-pca研究会-基本的仮説、成長促進条件- »