2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« コロナ事件に思うこと(1)-要旨:「自身の成長への力」「自愛」- | トップページ | コロナ事件に思うこと(3)-検査信仰- »

2020年4月 2日 (木)

コロナ事件に思うこと(2)-マスコミ、これは酷い-

 今回に始まったことではないけれど、一連の事件でほんとかなわないのはマスコミだ。今やマスコミは、テレビ、新聞だけではなくインターネット情報だ。かつてはブログなどマスに依らない情報が取れたけれど、今やインターネット空間は完全にマスコミ情報に席巻されてしまった。もうどれを取っても入ってくる情報は同じだ。

 これが本当によくわからないのだ。「感染者数・・・人」、「今日の死亡・・・」。こんな情報ばかりがトップにずらりと並んでいる。これだけで感情が揺すぶられてしまう。そうして中を見ていくとますますよくわからなくなるのだ。「そもそもどんないきさつで検査にいたったのか?」、「どんな検査をしたのか?」。「感染者の様子は?」、「重症なのか軽症なのか、症状があるのかないのか?」、「亡くなった方達の様子は?プロセスは?」、「どんな手当をしたのか?」、「合併症は、既往症は?」、「その時の状態は?」、「回復した人は?」などわからないことだらけだ。ただただ数字が並んでいるだけなのである。これだとすべて強力なウイルスにやられてしまうという印象なのだ。

 また、コロナウイルスばかりみていて全体像もわからない。そもそも全体の死者数は増えているのかいないのか?肺炎患者数は例年に比べて増えているかどうか?、死亡者数は例年より増えているのかそうでないのか。そのような全体の中の位置づけが全くわからない。こちらの直観としてはそれほど変わらないのではないかというものなのだが、それを検証する手立てがない。

 こんな状態なのであたかもコロナウイルスが強力なウイルスで怖いものなのだという印象が植え付けられてしまう。不安感が高まるばかりなのだ。不明瞭で不確かな情報の中にいる漠然とした不安感、恐怖感だ。このエネルギーはとても強いものだ。いくつかのサイトを見てみたが特にNHKがひどいように思える。これはほんとにかなわん。

 ということで、マスコミ情報からは出来るだけ遠ざかることにした。もちろん全く見ないのも問題だ。中には大事な情報があったりもするから。けれども、とにかく距離を置くこと。これがまずサバイバルの第一歩だ。

 マスコミ情報を離れ一旦目をつむり、目を開けてみる。ドライブや散歩に出かける。そうしたらなんと世の中落ち着いているではないか。みんな普通に生活を営み、元気にしている。桜が咲き始めている。季節はめぐる。なんだ大したことじゃないかと思えてくるのだ。現に日本のコロナによる死者数は少ない。

 ところで一体なぜマスコミはこんなにおかしいのだろう?従来はなんらかの意図があって操作のために情報を流しているというものだったが、今回はどうなのだろう。もし、意図があったとしたらこれはとんでもない意図だ。いくらなんでもねと思える私ではある。これについては後ほど書くかもしれない。

« コロナ事件に思うこと(1)-要旨:「自身の成長への力」「自愛」- | トップページ | コロナ事件に思うこと(3)-検査信仰- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ事件に思うこと(1)-要旨:「自身の成長への力」「自愛」- | トップページ | コロナ事件に思うこと(3)-検査信仰- »