2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 来年また会いましょう。 | トップページ | ゆったり出来た1日ー海の青さが目に焼き付いているー »

2020年4月30日 (木)

いなす心の持ち方の学習だな-なんとも鬱陶しく、悲しい今日-

 今日はまさに快晴。日差しもポカポカで暖かい。

Dscn5425

 買い物を兼ねて赤穂に行き、あの美しい坂越の海岸で軽く散歩しようと思っていた。そうしたら駐車場はクローズ。あの決まり文句「コロナ感染拡大防止のため・・・」。丸山県民サンビーチもダメ。あちゃ参りました。海は青々として美しいのに・・・。私たちだってしっかり気を利かせて距離を取って歩くのに・・・。がっくりを通り越して悲しい気分になった。

 これは実はトリプルパンチ。

 3日ほど前にはこれまた買い物と社会見学を兼ねて姫路大津イオンを訪れた。食料品売り場と衣料品売り場は開いていたがすべて閉鎖。もっともこれは想定内。とはいえ、食料品売り場に入ったら放送で「野菜は距離をとって置いています。皆さんも距離をとって下さい、とって下さい」の連呼。もちろん録音されたものだが何度も何度もいうのでうるさいことこの上なし。なんとも言えない鬱陶しい雰囲気。次第にわかってきたのは閉めているのは専門店ばかり。イオン売り場はしっかり開けている。しかも、朝8時から夜10時まで。一見協力しているようで実はしっかり自社の利益を考えている。ほんとイオンらしい。その上、専門店街に行く通路はしっかりシャッターを閉めているので食料品売り場は密閉空間になっている。この偽善的雰囲気にはほとほと嫌気が指した。これじゃ「マイナスイオン」だ。暗い気持ちでそこを出た。といいながらそれなりに買い物をしてしまったところがこれまた情けない。

 そうして今日は赤穂のツタヤ。さすがにイオンほどしつこくはないが、「お客さまへのお願い、レジでは空間を空けて下さい。集団での来店はご遠慮下さい」との詔。これも参りましたね。そんなこといわなくても私たちは気をつけるのに・・。

 そもそもソーシャル・ディスタンスってまったく無意味とは思わないけれどほんとうに効果はあるのか。これは疑問だ。人と接していても感染しない時はしないし、する時はする。離れていても感染する時はする。そもそもこんなものだ。なんといってもこういう閉塞的なストレス状態が一番心身に悪い。こちらの要因が大事なのだ。

 なんか憤りと悲しみが混じる今日この頃である。こんなことがもう一月続きそう。たまらん。ま、こちらもサバイバルだから生真面目に向き合って体調を悪くしてもいけない。ストレスは調子を乱す最大要因だから・・・。適当にいなす心の持ち方を学ぶチャンスかとも思う。怖いのはコロナウイルスよりも世界規模の社会的狂乱だ。トリガーは恐怖心だ。いやはや幾つになっても学ぶこと多し。コロナのことについて書くのをもう終わろうかと思ったけれどこうやって続いていくな。

« 来年また会いましょう。 | トップページ | ゆったり出来た1日ー海の青さが目に焼き付いているー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 来年また会いましょう。 | トップページ | ゆったり出来た1日ー海の青さが目に焼き付いているー »