2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« やはりこちらにも影響があったな-いくつかのプラン取りやめ- | トップページ | 猫の思いや如何に? »

2020年5月 3日 (日)

もう一度養生とは何かを振り返ってみる-大事なのは温かくして安静(横になる)にすること-

 風邪様の症状が出たらどう養生するか。おさらいをしておこうと思う。これは自分だったらこうするということだ。浜六郎氏の「風邪・インフルエンザ治療の8か条」がそのまま適用出来ると思う。基本は同じだから。

  1. くしゃみ3回、さむけがしたら鼻・喉・体を温める

  2. 食べ物・飲み物は温かく、そしてマスクも(喉を湿らせ温めるため)

  3. 安静に、ひたすら寝ること休むこと(眠れなくてもめをつぶって横になる)

  4. もったいない。熱は下げずに待ちましょう

  5. 暖かく感じ、汗をかいたら、着替えましょう

  6. 要りません、タミフル、解熱剤、抗生剤

  7. 鼻水・咳止めも効かない、害がある

  8. 我慢できない痛みには、アセトアミノフェンを少しだけ

(浜六郎『やっぱり危ないタミフル』医薬ビジランスセンター p.250より)


 これは例のタミフル問題があった時のものでインフルエンザ様に書かれているけれど、そもそもインフルエンザは風邪の一種。そうして何よりも原因はどうであれあるゆる病気につながることだ。ともかく基本は同じだ。特に安静は大事だ。横になることだ。私の子どもの頃はこれが基本だった。なんともう60年も前になる。この有効さを体で知っている。寝ていれば治るのだ。今はこの大事さが軽んじられているように思う。薬を飲んで普通の生活を続ける(安静を軽んじる)という具合に・・。これが問題を生んでいるのだと思う。その意味で「養生」という古い言葉を使ってみた。もちろんこうして症状が改善しなければ受診をして多角的に調べてもらう必要はある。他の病気も考えられる。

 ところで、私は糖質制限食をしてから風邪を引いたことがない。6年前から始めたが今までになかったことだ。自分でも驚いている。体の中がいつも暖かくて引くような気がしないのだ。糖質の頻回過剰摂取は生体のバランスを取る働きが崩れる。とはいえ、そうならないという保証はない。無理をすることだってあるだろう。その時のために心に止めておこうと思う。→ブログ内関連記事

« やはりこちらにも影響があったな-いくつかのプラン取りやめ- | トップページ | 猫の思いや如何に? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やはりこちらにも影響があったな-いくつかのプラン取りやめ- | トップページ | 猫の思いや如何に? »