2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 龍野公園聚遠亭にて-緑が美しかった- | トップページ | 7月相生D-pca研究会-どんなカウンセリング技術があるか-その1 »

2020年7月13日 (月)

思えばスピリチュアルだった日曜日

 昨日午前中は真宗ご法座に参加。法話を聞き、Zoomでの座談をする。「南無阿弥陀仏」。これは言葉にしてしまえばこれだけのこと、文字にしてしまえばこれだけのこと。知らなければなんだこんなことと流してしまう。けれども、それって一体何?働きかけているって?疑問を持ち出すととても深い様相をもって私に聞こえてくる。大きな壁となって迫っても来る。私の真の姿を照らし出す鏡でもある。同時に、この私がもう生死の迷いを繰り返さない身となる道でもある。これは間違いなくわが身の内に起きてくることである。動かされていくことである。ここが深いし、面白い。それを常時問うていくことが大事だなと改めて思った次第。

 午後からは散歩に出かける。途中までS660ドライブして車を駐めて歩くといういつものパターン。行き先を決めないで出かけ、思いついたところに行く。今回は高砂市鹿島神社に出かけた。ちょうど高砂市阿弥陀町阿弥陀というところになる。すごい地名だ。かの教信沙弥が活躍された場所である。そこに大きな神社もある。そこを歩いた。適当に坂と階段があり、いい運動になる。パワーをもらった。仏と神、2つが一体となって私たちを見守って下さっているのだな。日本の神々は創造主でもない。我々を包んでいる気の働きだ。日本のスピリチュアルはここにあるのだなとこれまた改めて思いをいたした。写真をどうぞ。

 

Dscn5581 Dscn5579 Dscn5582 Dscn5583 Dscn5587

« 龍野公園聚遠亭にて-緑が美しかった- | トップページ | 7月相生D-pca研究会-どんなカウンセリング技術があるか-その1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 龍野公園聚遠亭にて-緑が美しかった- | トップページ | 7月相生D-pca研究会-どんなカウンセリング技術があるか-その1 »