2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 息抜きモード-赤穂御崎、香住海岸など- | トップページ | 【お知らせ】第5回「D-pcaの集い」開催-10月18日(日)10時から5時- »

2020年8月18日 (火)

一週間ぶりの更新-内面的に充実はしていた-

 更新しないまま一週間が経っていた。あっという間だった。その間心が動いて充実していたことは確かだ。

 ざっと振り返ってみると・・・。

 ひとつは、京都D-pca研究会についての検討。今までの流れを整理したり、自分の姿勢を振り返っていた。そもそも仏法に出遇うとはどういうことか。それを現実にどう展開していくか。そんなことを考えていた。「出遇う」。この意味について改めて振り返ることが出来た。真宗には「廻心(えしん)」というものがある。「自力の心を翻して他力に転入する」ということになる。これが個人に明らかに起きるのだ。すべては他力だがこの端的に迷いの世界から悟りの世界に(正確には浄土に往生して仏陀とならせていただく)ということだ。この意味や大きさについて思いをめぐらせていた。実に希有なことなのである。

 次は、個人カウンセリング。隔月ぐらいのペースで定期的に遠いところから来ていただいている。気分転換を兼ねて来談し、自分を振り返り、次へと向かうとてもよい機会になっているとのことである。本当に人生にはさまざまなことがある。状況は刻々と変わる。それに柔軟に対応していく必要がある。ここで話すことによってそれを見つめ直すよい機会になっているのだ。ほんとうにうれしいことである。

 そして、真宗座談の世話人。PCAとの出会いを通して進む自然なヤリトリのある座談の展開である。これはZoomで行った。Zoom特有の難しさや予想もしないことが出てきたが、それをも乗り越えながら自然でヤリトリのある場になったと思う。まさに、「人と人との関係」、「仏法と人々との関係」。この二重の関係がそこに展開したと思う。いろいろと改良したり、心得ておかないこともハッキリしてきた。よき学びの機会になったと思う。呼んで下さってよかった。

 とまあ、こんな具合である。内面ではそれなりに忙しく過ごしている。

« 息抜きモード-赤穂御崎、香住海岸など- | トップページ | 【お知らせ】第5回「D-pcaの集い」開催-10月18日(日)10時から5時- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 息抜きモード-赤穂御崎、香住海岸など- | トップページ | 【お知らせ】第5回「D-pcaの集い」開催-10月18日(日)10時から5時- »