2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« e-ワイガヤ・リトリートグループ | トップページ | 8月相生D-pca研究会-感情の反射、感情の明確化- »

2020年8月 3日 (月)

聖典講座-仏説観無量寿経を通しで頂く-

 昨日は浄土真宗華光会の聖典講座。仏説観無量寿経の総まとめである。いつもは細かく分解しながら読んできたので今回は現代語版を通しで読むことにした。皆で唱和しながら読んでいった。

 王舎城の悲劇に始まり韋提希(イダイケ)夫人への説法が始まる。浄土に往生する、つまり、苦悩を除去するための具体的な行(観想念仏行)が説かれていく。本当に具体的に述べられている。日想観から始まり真身観、観音・勢至菩薩観が説かれていく。そして、機に応じた善福が説かれていく(三福九品)。そして、最後は口称念仏(くしょうねんぶつ)、聞名、憶念、つまり信心の大事さが説かれていく。私たち罪悪生死の凡夫が仏になっていく道はここなのである。

 このような全体の流れがとてもよくつかめた。今までの講座も含めてこれを通して観経がとても身近に感じられた。ほんとわが身に生き生きと働き、活きているな。それを思わされた。

 そして、このお経にながれる表の意味(顕説)と底に流れている意味(隠彰)がわが身に届いてくる。観経は顕説では観想念仏の行が説かれているが、その底、その心には常に弥陀の本願力(他力)が流れている。この二重のお経なのだ。勧められていく観想念仏行のところどころにその伏線が敷かれていて本願の働きが姿を出す。そんなお経だ。

 善導様、法然様、親鸞様とこれはつながっていく。そして、親鸞さまはそこを捉えられた。そして、これが数百年の時を経て、今生のわが身に届いてくる。善知識さま、御同行との出会いを通して私に届いてくる。そこに私が仏法に出遇うご縁が整ってきたのである。

 そのようなことを思わされた時間だった。この感興は言葉では言い尽くせない。南無阿弥陀仏。

« e-ワイガヤ・リトリートグループ | トップページ | 8月相生D-pca研究会-感情の反射、感情の明確化- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« e-ワイガヤ・リトリートグループ | トップページ | 8月相生D-pca研究会-感情の反射、感情の明確化- »