2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 10月京都D-pca研究会その3-「信」と「疑」- | トップページ | 第6回「D-pcaの集い-「人」と「自己」と「仏法」との出遇い-開催 2021年2月14日(日) »

2020年11月 2日 (月)

Zoomを通した出会いが連続する1日となった-10月31日(土)-

 先日10月31日(土)。午後はカウンセリング、夜はCSP (Center for Studies of the Person)定例ミーティングと続いた。いずれもZoomを使った出会いとなった。とてもいい天気だったので午前中は赤穂御崎を訪れた。やはり赤穂御崎には青い空と海がよく似合う。

 

Dsc_0170

 カウンセリングはふとしたご縁で行うことになった。ホームページを通して見つけて下さった。閉じられていた不安や体調不良が次第次第に表出されていく場となった。気持ちが楽になったとおっしゃっていた。このような場の必要性を改めて思う。そして、Zoomセッションの大事さも逆に思った次第である。距離が離れているときにはその必要性はとても大きい。→カウンセリング-心のときほぐし、そして自己発見の場-

 夜10時(現地は朝6時)からはカリフォルニア、ラ・ホイヤにあるCSPの定例ミーティング。これもZoomだ。年4回で行われている。メンバーの交流の場であり、出会いの場であり、この組織の運営について話されたりと多様な場である。私には異文化体験ができる貴重な場だ。アメリカの人たちが中心だが国際的な場にもなっている。英語での思考の進め方の違いがとてもおもしろいし参考になる。もちろん人と人との気持ちの交流がそこにあり、とても豊かな時間となる。深夜2時(現地は朝10時)まで参加したがさすがもう眠くて寝ることにした。時差は厳しいが現地の人たちも朝早くから開始してくださり参加出来ることとなった。

 ということで、おかげで有意義な1日となった。このご縁の不思議さを改めて思う。日曜日はボーッと1日休憩となった。

« 10月京都D-pca研究会その3-「信」と「疑」- | トップページ | 第6回「D-pcaの集い-「人」と「自己」と「仏法」との出遇い-開催 2021年2月14日(日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月京都D-pca研究会その3-「信」と「疑」- | トップページ | 第6回「D-pcaの集い-「人」と「自己」と「仏法」との出遇い-開催 2021年2月14日(日) »