2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »

2020年12月

2020年12月30日 (水)

おかげで今年も元気に過ごせました-1年の振り返りを兼ねて-

 今年も残りわずか。月並みだけれど1つの節目になるので改めて今年を振り返ってみたいと思う。

Dsc_0268

 

続きを読む "おかげで今年も元気に過ごせました-1年の振り返りを兼ねて-" »

2020年12月25日 (金)

12月の聖典講座-『御伝鈔』「六角夢想」。聖徳太子に思いをいたす-

 先日の日曜日(20日)は、浄土真宗華光会の聖典講座。『御伝鈔』(4) 上巻第三段「六角夢想(ろっかくむそう)」の講義。連続講座4回目である。このところずっと私の頭の中を去来していた。今言葉に出来てきた感じなので私の味わいを書こうと思う。

続きを読む "12月の聖典講座-『御伝鈔』「六角夢想」。聖徳太子に思いをいたす-" »

2020年12月23日 (水)

本の紹介-大橋眞著『PCRは、RNAウイルスの検査に使ってはならない』ヒカルランド

 タイトルに紹介した本が出版された。今世間を騒がせているPCR検査のこと。原理的な問題点について言及されている。私はかねがねこの検査には限界があるのにそれが金科玉条になってしまっている、PCR検査陽性=コロナウイルスに感染という図式が出来上がってしまっていると思っておかしいと思えて仕方がなかった。今でもいわゆる感染者数(実は問題のPCR検査陽性者数)と人々の様子、あるいは社会の動きとの乖離があり納得できない事ばかりなのだ。でも、私の考えは素人の考えでもある。このあたり切り込む専門家がいないのか待ち望んでいたのだ。この本が出たことはとてもうれしいし、後押しされるような気がする。

続きを読む "本の紹介-大橋眞著『PCRは、RNAウイルスの検査に使ってはならない』ヒカルランド" »

2020年12月18日 (金)

2つのグループ体験-CSPエンカウンターグループとワイガヤ・リトリート・グループ-

 昨日(12月17日)は、2つのグループを体験した。ひとつはカリフォルニア、ラ・ホイヤにあるCSPのエンカウンターグループ、もうひとつは我が町相生でのワイガヤ・リトリート・グループ。どちらも心がふれあう充実した時間だった。

続きを読む "2つのグループ体験-CSPエンカウンターグループとワイガヤ・リトリート・グループ-" »

2020年12月16日 (水)

カウンセリング-かけがえのない時間-

カウンセリング。かけがえのない自分なりの人生を歩もうと悩み、探求し、苦闘していくクライエント。そういうクライエントの内的世界と共にいることはとても貴重な時間だ。これは人間中心アプローチの醍醐味のひとつでもある。Kazuo拝。

 

Dsc_0255

2020年12月13日 (日)

12月Zoomワイガヤ・リトリート・グループ-メンバー固定のメリット-

 昨晩はZoomでのワイガヤ・リトリート・グループ。これはメンバー固定で行ってきている。今感想を言葉にすることはちょっとできないけれど毎回こうして集まることができるのがとてもうれしい。何かホッとする感じなのだ。メンバー固定のメリットがここにあるなと思う。

2020年12月10日 (木)

12月D-pca研究会-静かな革命-

 一昨日12月8日(火)はD-pca研究会。まずはオープニング・ミーティングを行う。困っていること(気持ちも含む)は、日常生活の葛藤が出された。聴こうとするメンバーがいる中での表明は大きな意味を持つ。プランは1. 継続プランとなっている西光義敞『暮らしの中のカウンセリング』有斐閣の輪読。2. 時間があれば次回からのやりたいことを出し合うが出された。分かち合いはZoomによるオープンなワイガヤ・リトリート・グループを行っていく予定であるが出された。

続きを読む "12月D-pca研究会-静かな革命-" »

2020年12月 7日 (月)

相生法林寺報恩講-まさに目が覚まさせられる思い-

 先週土、日の2日間にわたって相生法林寺にて報恩講。松尾宣昭師のご法話を頂いた。ご讃題は二種深信。浄土真宗の要中の要(廻心)を文言ひとつひとつをあげられながら明快に身を通して説いて下さった。御法の働きがわが身を貫きまさに身が覚まさせられる一時だった。

 昨今の問題で縮小もされながらまたビニールカーテンで対策も立てられながらともかく対面での報恩講を実現させようというご尽力には頭が下がる。そのぶん本質だけが残った身の引き締まる法座になったようにも思う。写真と師があげられたご讃題を以下に載せる。

続きを読む "相生法林寺報恩講-まさに目が覚まさせられる思い-" »

CSP定例ミーティング-時間的には厳しかったが刺激を受けた一時だった-

 土、日は報恩講を挟んでCSP(Center for Studies of the Person)定例ミーティングにZoomで参加した。先方も早朝に開始され工夫してくださっているのだがこちらは深夜帯になってしまう。夏時間が終わったので午後11時開始と尚更だ。次の日のこともあるので午前12時半頃に退席した。議題はメンバの新プロジェクトのアナウンスメント。瞑想とエンカウンターグループを使った自己への旅路グループといってよいかな。このようにCSPではそれぞれのメンバーがプロジェクトを立てて活動出来る。その話しを聞くことでこちらもいろいろ刺激を受けた。充実した時間だった。

 さらに
報恩講終了後もイギリスを中心としたエンカウンターグループとブラジル・アルゼンチンを中心とした2つのグループがZoomで行われる。当初参加を予定していたがさすがに眠くて今回は不参加にした。やはりZoomといえども距離は超えられるけれど時間は超えられない。

2020年12月 4日 (金)

深い交流となったエンカウンター・グループ

 昨日はCenter for Studies of the Person (CSP)で行われているエンカウンター・グループに参加。メンバーを対象にして隔週で行われている。もちろんZoomを通してである。アメリカを拠点として、ドイツ、日本(私)の人たちがディスプレイ上で交流する。とはいえそれは雰囲気をもっていてひとつの場が形成される感じだ。ヤリトリは次第に深まりと熱を帯びて画面から人が飛び出して生き生き交流する感じがしてくる。私も子ども時代の思い出を話した。おもしろい。

 その後赤穂に用事があり、赤穂御崎を訪れる。何度も散歩するところだがなんど訪れても綺麗な海が待っている。濃密なグループの後だったので感慨もひとしお。神々しかった。写真をどうぞ。

続きを読む "深い交流となったエンカウンター・グループ" »

2020年12月 1日 (火)

新しいつながりに驚いている私-Zoom, Skypeは思ったよりおもしろいな-

 海外の人たちとエンカウンターグループのプロジェクトが動いていっているのがおもしろい。まだ実現しているわけではないが。

 また、アメリカの人から真宗カウンセリングを受けたいとの申し出があってこれにもびっくり。国際PCAフォーラムやCSP(Center for Studies of the Person)に参加を続けてきたことが縁を結び始めている感じだ。何より驚いているのは私である。

 手段はZoomやSkype。この新しいツールはそれなりに新しいつながりを生み出して行くに違いない。

« 2020年11月 | トップページ | 2021年1月 »