2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« ワイガヤ・リトリートグループ-やはりリアルはリアル- | トップページ | 2月Zoomワイガヤ・リトリートグループ-心通い合う感動的な時間- »

2021年2月27日 (土)

法座に取り囲まれていた一週間であった-感話と座談法座-

 書かないうちにあっという間に一週間が過ぎ去った。この間はカウンセリングを挟んで浄土真宗華光会法座の「世話人」、たつの市浄栄寺での感話と活動が続き、そのことで頭がいっぱいの日々であった。

 感話はやはりプレッシャーである。僧の方が仏法を取り次いで下さるのが法話。僧ではない在家の私が自らの中で仏法がどう生きているのかを話すのが感話。どちらにしろ仏前に立つとわが身が引き締まる思いがする。今の私に真宗がどう生きているか、四苦八苦を中心にそこから出離する道として話しをした。まさに現在の私がこのことを深く味わうからである。

 年齢を重ねることにこのことが身にしみてくる。同時にそこに絶えず働きかけている弥陀の智慧より働き出してくる慈悲の働きにこころをいたすのである。

 
その後、ささやかではあったが座談の場も設けた。親族間で暖かさがにじみ出る場であった。

 次は、座談の世話人、司会と呼ぶのがいいのか促進者と呼ぶのがいいのか、世話人と呼ぶのがいいのか。一人一人に働いている法の働きを信知し、それを語り、聞き合い、聴聞を深める場と言ってよいかと思う。パーソンセンタード・アプローチと仏法が二重の関係でもって働き出す。まさにそんな場だと思う。まことにD-pcaと呼ぶのにふさわしいと思う。これはZoomで行った。深い場であった。

 そんなこんなの一週間。まさに内面的に忙しい一週間であった。そうして今日はZoomでのワイガヤ・リトリートグループが午後から控えている。たくさんのご縁に恵まれている私である。

« ワイガヤ・リトリートグループ-やはりリアルはリアル- | トップページ | 2月Zoomワイガヤ・リトリートグループ-心通い合う感動的な時間- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワイガヤ・リトリートグループ-やはりリアルはリアル- | トップページ | 2月Zoomワイガヤ・リトリートグループ-心通い合う感動的な時間- »