2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« いつ見ても美しい-たつの市御津町にて- | トップページ | 美しい »

2021年4月27日 (火)

ここしばらくの私ーカウンセリング、グループ、法座ー

 5日ぶりの更新。先週木曜日(22日)から日曜日(25日)までカウンセリング、Zoomワイガヤリトリート、真宗法座世話人と連続して対人援助のが続いた。どれも充実した時間であったが、ちょっとしたマラソンのようで集中力が必要であった。昨日は久々の休養日とし、ちょっとホッとしている今日である。

 カウンセリング。一見マイナスの方向に向かっているように見えて、実は「一致」の状態に変化してきている。そのように思える場だった。一致はいつも元気であるとは限らない。その意味で本人にはとてもつらいことであるが悪いことが起きているとも思えず、むしろよいことが起きているように思える。そこが浮上してきたように思う。それも大事だなと思わされる時間だった。ひとつの価値観だけでは決めきれないなと改めて思う。

 さらにもう一件のカウンセリングとZoomワイガヤ。これはたんに気持ちや心理的な状況について話したり探求したりというわけではなく、興味を持っている事柄について話しあって行くことになった。社会状況についての関心。自分が今1番興味を持っている事についての話し合い。このようなどちらかというと外的な状況について話す時間となった。関心事について話し合うことは楽しい。興味を持っていることについて話し合うことは楽しい。カウンセリングとは必ずしも気持ちについてだけ話し合ったりするものでもないと思う。また、あるクライエントは仏教の諸行無常を思わせ、それを味わう時間ともなった。

 PCAカウンセリング、さらにD-pcaカウンセリングにはこのような自由性があり、そこが魅力だなと思った。

 そして、真宗法座の世話人。真宗の求道(ぐどう)は法話を聞くだけではない。お互い膝つき合わせて今の自分の領解(りょうげ)を出し合う場も極めて重要だ。座談、あるいは比量と呼んでいる。聞法・求道上の大きな壁について出し合う場ともなった。真宗安心(あんじん)は信心獲得(ぎゃくとく)、聞即信に極まるがそこがいかにむずかしいか改めて思わされた。私たちの身はそうはおめでたくは出来ていないのである。自力疑心でいっぱいのこの身なのである。座談の場でそのひとつひとつに気づかされていく必要がある。そういう厳しい一面を持っている。そんなことを思った時間であった。

 そういう意味でこの4日間はそれでいっぱいの私であった。とても感慨深く有意義な時間であった。

« いつ見ても美しい-たつの市御津町にて- | トップページ | 美しい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いつ見ても美しい-たつの市御津町にて- | トップページ | 美しい »