2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 10月D-pca研究会-「新しい援助的人間関係の実践体系」- | トップページ | 充実した一週間だった-相生精舎- »

2021年10月21日 (木)

第8回「D-pcaの集い」-大悲を基底に人との関係の中で自分を取り戻すひととき-

 10月17日(日)は第8回「D-pcaの集い」でした。じっくりと心と心が交流しあったとても深くて有意義な時間でした。さらに心の交流だけではなくお釈迦様の示された四苦・八苦、四諦について味わいました。生老病死の四つの根本苦はもとより、特に五蘊盛苦について尋ねました。結局はここに尽きるなと思います。苦というと特別しんどいことのように思いますが、実は、心がいつも落ち着かず一時も安まることのないことなのだと味わいます。そして生死の苦海を多生にわたって廻っていくのです(六道輪廻)。これが四苦です。まさに私の姿がそうなのです。

 

Received_1245577555911347-2

 

 それを超える道の一つとしてこのD-pcaがあります。人と人との支え合う関係、そしてその根底を指し示す仏法、特に弥陀の本願力の二重の関係と配慮になっていると思います。しんどいことを遠慮なく出し合う関係。それによってとても支えられるなとあらためて思います。その深さはちょっと言葉では言い表せません。そして、それを貫く仏と智慧に照らされてそこに関係だけに紛れてしまわない戻るべき根底をいただいていくのだと思います。

 

 さらに、これは古くから真宗で言い習わされてきた御同朋・御同行精神と合致するのだと思いました。御同朋はどちらかというと人との関係で支え合う道、御同行はまさにお念仏を聞くということになります。

 

この集いの意味について次第に明らかになってきているなと思いました。

 

次回は、来年2月13日(日)10時~17時です。詳細はこのページをどうぞ。

« 10月D-pca研究会-「新しい援助的人間関係の実践体系」- | トップページ | 充実した一週間だった-相生精舎- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10月D-pca研究会-「新しい援助的人間関係の実践体系」- | トップページ | 充実した一週間だった-相生精舎- »