2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« いよいよ70代の本格スタート-趣味の再開- | トップページ | 第13回D-pcaの集い-家族関係の大事さを改めて思う- »

2023年6月12日 (月)

小野剛蔵サロンコンサートVol.42-二つのギター 織りなすハーモニー-

 昨日は小野剛蔵氏のコンサート。大阪八尾市。毎回毎回私達の大きな楽しみの一つになっている。今回は神戸で活躍されている山崎繁氏を招いてのジョイント・コンサート。2人の個性が対照的なのがとても印象的だった。山崎氏はすごみのある鋭い演奏。小野氏はふくよかな暖かい演奏。私にはジュリアン・ブリームとジョン・ウィリアムスのデュオを思い起こさせた。

 

Ono3_20230612162301

 

 ブログラムはスペイン色豊かな曲構成。ブラジルとイギリスの音楽が混じって色彩を添えるのも面白い。山崎氏の演奏はすごい。うまく言葉で言い表せないのだがギターの音が迫ってくる感じだ。体に直接響いてくる。えっ、こんな風に弾かれるのかこの表情はどこから思いつくのだろう?驚きの連続だった。豊かな音色と音量に時間の経つのも忘れた。

 

 小野氏の演奏はとてもやわらかく美しい音。円熟した演奏だ。うっとりと聞き入る。どうしたらあんな柔らかい音が出せるのだろう?

 

 そして、デュオ。鋭い中にも豊かな山崎氏、ゆったりした中にも迫力の低音を聞かせる小野氏。とても楽しそうに弾いておられるのが印象的だった。それにしても無駄な音はひとつもない。同じ音が続くこともない。そういう心地よい緊張感がサロンに響き渡っていた。やはりプロはすごい。そしてギター音楽の多様さ、奥深さを改めて思った。なんという不思議な楽器なのだろう。

 

 とても堪能して家路についた。大阪、相生と2時間のドライブ。これまた気分転換が楽しい。こんな機会をいただいたことに感謝。次回も楽しみである。そしていよいよ私も7月からほんとつたない、つたないながら音を出す側にまわる。楽曲分析の研究会にも参加させて頂くことになった。これも望外の喜びである。

« いよいよ70代の本格スタート-趣味の再開- | トップページ | 第13回D-pcaの集い-家族関係の大事さを改めて思う- »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いよいよ70代の本格スタート-趣味の再開- | トップページ | 第13回D-pcaの集い-家族関係の大事さを改めて思う- »