2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« D-pcaカウンセリング-両者が絡み合う静かな世界- | トップページ | 黄葉、紅葉の季節 »

2023年11月13日 (月)

11月D-pca研究会-「聞く」は話し手聞き手双方に利益と充実をもたらす-

 先日11月7日(火)は「D-pca研究会」。いつものオープニング・ミーティングの後、西光義敞『暮らしの中のカウンセリング』有斐閣、輪読。聞くについてさらに深めた。第3章第1節「人間関係の焦点は「聞く」ことにある」後半、第2節「相手の気持ちが聞けているか」を読んだ。(p.123-139)。

 

 

 丁寧に付けてくださっている見出しを見ていくと読んだ内容がよく整理される。(ハイフォン部分は山下追加)

 

 聞かない損失・聞く利益
 言葉の2つの働き-事柄を伝えると人柄を伝える-
 何をどう聞くのか-内容と気持ち-
 事柄のみにとらわれるな

 

 「聞く」ことは当然援助になる。話している人には大きな支えになる。「聞いてもらうこと」の利益だ。同時にそれは「聞く」側にも大きな利益と人間的な充実をもたらす。情報が増えるし、心の充実にもなる。双方に利益をもたらすのだ。まさに育ち合う関係だ。そのことを日常生活場面を振り返って味わうことになった。同時にそこにあまり意識を向けていないなということにも気づくことになった。

 

 さらに聞く時に話されている「事柄」と「気持ち」に意識を向けて聞くことが大事だ。純粋に事柄だけを伝えていることもあるし、事柄を通して気持ちを表現していることもある。逆に気持ちを表現しながら事柄や状況を伝えようとしていることもある。ここに意識をして聞くことが大事だし、意味あることにもなる。

 

 とてもよい振り返りなった。ゆったりとした気持ちになれたこともよかった。

 

 次回は12月12日(火)午後7時半~9時半。場所は当センター。ここも参照してください。

« D-pcaカウンセリング-両者が絡み合う静かな世界- | トップページ | 黄葉、紅葉の季節 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« D-pcaカウンセリング-両者が絡み合う静かな世界- | トップページ | 黄葉、紅葉の季節 »