2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 季節は廻る-梅花- | トップページ | 来談者中心カウンセリングの醍醐味 »

2024年2月29日 (木)

すっかり変わってしまったFacebook

 Facebook(Meta)を使い出したのは確か2011年頃。ずいぶん長く使っている。アメリカの友人から紹介されて始めた。ちょうどその時モスクワでのPCA Forumがあり、終わってからその時出会った友人達とのヤリトリでますますその面白さとすごさを実感した。実際に出会った人達とのヤリトリが中心でその後の親交を深めるのに役に立った。日常生活のヤリトリがおもしろかった。写真も簡単に投稿できるのでそれがまたおもしろかった。世界旅行をした気分になる。

 

 当初は新しい順に投稿が並んでいくというシンプルなものだった。自分の写真と簡単な自己紹介があった。その内にFacebook会社が凝り始めて自分のタイムラインにカバー写真が投稿できるようになったりしてますます凝ったタイムラインが作れるようになった。ちょっとおもしろかったけれどそこまでしなくてもなと煩わしい気持ちが揺らめいた。次は今接続している人が横に一覧で出るようになった。これはちょっと煩わしかった。こんなふうでFacebookがいろいろしかけてこの場を作るようになってきた。


 それが続いて次に始まったのが「おすすめ順」に投稿が並ぶようになった。もちろんFacebookがおすすめするのである。それも人がすすめるのではなくアクセス数などいくつかのプログラムが作られていてコンピューターがその順番を決めるというものだ。これはいよいよ不愉快だった。余計なお世話が煩わしかった。


 最初の内は「おすすめ順」か「投稿時系列順」かを選べるようになっていた。投稿順がデフォルトだったかと思う。これならまだ許容範囲内だった。


 そうしていよいよコロナ事件が始まった。反対意見を書くと「注意」がFacebookから出るようになった。そのアルゴリズムでいろいろキーワードが仕掛けてあるのだろう。 こうなるとPCの威力はすごい。技術者はその技術を誇っているかのようであった。


 こうなってくるといよいようんざりである。反対意見を書くとFact checkと称して札が付くようになった。そうしてロシア・ウクライナ問題が勃発する。これはもうその地域の問題ではなく世界的規模のものだ。そこにアメリカが執拗に噛んでいる。ロシア対アメリカ同盟国との戦いだ。情報がいよいよ一方的なものとなってきた。こちら日本はいわばアメリカの従属国(特に軍事的に)みたいなものだからますますアメリカ中心の情報で一杯になる。Facebookもいよいよそれに巻き込まれた。一連のFacebook不肖事件が起き上がり叩かれるようになった。そんな中でいよいよFacebookもそれに加担していくことになる。


 それに疑義を称える情報をリンクするとFact checkが付くようになった。まさに「札付き」という奴である。そうして例のアルゴリズムの技術を利用してそれに反する記事の順番がどんどん下がるようになってきた。逆にそれに賛成する投稿は上に上がる。こんなことが本当に当たり前になってきている。今はそれプラス地球温暖化論だ。温暖化センターみたいなものがあってそれがタグとして出るようになっている。


 そんな形でFacebook (Meta) はますます情報が偏っていく。ロシアの友人達の投稿がめっきり少なくなり離れていく人もある。


 次はヨーロッパ連合議会の選挙に関する情報戦略が計画されているという。これはアメリカ民主党、つまりバイデンの要請である。(X・Twitterの記事を目にした)


 今現在とても煩わしいのは広告である。ますます広告記事が増えている。それも単なる商品の紹介というよりも活動だったりオピニオンページが次々と出てくる。友人の投稿が2つぐらい続く(1つの時もある)と広告が入る。また間をおいて広告が入る。そんな仕組みになっている。時系列ではないからアクセスする毎に記事が変わる。目が変わるのでついつい見ていく。そうするとますますその広告に接することになる。こうなるとそれはまるでサブリミナル現象である。


 また、こちらがアクセスしたページを追跡していてそれに関する広告が出てくるのも気持ちが悪い。さすがに一寸怖くなってくる。


 これは私だけではないのであろう。出てくる投稿もどこかのリンクであったりますます気のないものとなってきている。


 すごく長くなってしまった。Facebookには私なりに思い入れがあってそれによって世界中のPCAに興味がある人と交流が続いてきたのでいろんな思いが湧いて仕方がないのだ。うんざりしても消去するとその友を失う。まるで友達が人質に取られたかのようである。今や不愉快さや腹立ちを通り越して悲しくなっている私である。Facebookを信用した私が馬鹿だったとも思えてくるのである。


 長い期間考えたがあまりにも失望したのでともかくFacebookを一旦凍結することにした。メッセンジャーだけは使えるようにしてある。


 そのままにしてともかく見ないでおくという手もあるがこれをするとなりすましの問題が起きるときもある。厄介なものだ。またこれは抗議の意味もあると思っている。


 やれやれ。

« 季節は廻る-梅花- | トップページ | 来談者中心カウンセリングの醍醐味 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 季節は廻る-梅花- | トップページ | 来談者中心カウンセリングの醍醐味 »