2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

音楽

2023年1月 2日 (月)

お正月はやっぱりこれ-春の海-

やっぱりこの曲いいですね。間と揺れる感じがいいです。この動画も素晴らしいです。

 

2022年12月31日 (土)

小野剛蔵サロンコンサート-癒やしの一時をあなたに-

 少し前のことになる。12月18日(土)は、小野剛蔵さんギターコンサート。場所は大阪八尾市。今回は40回目になるそうだ。そういえば、ほとんど欠かさず通っているな。私の楽しみのひとつになっている。

 

 今回はまさにテーマの通りゆっくりしたテンポの心暖まる曲ばかり。日本の歌曲が入っているのがうれしい。聴く方もそうだが演奏される方も体から滲み出てくる感じがする。演奏もゆっくりめの演奏でひとつひとつの響きと音色を大事にされる演奏だった。万華鏡のような音色の変化に夢の世界にいるようであった。円熟の境地におられることを思わせていただいた。

 

 高校時代からのご縁。思えばこれも不思議なご縁である。次回も楽しみ。

 

Ono3_20221231100501

2022年11月 1日 (火)

小原聖子トリオ ギターコンサート-豊かな音色の世界に包まれた一時-

 先日10月29日(土)はギターコンサートだった。いつもの大阪府八尾市。高校時代の先輩小野剛蔵さんのプロデュースで「小原聖子トリオ」の演奏会。小原聖子さんといえばほんとクラシック・ギター界のレジェンド。昔NHKでテレビ・ギター教室をしていたがその時の講師でよく憶えている。御尊父小原安正さんも講師をされていた。実際にテレビを見て学ばせてもらった。スペインに留学されセゴビア、イエペス、マーサの3大巨匠に直接習われている。今回はお弟子さん3人と共にこられて八尾での演奏会となった。小原さんの屈託のないお人柄が印象に残っている。演奏と演奏の間ではその場が和む。

 

続きを読む "小原聖子トリオ ギターコンサート-豊かな音色の世界に包まれた一時-" »

2022年9月17日 (土)

小野剛蔵サロンコンサート-クラシックギターライブ演奏-

 先日の日曜日(11日)、高校時代の先輩小野剛蔵さんのサロンコンサートに行く。大阪八尾市でギター・サロンを開催し定期的に演奏会を開いておられる。クラシック・ギターの生演奏にうっとりとした一時を過ごした。タッチが美しい。プレゼンスが違う。やはり生の音に勝るものはない。その後CDやYoutubeで聞いたらそれはまったく違う世界だと改めて思う。小野さん独特の暖かい音色はますます円熟。人柄そのものを表している。

 

 ギター・マンドリン合奏に明け暮れた高校当時を思い出すのもこれまたうれしい。再度弾いてみようと思って鳴らすのだが・・・。指はもう思うようには動かない。しばし忍耐が必要だな。数ヶ月に一回の楽しみだ。次は12月。

 

Dsc_1094

2020年11月19日 (木)

伝統邦楽の魅力-聞くほどに心が落ち着いていく-

 伝統邦楽っていいなと思うこの頃。年のせいかな。海外のことを知れば知るほどその良さも発見していく。間と音色、雰囲気がいい。聞くほどに心が落ち着いていくのがこれまた魅力。紅葉の写真と一緒にどうぞ。

 

Dscn5935 Dscn5934

 

続きを読む "伝統邦楽の魅力-聞くほどに心が落ち着いていく-" »

2020年6月 7日 (日)

ちょっと一息

エルガー「愛の挨拶」

2020年5月 5日 (火)

ラ・パロマ(鳩)

落ち着きます。

 

2020年1月20日 (月)

クラシックギター・コンサート

 昨日、日曜日は気分転換。レオナルド・ブラーボさんのギターコンサートに行った。場所は大阪八尾。私のふるさとである。高校時代の先輩、小野剛蔵さん。ギタリストになられた。ずっとサロン・コンサートを開催されているが、今回は彼がプロデュースしてブラーボさんを招待された。(ブラーボさんのサイト。レオナルド・ブラーボ)

 

 

続きを読む "クラシックギター・コンサート" »

2020年1月 6日 (月)

新春コンサート、そして仕事始め

 新春のコンサートに行きました。若い息吹を感じました。そして、いよいよ新年の仕事が始まった感じです。今やこうしなくてはならないはないので私が始まりを決める感じですが、やはり世間の動きに合わせて心が動いていく感じです。今年も楽しみです。


Photo_20200109111101

続きを読む "新春コンサート、そして仕事始め" »

2019年11月24日 (日)

ちょっと一服

ヴィヴァルデイ「四季」より冬第2楽章。