2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

仏教

2021年3月22日 (月)

「浄土真宗カウンセリング」-未来に向けた新しい援助のあり方-

 先週土曜日(3月20日)は、たつの市浄栄寺の常例法座に呼んでいただき、真宗カウンセリングについて話しをしてきた。とても光栄なことだった。

続きを読む "「浄土真宗カウンセリング」-未来に向けた新しい援助のあり方-" »

2021年3月 2日 (火)

第7回D-pcaの集いの案内-6月20日(日)午前10時~午後5時

 D-pcaの集いも回を重ねて7回目になります。次回は6月20日(日)午前10時からです。テーマは、「大悲を根底に人との関係の中で自分を取り戻す一時」です。お出会い・出遇いを楽しみにしています。→ホームページ  →Facebook

 

Ume

 

続きを読む "第7回D-pcaの集いの案内-6月20日(日)午前10時~午後5時" »

2021年2月27日 (土)

法座に取り囲まれていた一週間であった-感話と座談法座-

 書かないうちにあっという間に一週間が過ぎ去った。この間はカウンセリングを挟んで浄土真宗華光会法座の「世話人」、たつの市浄栄寺での感話と活動が続き、そのことで頭がいっぱいの日々であった。

続きを読む "法座に取り囲まれていた一週間であった-感話と座談法座-" »

2021年2月 1日 (月)

第6回D-pcaの集いを予定通り行います-2月14日(日)午前10時から午後5時-

 D-pcaの集いがいよいよ迫ってきました。予定通り行います。参加枠はまだありますので是非どうぞ。

 

Dscn5905_20210201142201

続きを読む "第6回D-pcaの集いを予定通り行います-2月14日(日)午前10時から午後5時-" »

2020年12月30日 (水)

おかげで今年も元気に過ごせました-1年の振り返りを兼ねて-

 今年も残りわずか。月並みだけれど1つの節目になるので改めて今年を振り返ってみたいと思う。

Dsc_0268

 

続きを読む "おかげで今年も元気に過ごせました-1年の振り返りを兼ねて-" »

2020年12月25日 (金)

12月の聖典講座-『御伝鈔』「六角夢想」。聖徳太子に思いをいたす-

 先日の日曜日(20日)は、浄土真宗華光会の聖典講座。『御伝鈔』(4) 上巻第三段「六角夢想(ろっかくむそう)」の講義。連続講座4回目である。このところずっと私の頭の中を去来していた。今言葉に出来てきた感じなので私の味わいを書こうと思う。

続きを読む "12月の聖典講座-『御伝鈔』「六角夢想」。聖徳太子に思いをいたす-" »

2020年11月 6日 (金)

第6回「D-pcaの集い-「人」と「自己」と「仏法」との出遇い-開催 2021年2月14日(日)

 「D-pcaの集い」がいよいよ6回目になります。来て下さる人たちがいて始めて継続出来ていきます。毎回充実した集いになっています。ほんとうれしいことです。ますます楽しみになっています。今回もお出会い・出遇いを楽しみにしています。詳しくは次のページをどうぞ。→ホームページ、 →Facebookページ

 

Dscn5905

 

続きを読む "第6回「D-pcaの集い-「人」と「自己」と「仏法」との出遇い-開催 2021年2月14日(日)" »

2020年10月31日 (土)

10月京都D-pca研究会その3-「信」と「疑」-

 そうしてその弥陀の本願力を「疑う心」、「疑心」がここで問題になってくる。この点について西光先生は明確に具体的に論究されていく。さらに抜粋を続けさせていただく。

続きを読む "10月京都D-pca研究会その3-「信」と「疑」-" »

2020年10月29日 (木)

10月京都D-pca研究会その2-「信」と「疑」-

 10月16日(金)に行った京都D-pca研究会。今回も西光義敞『入門真宗カウンセリング』札幌カウンセリング研究会の輪読を行う。十二章「真宗カウンセリング」。救いの構造。いよいよ最後の大詰めである。しばらく言葉にならずにいた。真宗の要中の要。一大問題だからだ。とても貴重な言葉が続いていくので抜粋させていただこうと思う。


続きを読む "10月京都D-pca研究会その2-「信」と「疑」-" »

2020年10月17日 (土)

10月京都D-pca研究会-西光義敞『入門 真宗カウンセリング』読了-

 昨日16日(金)は京都でのD-pca研究会。継続プランとなっていた西光義敞『入門 真宗カウンセリング』札幌カウンセリング研究会編の輪読を行う。今回でこの本を読み終わった。思えば長いプロジェクトだった。基底になっている真宗の要についてきわめて克明に書かれていた本だった。丁寧に言葉を尽くされている先生の姿が浮かぶ感じだった。今はちょっと簡単に言葉に出来ない感じで内容についてはまた日を改めて書きたい。感慨深いものがある。

 そして、今回をもって京都での研究会は終わり、今後は相生での活動に絞ることにしている。Zoomも視野に入っているがしばらく検討する時間をとりたい。

より以前の記事一覧