2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

ひとりごと

2020年4月 5日 (日)

コロナ事件に思うこと10-今後の道筋(2)、本来の生命力・治癒力を高めるとは-

 いよいよこの「思う」シリーズも最後になる。治癒力(もっといえば本来内在する生命力だ)を高める生活習慣についてだ。私は子どもの頃に急性腎炎を患い長期入院をしたことがある。中学校に4年在籍している。もともと体が弱かったのか子どもの頃によく病気をした。高熱にうなされたことしばしばだ。でも、確実に治ってきた。逆にそれには慣れている。20才を過ぎてからは元気になり、生活を続けてきたが、60代に入って前立腺がんが見つかるというこれまた大きなことがあった。高血圧もあった。幸いこれも切り抜けられたように思う。そんな中から自分が見つけてきた留意点というものがある。(1)との重複を承知の上で、それを紹介してみたいと思う。自分のためにも。

続きを読む "コロナ事件に思うこと10-今後の道筋(2)、本来の生命力・治癒力を高めるとは-" »

コロナ事件に思うこと9-今後の道筋(1)、仏智に照らされて-

 ここで今後どうあれば、どうすればという道筋だ。何はさておき私に向けた課題だ。先の親鸞聖人の言葉はさらに続く。「ただ念仏のみぞまことにておわします」。まさにそうなのだ。

続きを読む "コロナ事件に思うこと9-今後の道筋(1)、仏智に照らされて-" »

コロナ事件で思うこと8-人間の無明性-

 今回のことで私も大変驚き、動揺した部分もある。何かすべてが滑稽に見えてくるのだ。シリアスにいろんなことをしていくけれど、ほんと何かがおかしいのだ。やはり人間は滑稽だ、知恵があるかもしれないが智慧はない。そんな思いを強くしている。怖いのはウイルスではなく人間の反応だ。この思いがどこから出てくるのか、やはり、仏法(お念仏)に育てられた私を改めて思う。

続きを読む "コロナ事件で思うこと8-人間の無明性-" »

2020年4月 4日 (土)

コロナ事件で思うこと7-分析科学中心・資本主義社会という現代社会の行き詰まりここに極まれり-

 東京の感染者数が増えて行っていることが話題になっている。よく言われているように感染者(検査陽性反応者)の数はもっと多いのではないかと思う。きっとかなりの率になるではないかと思う。ということは逆にこうも考えられないか。この事件が発覚してからもう数ヶ月が経つ。もし、危険性の高いウイルスならバタバタと倒れていくはずだ。しかし、実際はそうではない。ということはやはり過剰に心配する必要のないウイルスなのだと。実際に感染研を中心とした専門家チームはそのように考えているようにも思える。

 さて、順番に書いてきた「思うこと」もいよいよ終わりに近づいてきている。総括に入っていこうと思う。

続きを読む "コロナ事件で思うこと7-分析科学中心・資本主義社会という現代社会の行き詰まりここに極まれり-" »

コロナ事件に思うこと6-検査システム・キット開発企業群の販売促進-

 そうして信仰ともいえる検査需要に関連して検査方法を作り出す企業が出てきている。ロシュ社、BGI社、そしてインテルをはじめとしたPC産業だ。中国企業はもとより日本企業も参画し始めている。そのシステムが出来上がってきたわけで急速にそれを提供していくことになる。

続きを読む "コロナ事件に思うこと6-検査システム・キット開発企業群の販売促進-" »

2020年4月 3日 (金)

コロナ事件に思うこと5-発達した分析科学の行き詰まり-

 今回こんな形でまとめて見たかったのはそもそも自分の実感、体感とマスコミで流されている情報、次々と打ち出される支離滅裂な対策とのギャップからだった。本当に何かがおかしいのだ。これには高度に発達した(と思っている)現代科学の問題点、行き詰まりも関係しているように思う。いや根本要因はここかもしれない。そうとも知らず私たちは盲信しているのだ。

続きを読む "コロナ事件に思うこと5-発達した分析科学の行き詰まり-" »

コロナ事件に思うこと4-欠けている生体の治癒力視点-

 昨日は赤穂御崎海岸を散歩。一週間ぶりの晴れの日だった。桜の花たちを見た。いつもの綺麗な海も見た。いい気持ちだった。家に帰ってからふと何かが閃いた。結構強い感覚なので自分でも驚いた。

 「なんやどうってことないやんか。コロナウイルスといっても別に沢山あるウイルスのひとつに過ぎないやんか。私たちはウイルスに囲まれて生活している。おおむね元気に過ごし、時には風邪やインフルエンザになったり、体調を悪くしたり。でも、養生したら確実によくなる。ただそれだけのことなんだ」と。

 大事なことは検査をしないことだ(笑、冗談です)。「コロナコロナと固執しすぎやで」。そう思ったのだ。深い確信なのでびっくりした。大事なことは私の体内感覚だ。感覚には肯定的なもの、否定的なものがある。これに従っていけばよいのだ。肯定的な時には喜び、しんどいときは休めばよい。そろそろ考え変えてもいいころな。笑。

91412025_10158448697917160_7631956524767

 

続きを読む "コロナ事件に思うこと4-欠けている生体の治癒力視点-" »

2020年4月 2日 (木)

コロナ事件で思うこと3-検査信仰-

 今回の騒ぎの核は「検査」にあるように思う。新型コロナウイルス(Covid-2)の検査方法はPCR検査法といわれる検査でおこなわれている。その後、ロシュ社(スイス)・BGI社(中国)を中心に短時間で発見できる検査システムが開発され、さらに検査キットとして簡易に検査できるようになった。他のメーカーも開発にいそしんでいるようである。

続きを読む "コロナ事件で思うこと3-検査信仰-" »

コロナ事件で思うこと2-マスコミ、こりゃかなわん-

 今回に始まったことではないけれど、一連の事件でほんとかなわないのはマスコミだ。今やマスコミは、テレビ、新聞だけではなくインターネット情報だ。かつてはブログなどマスに依らない情報が取れたけれど、今やインターネット空間は完全にマスコミ情報に席巻されてしまった。もうどれを取っても入ってくる情報は同じだ。

続きを読む "コロナ事件で思うこと2-マスコミ、こりゃかなわん-" »

2020年3月31日 (火)

コロナ事件で思うこと1-「自身の成長への力」、「自愛」-

 思えば一週間近く更新が滞っていた。この間、例のコロナ事件にまつわる自分の気持ちや情報を整理したり、考えをまとめたりしていた。私の実感や直観とマスコミで報道されている世界とにすごくギャップがあったからだ。私の実感は、みんな元気にしている、そんなに心配要らない、なのに発信される情報はほんと大仰で不安ばかりが高まるものだったからだ。これでは自分の直観まで見失ってしまいそうで混乱しはじめていたということがあった。久しぶりにKJ法をしっかりと使ってみた。ずいぶん整理された感じで、道筋が見えてきた気がしている。それに関するものをピックアップして載せます。

続きを読む "コロナ事件で思うこと1-「自身の成長への力」、「自愛」-" »

より以前の記事一覧